一般社団法人オフィスkiyoharu

山梨県北杜市を拠点に、「まちのコンサルティングファーム」として地域活性化に取り組む団体…

一般社団法人オフィスkiyoharu

山梨県北杜市を拠点に、「まちのコンサルティングファーム」として地域活性化に取り組む団体です。 https://www.office-kiyoharu.com/

マガジン

  • 未来育てるジョウロ基金

    オフィスkiyoharuが実施している「未来育てるジョウロ基金」助成金事業に関するノートです。 助成先のご紹介や、ジョウロ基金にかける想いなどをつづっていきます。

  • お米バンクプロジェクト

    お米を作る農家さんと、生活に困っている方の支援を同時に行うプロジェクトです。2022年から実証実験を行っています。

  • 家族で考える相続と生命保険

    「相続」について考えたことはありますか? 「うちにはそんな財産はないし…」「まだまだ先の話でしょ?」と思っていても、いざその時を迎えると、知識がなく慌ててしまったり、親族間でトラブルになることも少なくありません。 備えあれば憂いなし、私たちと一緒に考えてみましょう!

最近の記事

  • 固定された記事

オフィスkiyoharu、note始めます!

はじめまして! 私たちは、山梨県北杜市に拠点を置く、一般社団法人オフィスkiyoharuと申します。 私たちについて オフィスkiyoharuは、「まちのコンサルティングファーム」を理念に掲げ、 主に中小規模の事業者やNPO法人の経営、個人の家計改善に向けた啓発事業など、経営を通じた地域活性化を目的に活動しています。 https://office-kiyoharu.com 私たちが拠点とする山梨県北杜市は、首都圏からも近く、 近年は移住先としても全国有数の人気を誇るま

    • <お米バンクプロジェクトvol.5>おにぎりワークショップを行います!

      こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 去年の今頃はお米バンクプロジェクトについての記事をいくつか投稿していました。 お米バンクプロジェクトとは?詳しくはこちら(オフィスkiyoharu HP) 今年に入ってからは何も情報発信ができていなかったのですが、 実証実験の期間は2年間。今年も農業法人こぴっとさんが、お米バンクプロジェクトで購入した田植え機を使って、おいしいお米を育てています! そして、今年は納品予定のお米を使って、こんなイベントを企画しました!

      • <未来育てるジョウロ基金>第2回募集での助成先をご紹介します!vol.2

        こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。   前回のnoteでは、私たちの事業の一つである「オフィスkiyoharu未来育てるジョウロ基金」の公募助成金の助成先紹介を行いました。 今回も、引き続き助成先のご紹介をしたいと思います。   ジョウロ基金について、詳しくはこちら 前回のnoteはこちら   助成先その3:一般社団法人星つむぎの村3件目にご紹介するのは、北杜市大泉町に拠点を置く「一般社団法人星つむぎの村」。 「星を介して人と人をつなぎ、ともに幸せを作ろ

        • <未来育てるジョウロ基金>第2回募集での助成先をご紹介します!vol.1

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 今回のnoteでは、私たちが行っている助成金事業のその後についてご報告したいと思います。 未来育てるジョウロ基金とは? 私たちの事業の一つに、「オフィスkiyoharu未来育てるジョウロ基金」という助成金事業があります。 主に北杜市内で地域活性化のために活動する法人や任意団体、個人事業主に活動資金を助成する事業です。   昨年秋に、「未来育てるジョウロ基金について語るnote」という記事を掲載し、私たちがこの助成金にか

        • 固定された記事

        オフィスkiyoharu、note始めます!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 未来育てるジョウロ基金
          一般社団法人オフィスkiyoharu
        • お米バンクプロジェクト
          一般社団法人オフィスkiyoharu
        • 家族で考える相続と生命保険
          一般社団法人オフィスkiyoharu

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          複業は地域を救うことができるのか?奥会津かねやま福業協同組合の視察に行ってきました!

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。   突然ですが、私たちが山梨の地方都市・北杜市で日々暮らし、 仕事をしている中でひしひしと感じている地域の課題のひとつに 「労働力不足」があります。   北杜市は幸いなことに移住者が増えており、他の地域に比べて少子高齢化のスピードは遅いはず。 それなのに人手が足りない原因は、農業や観光業が盛んで、冬季の寒さが厳しいことから、夏季に仕事が集中すること。 一方で、冬季には林業や除雪作業等の季節性の仕事も発生し、その双方で人手

          複業は地域を救うことができるのか?奥会津かねやま福業協同組合の視察に行ってきました!

          <年始特別企画!相続について語るnote vol.3>ケーススタディ!相続と生命保険

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 「相続」について考える年始特別企画。最終回である第3回はこれまでの内容を具体的な例に落とし込んで考えてみたいと思います。 ※この記事は、山梨県北杜市・韮崎市で配布されているフリーペーパー「なないろ」の連載記事を元に、より詳しく解説したものです。 なないろの紙面ではスペースの都合上解説ができなかった内容もじっくりご紹介していきます! 第1回記事はこちら 第2回記事はこちら 前提条件 <質問者> これから遺言書を作

          <年始特別企画!相続について語るnote vol.3>ケーススタディ!相続と生命保険

          <年始特別企画!相続について語るnote vol.2>相続と生命保険

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 「相続」について考える年始特別企画、第2回は「相続」や「相続税」との関わりが深い「生命保険」についてです。 知っているようで良く知らない相続のこと、正しく学んで「もしも」の時に備えておきましょう! ※この記事は、山梨県北杜市・韮崎市で配布されているフリーペーパー「なないろ」の連載記事を元に、より詳しく解説したものです。 第1回記事はこちら Q1.相続税とは何ですか? 相続税は、亡くなった親などから、お金や土地など

          <年始特別企画!相続について語るnote vol.2>相続と生命保険

          <年始特別企画!相続について語るnote vol.1>相続とは?/遺留分と自由分

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 2022年はお米バンクプロジェクトの社会実験を始めたり、初めての助成金事業に取り組んだり、私たちにとって実りの多い一年となりました。 2023年も「まちのコンサルティングファーム」として、地域が元気になるための活動を行っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします! さて、年始第1回目の投稿は、私たちの事業の一つである「地域の方の金融リテラシー向上」に向けた、この時期気になる「相続」について語ってみようと

          <年始特別企画!相続について語るnote vol.1>相続とは?/遺留分と自由分

          <お米バンクプロジェクトVol.4>新米の寄付を行いました!

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 気が付けば11月も半ば。北杜市は紅葉のシーズンが終わりに近づき、八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳が冠雪する日も出てきました。 寒いですが、きんと冷えた空気の中で見る山の景色もまたいいものです。 さて、お米バンクプロジェクトは前回記事に書いたいくつかの課題もなんとかクリアし、いよいよプロジェクトのゴールの一つである新米の寄付を行いました! 今回のnoteでは、寄付先であるフードバンク山梨さんへの納品の様子、 そして新米の配布の様子に

          <お米バンクプロジェクトVol.4>新米の寄付を行いました!

          <お米バンクプロジェクトVol.3>いよいよ収穫の秋!&寄付を目前に見えてきた、いろいろな課題について

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 北杜市は朝晩の気温がぐっと下がり、コスモスが咲き、ススキが揺れ… そして何より、田んぼが黄金色に輝く、収穫の秋がやってきました! 稲刈りを始めている田んぼも多く、稲小積みに秋の空、とてもいい風景です。 お米バンクプロジェクトで育てているお米も、いよいよ収穫の時期を迎えています。 今回は、いよいよ収穫から寄付に向けての準備のこと、そしてその中で見えてきた課題についてお話したいと思います。 お米バンクプロジェクトについ

          <お米バンクプロジェクトVol.3>いよいよ収穫の秋!&寄付を目前に見えてきた、いろいろな課題について

          オフィスkiyoharu 未来育てるジョウロ基金について語るnote

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 この度、私たちは「オフィスkiyoharu未来育てるジョウロ基金」という公募助成金事業を始めました。 助成金とは、融資とは違い、返済の必要のない資金のこと。 少し変わった名前だな、と思われる方もいるかもしれませんが、 地域のためになる活動の芽を育て、未来に繋がっていくための水を注ぐジョウロのような存在になれたら…という願いを込めました。 実は、2022年7月に第1回募集を行ったのですが、 まだ私たちの実績や知名度、

          オフィスkiyoharu 未来育てるジョウロ基金について語るnote

          <お米バンクプロジェクトvol.2>購入した田植え機はこちら!&リスク対策について

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 前回のnoteでは、農業と生活困窮者支援の課題を同時に解決していくことを目指す「お米バンクプロジェクト」の構想のきっかけについてお話しました。 お米バンクプロジェクトについて、詳しくはこちら↓ 研究事業-お米バンクプロジェクトについて- 今回は、プロジェクトの内容をより詳しくお伝えしていきたいと思います! (取材協力:農業法人株式会社こぴっと 三井社長) 農業用機器の購入今回購入したのは、中古の田植え機。 クボタの

          <お米バンクプロジェクトvol.2>購入した田植え機はこちら!&リスク対策について

          <お米バンクプロジェクトvol.1>プロジェクトスタートのきっかけは?農業法人こぴっとさんにインタビュー!

          こんにちは!一般社団法人オフィスkiyoharuです。 2022年度、実証実験をスタートした「お米バンクプロジェクト」。 このnoteでは、構想に至った経緯や、プロジェクトで購入した機械を使ったお米作りの様子などを、随時発信していきます! お米バンクプロジェクトについて、詳しくはこちら↓ 研究事業-お米バンクプロジェクトについて- 第1回の今回は、オフィスkiyoharuと共にプロジェクトの構想をしてくださった、山梨県北杜市の農業法人株式会社こぴっとさんのインタビューを

          <お米バンクプロジェクトvol.1>プロジェクトスタートのきっかけは?農業法人こぴっとさんにインタビュー!