中川 真由美 / Office America

USCPAサポートプログラムを提供するオフィスアメリカを運営/米国大学で会計学のBS、英語学でMA取得→CA州政府勤務/関西外国語大学の准教授として米国財務会計、監査、財務分析など講義/大原学園USCPA講座の顧問アドバイザー http://applycpa.com/

中川 真由美 / Office America

USCPAサポートプログラムを提供するオフィスアメリカを運営/米国大学で会計学のBS、英語学でMA取得→CA州政府勤務/関西外国語大学の准教授として米国財務会計、監査、財務分析など講義/大原学園USCPA講座の顧問アドバイザー http://applycpa.com/

    最近の記事

    今の時代、USCPAの市場ニーズはあるのか

    USCPAの資格を取得には、それなりの労力や時間などの投資が必要になってくる。(金銭的なものもあるが)それなりに投資したのに、失敗するのは みんな避けたいと思うのが普通。そんな考えから、どうしてもチャレンジ することを躊躇ってしまうことも。 例えば、チャレンジを求められるスタートアップや事業開発で失敗する 圧倒的一番の理由は”ニーズ不足”だと言われています。シンプルに市場から求められていなかった...これを回避することで、成功確率は格段に上がると言われています。 では、U

      • USCPAに関してよくある質問 vol2

        前回に続き、USCPAに関してよくある質問に関しての回答を3つまとめてみました。 1. 費用はどれくらい?受験にかかる金額ですが、全米統一試験ですが、受験州によって手続き料に多少の違いがあります。手続き料+1科目の受験料(4科目分)+日本受験料(4科目分)で約30万円。手続きに必要な学歴審査に数万円。全科目1回で 合格すると35万〜40万円。 これに学校へ行くことから、学校の費用。(学校によっては、受験条件を満たすための単位をそろえる為に別料金がかかるところもあります。十

        • USCPAに関してよくある質問

          USCPAに挑戦して今の自分をアップグレードしてみたいけれど。。。踏み込めない理由は様々です。例えば、仕事との両立、諦めずに頑張れるかな?費用、期間などよくある質問に関して回答をまとめてみました。 1. 仕事と両立できるのか?(仕事はやめられない。) 日本で受験をしている方の9割近くが仕事をしながら挑戦しています。 週末や夜など工夫をして勉強すれば受験・合格できる試験です。日本の 会計士のように仕事を辞めて挑戦する必要はありません。むしろ、試験に 対応できるだけの英語力をつ

          • USCPAのちょっと雑学編

            ネットの古い情報に要注意 USCPA受験を考えると、皆さんがすることはまず、情報探し。 年々便利になり、NASBA等の試験期間も殆どがWeb上にあります。 様々な情報をネットで集めることができますが、要注意は古い情報です。 ご質問いただく内容で「ネットで見たのですが。。。」というのが、 時々あります。どうしてそのような質問が来るのか?色々と考えてみると、確かに何年か前にそういうこともあったな。。。と。 古い情報に惑わされないように!! 学校の言葉に注目 USCPA講座を

            After/Withコロナでも、USCPAは取得する価値があるのかを検証

            2020年3月頃から全世界でコロナが流行し、人々の生活は一変してしまい ました。そうした時に、USCPAを時間/労力をかけてまで取得する価値が ある資格なのか?とふと思ったので、色々な角度から検証して見ました。 世界中で職を失った方々も多く、アメリカでは失業率はリーマンショックの時よりも高くなっているといわれています。日本と同様で、旅行・観光業、航空機業界、飲食など接客業等を中心のようです。 製造業のように、人々の購買力が下がってくると、売れない・製造数が 下がる・製造で

            USCPA取得で本当にアメリカ就職するまでのロードマップを整理してみた

            USCPAを取得を考える人の中には、”将来、アメリカで働きたい!”と 思っている人もいるかと思います。よくUSCPAを取得して夢の海外就職! と簡単に書いているモノを見かけますが、実際本当に海外就職できるのか? 現在のコロナの状況で米国のビザ発給など色々と厳しくなり、早く元に 戻ってほしいところですが、戻るのではなく、新しい時代が来ると いわれています。会計の知識が不要となる時代は無く、益々必要となること を考えると、いまだからこそ、CPAの試験に挑戦・合格をして用意をして

            30才からでもできるUSCPAキャリアチェンジ

            卒業後、順調に就職をしたものの気が付くと30才を迎え、 これで良いのかな?と考える方は少なくないと思います。 そう思い悩む理由は、「こんなはずでは無かった!」、「もっと色々と 挑戦したいから」、「今の会社では限界がある?」などなど。 しかし、30才からではもう遅いのではないか?と考える人もいるかと 思いますが、私は全く遅くないと思います!特にUSCPAでのキャリア チェンジに関しては絶対に遅くないです! その理由として、3つあると思っています。 1. USCPAに年齢は