かのん | Canon越しの世界

言葉の企画2020。社会人1年目。 好きな言葉は "出会いは世界を広げ、別れは世界を深くする"。 バックパックと写真が好きです。映画とおしるこも、大好きです。 自分の目とカメラを通して、日常や非日常をゆるく発信します。 上に広がっているのは、マサイ族が住むタンザニアの名もなき村。
固定された記事

緊急企画!休校になった小学生に開催したオンライン授業が、素敵すぎた

「かのんちゃん!明日のお昼空いてる?小学生に向けて、オンラインでインドのこと話してほしく!」 明日。急だなぁ(笑)! 小学生。なんでだろう? オンライン。あ、コロナ…

「生きる。」 とは

生まれる。 それは、世の中に一歩踏み出した瞬間だ。 羊水に包まれていた小さないのちは、 産声をあげ、呼吸をしはじめる。 人は不思議なもので、教えられなくても、 ひ…

誘拐と、やさしさと、ハンバーガー

涙には、いろんな温度がある。味がある。滲んだ視界のその先に、見えていた景色がある。 でも、それは刹那的で、なまものだから、その時に言葉にでもしておかないと、意外…

私の名前は、すきまだらけだった。 - 漢字の名前がほしかった15年前の自分へ

「私も、漢字の名前がほしかった」 15年前の記憶が、鮮やかに蘇った。 小学3年生だった私は、「自分の名前の由来を調べてみよう」というお題が出された授業で、自分の名…

だせぇよ、自分。 やっと、書けました。

noteに向き合うのが、久しぶりになってしまった。 最後まで書かなきゃいけないのに、書けなかった。書かなかった。 言い訳は、できない。したくない。しちゃいけない。 …

死ぬ、とは

「死ぬ」ってどういうことなんだろう。 小さな子どもに「死ぬ」ってどういうこと? と聞かれたら、あなたはなんて答えますか? 今から書くトピックはちょっと重くなってし…