海凪 悠晴

ペンネーム:海凪 悠晴(みなぎ・ゆうせい) 1981年(昭和五十六年)石川県生まれ。富山県出身。旧ペンネーム・杜埜 不月(もりの・ふづき)。趣味として物書きを楽しんでいます。 Web:https://www.nekoogle.com/
    • 連載「十九の夏」

      北陸新幹線の開業前、2001年頃の夏の富山を舞台にした青春小説「十九の夏」です。東京の「大江戸理科大学」への進学のために故郷の富山を離れ、上京した主人公「折原夏樹」(おりはら・なつき)が、大学最初の夏休みに地元の富山に帰省するところから始まる物語です。地元での幼馴染の女の子との再会、そして……。十八、九の年頃の初(うぶ)な男女同士ふたりの日々が描かれています。

我が青春の味

 たまには、ちょっとブログテイストな記事も投稿しますね。  今日(10月23日)は二十四節気の「霜降」だそうです。そろそろ霜が降りてはじめてもおかしくないくらいに寒…

1年前

【短編】ぼくの小さなはつ恋

 ぼくの初恋は小学校二年生のときだった。  相手は担任の先生だ。おそらくまだ大学を出たばかりの、二十代半ばくらいの若い女の先生だった。  だけど、小学二年のぼくら…

1年前

八月三十一日の夜に。

秀樹「よっしゃー、今日のゼミ終わった!」 悠也「しっかし、腹減ったよなー」 智洋「じゃあ、いつものドコス行こうぜ」 秀樹「ドコス! 賛成! ユウヤは?」 悠也「うん…

1年前

8月の最終週の「ちびまる子ちゃん」では毎年のように徹夜でまる子の宿題に追われるさくら一家の様子が放送されていたなぁ。自分はというと、夏休みの宿題、毎年全部仕上げられていたかは覚えてない。少なくとも高校生ぐらいになったらもうガン無視してたな。「自称進学校」ゆえに量が半端なかったし。

1年前

連載「十九の夏」【おまけ】

夏樹「さん!」 陽菜子「にー!」 夏樹「いち!」 夏&陽「あけましておめでとう!!」 ――陽菜子と夏樹、ふたりは揃って声をあげた。新しい年の始まりとともに。 陽菜子…

1年前

連載「十九の夏」<最終回>【第十五回:再びはじまるふたりの物語】

 二人がそんな会話をしているところに、夏樹に話しかけてくる男子学生が。 「おーい、折原! お前、なんだよー、女の子と仲良くしてるじゃねえか」  その男は夏樹と同じ…

1年前