見出し画像

「むかしはよかった」なんてことは1つもない。

この記事を読んで共感したので、時にはむかしの話を。

就職超氷河期をくぐり抜けて

僕が社会人1年目の頃は「就職超氷河期」と言われていました。僕が在籍していた建築学科は「就職率90%以上」というのが強みで、就職したくない人以外は、たいてい就職できると言われていました。

ところが、当時は景気が悪く、理系の学生でも内定が出ない。ゼネコンもデベロッパーも新卒採用枠を絞り、説明会に行っても、面接に行っても、全く内定がもらえない。設計事務所はそもそも募集すらしていない。そんな状況でした。

同級生の中には、見切りをつけて大学院に進んだり、現場監督のような仕事に就いたり、家業をついだり、建築とは別の業界に就職した人もいました。僕は建築業界に就職するつもりはなかったのですが、大学生活にうんざりしていたので、就職はしたいと思っていました。ところが、就職できるような仕事がなかなかみつからず、焦っていました。

そんなときに、商社系の派遣会社が「紹介予定派遣」というサービスを始めていることを知ります。最初は派遣社員として入社した後、1年後に正社員として雇用されることを前提にした制度でした。僕が興味をもった会社はエンジニアとしての雇用を前提としており、エンジニアとしてキャリアを積んでいけば、職に困ることはないのではないか。そう考えて、僕はこの制度に応募し、無事内定をもらいました。

ただ、制度には合格したけど、派遣される会社が決まらない。なかなか決まらないなか、大手商社の子会社を紹介されます。実はこの商社の意向としては、1名しか採用する予定がなかったのですが、なぜか僕は当時の社長に気に入られ、エンジニアとしての知識に長けていた同期と共に内定をもらいます。他に内定もなかったので、僕はこの会社に紹介予定派遣として入社することにしました。

入社後5日で社会を知る

この続きをみるには

この続き: 1,364文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で連載している人気のコラムをマガジンにまとめ、読みやすくしました。2,000円ですべてのコラムをバックナンバー含めて読むことができます。

アスリートとスポーツの価値について、自分なりに書いてきたコラムをまとめました。

または、記事単体で購入する

「むかしはよかった」なんてことは1つもない。

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
52
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー

こちらでもピックアップされています

自分という会社の経営者は自分。
自分という会社の経営者は自分。
  • 67本
  • ¥2,000

アスリートとスポーツの価値について、自分なりに書いてきたコラムをまとめました。