No.13 合計66日におよんだ留置場生活の最後22日
背景_ノート13

No.13 合計66日におよんだ留置場生活の最後22日

6日間の鑑別所生活が終わり、またもや再逮捕。

最初に逮捕されてからこの2ヶ月間で、差し入れやら何やらで荷物がかなり増えてた俺は、鑑別所から留置場に移送されるだけでも結構な大仕事だった。

入所したことのある人ならわかると思うけれど、鑑別所に入るときや出るとき、留置場に入るときや出るときの身体・荷物チェックは、意外と時間がかかる。

自分の所有物は用紙に1つ1つ書き記していて(本なら本のタイトル、衣服なら衣服の名称や特徴など)、それを全てチェックしていくことになる。

そして、それに間違いないことを俺が確認すると、各欄に指印という指での拇印を押して行かなければならない。

鑑別所の職員は、この2度目の再逮捕で留置場に移送される際、荷物のチェックをする時に怒っていたように感じた。普段は優しいのに。物の扱いが凄く雑で、とにかく忙しいんですアピールも凄かった。

その結果、本を次々に爆速でチェックしていく過程で、本の表紙をビリビリに破られたりもした。

この続きをみるには

この続き: 2,060文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
1記事ずつ個別に購入いただくよりかなり安く(半額くらいに)なるマガジンです。また、少年院や現在の私に関するご質問などの受付も可能です。

警察に逮捕されて留置場→鑑別所→少年院と社会から隔離されて過ごした施設生活を綴ったドキュメンタリー。2度の再逮捕で合計66日間の留置場、約…

または、記事単体で購入する

No.13 合計66日におよんだ留置場生活の最後22日

少年院.com

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
警察に逮捕されて留置場および鑑別所へ入所した後、少年院へ送致され計1年4ヶ月にわたり社会から隔離された生活について書き綴りたいと思います。実話に基づいたリアルなドキュメンタリー。