背景_ノート26

No.26 初めての集団寮…まるで軍隊や!

集団寮での初めての朝

「はい机の上、片づけてー」

ガサガサガサ

(みんなノートなどを片付け、姿勢を正して目をつむる)

「起立」

パイプ椅子のガチャガチャ音が一斉に鳴り響き、凄いスピードでみんな立つ。

俺も遅れて立つ。動作が1人遅れているため、シーンとなった後にパイプ椅子をしまうガチャガチャ音が目立つ…。

「番号!」

「チー!ニ!サン!シ!ゴ!ロク!シチ!ハチ!…キュウ!」

「藤原。キュウじゃなくて”ク”な。分かったか?」

なるほど…少年院の点呼では9をキュウではなくクと言うらしい。早速指摘を受けてしまった。

この続きをみるには

この続き: 2,790文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
1記事ずつ個別に購入いただくよりかなり安く(半額くらいに)なるマガジンです。また、少年院や現在の私に関するご質問などの受付も可能です。

警察に逮捕されて留置場→鑑別所→少年院と社会から隔離されて過ごした施設生活を綴ったドキュメンタリー。2度の再逮捕で合計66日間の留置場...

または、記事単体で購入する

No.26 初めての集団寮…まるで軍隊や!

少年院.com

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
警察に逮捕されて留置場および鑑別所へ入所した後、少年院へ送致され計1年4ヶ月にわたり社会から隔離された生活について書き綴りたいと思います。実話に基づいたリアルなドキュメンタリー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。