背景_ノート23

No.23 吉本伊信の内観法と医者の医務診察(入院3日目)

吉本伊信先生の内観法

また朝の一連の日課を終え朝食を食べた後、今日の日課の説明から1日が始まる。

初めて見る教官。

倉友先生というらしい。

「はい、今日は3日目です。生活のしおりに書いてあったと思うが、午前中は内観です。初日はお母さんで、小学校低学年~高学年。お母さんのことをしっかり考えるんだぞ。ガハハハハ。午後からは作文な。」

「はい」

倉友先生はカセットプレイヤーとイヤホンを出してきた。

「まずこのカセットテープを聞いて、時間が余ると思うので午後までは内観。テープは吉本伊信先生という内観を考えた先生が訳のわからんことを喋ってる内容の音声が録音されてるから、それを聞いて下さい。ちなみに午前中の間は巻き戻して聞き直してもいいからな。内観中は壁に向かって目つむって集中してやれよ。何か質問は?」

「大丈夫です」

「ガハハハ。君は優等生じゃのぅ。じゃあ頑張れの」

続きをみるには

残り 2,949字
この記事のみ ¥ 400

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?