コミック版♡なぎさなおこの     『青森おうちゴハン』 その3
見出し画像

コミック版♡なぎさなおこの     『青森おうちゴハン』 その3

漫画を読んで作ってみると簡単!

サビニャくんと青森のおいしい食材を使って手軽なおうちごはんを紹介していきます。
かなぶーさんのかわいい漫画とともに不定期で更新しますので、
いつものレシピ投稿と共にお楽しみくださいね!


第3回目は・・・
~青森のおいしいりんごでおもてなしクランブル~
青森といえば、やっぱりりんご。
アップルパイより簡単で手軽に作れるのが嬉しい熱々のデザートを作ります。

サクサクで口溶けのいいクランブルと、
とろとろのりんごを一緒に口に運べば、みんな幸せになること間違いなし!

画像2

画像1

レシピの詳細はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
りんごのサクサクおもてなしクランブル☆
年中りんごが食べられるりんご王国青森。
ちょっとお客様が来た時のおもてなしにもピッタリなクランブルはイギリスの「おかあさんの味」として親しまれているスイーツ。
難しそうですが、実は簡単で失敗なしで作れるのでおすすめです。


●材料●
(アップルフィリング)
・リンゴ…2個
・カシス…70グラム
・てんさい糖…70グラム (普通のお砂糖でもできますが、てんさい糖を使うと自然な甘さでさらに美味しいですよ。)

(クランブル生地)
・薄力粉…150グラム
・バター…100グラム(2センチ角に切って冷蔵庫で冷やしておく)
・てんさい糖…60グラム
・アーモンドプードル…30グラム

●作り方●
⑴ 切る
りんごは4つ割にして、種を取ったら皮ごと1センチ幅のいちょう切りに
カットします。

⑵ 煮る
鍋に、りんごとカシス、てんさい糖を入れて30分くらい置いてから火にかけて煮詰めます。(砂糖をいれると、浸透圧で果物から水分が出て来ます)

⑶ すりまぜる
バターは2センチ角に切って冷蔵庫で30分くらいひやしておきます。
ボウルにバター、薄力粉、アーモンドプードル、砂糖を入れて
指でバターをつぶしながら、全体がそぼろ状になるまですりまぜます。

⑷ 焼く
耐熱皿に⑵を入れて、クランブルをのせて190度に温めておいた
オーブンで20~30分美味しそうな焦げ目がつくまで焼きます。

【レシピのワンポイント】
アップルフィリングとクランブル生地は冷凍保存も可能です。
チャック付きの密閉袋などに入れて1ヶ月、
冷蔵庫で4、5日保存が可能です。小さな容器に小分けに作る事も出来るので、食べたい時に食べたい分だけ作り立てを食べられます。



○りんごのおはなし○
リンゴの皮には強い抗酸化作用で血流を改善させてくれるポリフェノールが含まれているので皮を捨てるのはもったいないんです! 
また、皮と身の間に多く含まれるペクチンは、コレステロール値を低下させたりデトックス効果も期待できますよ!
そのまま食べる時も、しっかり洗ったら四つ割りではなく横にスライスして輪切りにすると皮も、種の周りまでたっぷりとリンゴの美味しさも栄養も食べる事ができますよ!

この記事が参加している募集

至福のスイーツ

私のコーヒー時間

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
旅する料理家♡人生のレシピを作る!なぎさ なおこ
青森県八戸市在住。世界を旅する食育料理家。病気、怪我の予防の身体を食で育むがコンセプトの「なぎさカフェ」オーナーシェフ。2015年料理本グルマン世界料理本大賞のウーマンシェフ部門で世界2位受賞。全国各地の店舗プロデュースやコンサルティングをしながら全国食べ歩きが趣味。2児のママ