見出し画像

Uターン転職を実現した、福岡&京都拠点の2人にインタビューしてきたよ!

マネーフォワードには、福岡、京都、大阪と東京以外にも国内に開発拠点が複数あります。2021年11月まで実施予定のエンジニア・デザイナーの方向けの福岡・京都・大阪への「UIターン費用サポートキャンペーン」を始めたところ、なんと2名のUターン希望の方がマネーフォワードに入社を決めてくれました。
本日は京都拠点、福岡拠点にUターン転職してきたエンジニアメンバーに、当時のお話や転職時の思いをインタビューしてきました。

登場人物
・平山いずみ:3月にサーバーサイドエンジニアとしてジョイン。趣味は飲食店の食べ歩きで、天神の飲食店制覇するのが今後の目標。
・駒井大喜:関西開発部に12月に入社したQAエンジニア。週末は料理をしている。自炊から「うまいものを自分でつくりたい」気持ちが芽生え、最近は煮物や角煮づくりが好き。
・田鍋:インタビュアー。

田鍋:こんにちは!本日はマネーフォワード福岡拠点と京都拠点にジョインした平山さんと駒井さんにお話を聞きたいと思います!まず最初に自己紹介お願いします。

平山:私は佐賀県出身で、東京には10年ほどいました。もともといつかは地元に帰りたいと思っていたところ、福岡拠点長の黒田さんのお声がけで転職を決意しました。現在は実家近くで一人暮らししながら、リモートワークをしてます。週1回ほど福岡拠点に出社しています。福岡のうどんが好きで、今日はローカル番組うどんMAPのグッズを着てきました!

駒井:関東でQAエンジニアとして勤務していたのですが、今回Uターン転職で滋賀県の実家に戻りました。私もいつかは実家に帰りたい気持ちがあり、転職活動の中で関西企業も検討していました。実家からオフィスまではdoor to doorで50分くらいです。関東の満員電車に比べると楽な通勤スタイルなので、通勤のストレスなく働いてます。

田鍋:社内でもUターン、Iターンで福岡や京都に異動しているメンバーもいるので、「更にUターン組が増えたね!もっと拠点を盛り上げたいね!」と各拠点長も喜んでました。今日はよろしくお願いいたします!

-Uターンしたきっかけを教えてください。例えば新型コロナウイルスの影響はあったのでしょうか?

平山:前職での働き方が在宅勤務前提になり、東京で暮らし続けることののメリットがあまりなくなったと感じていました。更に新型コロナウイルスの影響で両親と気軽に会えないし、会いたい気持ちも沸々と高まりました。夏休みなどでは帰省もしていたのですが、すぐに会える距離にいたいと感じ、福岡に帰ろうかなと思いましたね。ちなみに今回は自主隔離とPCR検査をして帰省しました。

駒井:自分も新型コロナウイルスの影響はありましたね。実家に帰るのはあと5年くらい後でもいいかなと思ってましたが、この状況下で実家に帰ることが思っていた以上に難しくて。今後の生活様式も変わるだろうし、何かあった時に両親が頼れるのは自分だなと思い、両親の近くにいたいなと考えました。

画像4

2020年11月に移転した福岡オフィスの風景。ソーシャルディスタンスを保っています。

-オンラインで面接を進めて不安なこともあったと思います。当時の転職軸や入社の決め手について教えてください。

平山:もちろん他社の選考も受けていました。基本的には福岡で検討していて、東京の会社も何社か視野には入れました。東京のフルリモートワークも選択肢としてはありましたが、最終的には福岡拠点があるマネーフォワードを選びました。メンバーとオフライン会う機会が無い環境ではなく、たまには出社もしながらチーム開発をしたいと思ったからです。

東京の会社からは1年ほど東京勤務をしてからの福岡移住・フルリモート化という提案が多かったのですが、福岡に住めて尚且つやりたいことができる会社は少なかったです。その中で生活水準も落とさずに、自分の転職軸と合うところがマネーフォワードしか残らなかったので、本当にご縁を感じますね。オンライン面接は拠点メンバーとじっくり話すことができたので、特に不安な点はありませんでした。

駒井:自分はQAエンジニアとしてのキャリアを積みたい気持ちが転職軸としてありました。関西、関東など働く場所にこだわりはないけど、もし環境を変えられるなら関西がいいなと思いました。一番最初にオファーをもらったのが、実はマネーフォワードでした。オファー面談の際にじっくりお話もできて、オファーのフィット感もありました。関西へ帰れる、QAエンジニアのキャリアも積んでいける、自分の求めるもの全てに応えてもらえると思い、転職を決意しました。

-Uターンしてよかったことと、不安だったことはありますか?

駒井:前職はほぼフルリモートを認めていた背景もあり、リモートワークに慣れていたので、仕事面では特に困ることはなかったです。週1の出社も、緊急事態宣言中では一時的にストップ※1 してましたし、ほぼフルリモートで困ることはありませんでした。もちろん新入社員のオンボーディングや既存社員とのコミュニケーション量などの課題はあると思いますが、実際にリアル出社していても最初の方は会社の雰囲気に慣れていなかったりしますよね。新しい職場で感じる「今後うまくできるかな」という誰もが最初に抱く不安くらいしかなかったです。
オンラインだと話しかけたい方の状況が見えづらいので、少し待つ時間もありますが、ZoomDiscordを使用して気軽にコミュニケーションできるようにしていたので、そんなに困ることもありませんでした。
よかったことは、やはり電車が関東にいた時より空いていることですかね!拠点に出勤する時も通勤ストレスはなく、リアルでコミュニケーションもできるので良いと感じてます。

平山:最初は実はこのコロナ禍で絶対Uターンする!という気持ちではありませんでした。もしどの会社もNGなら東京に残る選択肢もありました。地方に行くことで正直迷った点は生活や給料水準でしたが、マネーフォワードは東京も福岡もその点では変わらないなと感じ、転職に踏み切りました。
他に不安だったことは、東京のほうが「人、物、金」の情報が多いと感じていたので、自分が取り残されてしまうのではないかと感じたことですかね。

しかし、マネーフォワードでは東京が本社ですし、情報が少なくなることはないなと思いました。Slackのチャンネルもとても多いですし、情報収集もできます。福岡にいても東京の情報はキャッチできるし、実際にオンラインコミュニケーションツールが当たり前に使われているので、メンバーとの距離を感じることも無く、マネーフォワードに入社してよかったなと思います。あとはエンジニア・デザイナーの方向けの福岡・京都・大阪への「UIターン費用サポートキャンペーンは、大変嬉しかったです!引越し資金に充てさせていただきました。こういう補助金があるのはUターン転職者にとって、転職の後押しになるなぁと思いました!ぜひ継続してほしいです(笑)

※1 マネーフォワードでは週1出社を基本としてますが、緊急事態宣言が発令された場合などは、別対応を取っております。インタビュー時の3月は週1出勤しておりましたが、現在の緊急事態宣言中ではリモートワーク中心のワークスタイルを取っております。

画像2

インタビュー時も福岡-京都-東京の3拠点で行いました。

-現在の働き方や現在大切にしている価値観について教えてください

平山:リモートか出勤か選べることが嬉しいです。今日は在宅なので、実家で両親と朝ごはんを食べたり、昼休みに犬の散歩をしています(笑)とてものどかな環境です。現在はチームメンバーと曜日を決めて週1出社をしています。メンバーとはリアルとリモート両方でコミュニケーションしながら開発できていて、希望のワークスタイルが予想以上に実現できています自分が大事にしていることは、当たり前かもしれませんが、「自由であること」です。何かに縛られて仕方なくやるより、「自分が納得して自分がやりたいことをやる」ことを大切にしています。転職の時もそうですが、いろんな選択がある中で選べること、自分がいたい場所にいることも大事だなと感じます。特に今の自分には、地元にいられることが大事だなと思ってます。思い切ってUターンしてよかったです。

駒井:自分も柔軟に対応できる環境がいいなと感じます例えば病院に行ったり、家族のために、できれば在宅で仕事もできる働き方がいいなと思ってました。実際に働いてみて、子供のお迎えなどで中抜けや早退ができて、プライベートの対応を柔軟にできているということが良いと感じてます。
特に京都拠点はファミリー層が多く、子供の入園式などはじめ家族イベントにもとても理解があります。入社してみて、マネーフォワード全体で家族を大事にしていることがわかりました。自分も家族を大事にして仕事をしていきたいので、価値観が合っているなと感じてます。

田鍋:リモートワークが浸透してきて、UIターンのハードルが徐々に低くなっているなと個人的に感じてます。またマネーフォワードでは、ライフステージが変わりやすい30代メンバーの活躍も増えており、各拠点へUIターンしている社内メンバーも増えてきていますね。マネーフォワードの社内公募制度「MFチャレンジシステム」では関西拠点と福岡拠点も募集を出しているので、UIターンを検討しているメンバーもいました。ちなみにマネーフォワードにはベトナムにも開発拠点があり、国外でチャレンジするチャンスもありますよ!(笑)

マネーフォワードに興味を持ってくださった方は、ぜひこちらからエントリーしてくださいね!エンジニア、デザイナー職を募集してます!

エンジニア_福岡拠点 エンジニア_京都拠点 エンジニア_大阪拠点

UIデザイナー(マネーフォワードクラウド)_福岡 UIデザイナー(マネーフォワードクラウド)_京都

鴨川

京都オフィス近辺から見える鴨川。ほっと一息つきたい時に、癒される風景。UIターンしたら、こんな風景も日常的にみれるとは…!

-最後にUIターンした思いを読者に一言お願いします!

平山:現在は1つの場所に集まらなくても困ることのない世界に進化していると感じます。東京という大都市の意味も今後変わっていくと思いますし、離れてみて初めて感じる良さもあると思います。もしUIターンに不安になっている方がいたら、意外と楽しいよとお伝えしたいです。
自分の場合は、たまたま地元近くの勤務で求人があり、ラッキーだったかと思います。ただのラッキーな自分が言うのもおこがましいですが、やってダメなら東京に戻ればいいという気持ちでUIターンを検討してみてもいいのではと思います。


駒井:今までと違う勤務地で働くことって、ある意味チャレンジだと思いますそのようなチャンスがあるのであれば、自分が働きたいところでチャレンジしてみればいいと思います。会社のルールがあること前提ですが、いろんな土地でチャレンジできるのは良いことですよね。


田鍋:お二人のよいエピソードが聞けてよかったです!ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!よければシェアもお願いします
24
マネーフォワードでエンジニア・デザイナーの採用を担当しております