【DL有】今すぐ音楽データ取りましょ!
音楽データとりましょう

【DL有】今すぐ音楽データ取りましょ!

Miyamoto Hiroshi  |  宮本浩志

1. 最初に

音楽関係者のみなさま。データとられてますか??
とってない!って時はすぐさまデータを取得しましょう!
「レーベルでツール入れてる」、「○○活用してる!」という方はデータに漏れがないかだけ確認して、そのデータをどういう風に活用すべきか考えていくことが重要です。
本来、データは「何の為にとるか?」を気にせばなりませんが、まだ何も取っていないのであれば、そんなことを言っている暇はありません!とにかくデータをとりましょう!

2. データの種類

データにも色々なデータがあります。
細かいデータも全部とりましょう!と、言いたいところですが最初はシンプルでいいです。最初からたくさんとってしまうと挫折しますので、シンプルにデータを集めていきましょう。(それぞれの細かいデータ話はおいおい)

シンプルに始める大切さは、こちらをご参考!


■CD・フィジカル
・オリコン
(タイトル別取得)※契約が必要
  - 週別売上枚数
  - チャネル別売上枚数
  - 県別売上枚数

・Amazon(販売タイトル別取得)
  - 日別売上枚数(予約含む)
  - エリア別売上枚数(整理面倒ですが...)

■デジタル
・YouTube

【チャンネル/個別動画】
  - 表示回数・インプレッション数
  - 視聴回数
  - ユニーク視聴者数(90日間)
  - 視聴者あたりの平均再生回数
  - 平均視聴時間

・Spotify
  - フォロワー数
  - リスナー数
  - ストリーム数

・Apple Music
  - ストリーム数
 
・Twitter(ツールお持ちかどうかに関わりますが...)
アナリティクスとMedia Studioを使いこなせばめちゃくちゃ便利なのでそれは追々。ちなみに、下記Social Dogはめちゃ便利なのでオススメです。

  - アーティスト名を含んだツイート
   ※こちらは外部ツールが必要です。
  - インプレッション数
  - エンゲージメント数
  - フォロワー数

・HPやキャンペーン時のLP関係(Google Analytics)
  - ユーザー数
  - 新規ユーザー数
  - セッション数
  - ユーザーあたりのセッション数
  - PV数

・Wikipedia
Wikipediaのアクセス数もわかりますので、こちら参照!

  - アクセス数

各サービスをもっと掘り下げていくともっと色々あるのですが、とりあえずはこちらでいいと思います。

3. データインポートのフォーマット

これらのデータをまとめるためのフォーマットをスプレッドシートで公開しておきます。自由にアレンジして使っていただけると嬉しいです!


4.ツールのご紹介

ツールですが、最強のツールはエクセルだと思います!
まずは、エクセルをフル活用して、その次のフェーズとしてツールを導入いただければと思います。
個人的にオススメツールは、下記。

Chartmetric(音楽データのダッシュボード)

Tableau(データのビジュアライズ)

BuzzSpreader(Tweet数計測)

ちなみに、、、
今、ソケッツさんがβ版で運用されている「Music Analytics」を先日見せていただきましたが、かなり使えるサービスになりそうです。
アップデート情報が楽しみ。

Music Analytics

でもぶっちゃけ、エクセルあればなんとかなります!
ですので、先ほどのフォーマットをぜひ利用して、まずはデータを取得するところからスタートしてもらえると嬉しいです。

再掲



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Miyamoto Hiroshi  |  宮本浩志

「めちゃ参考になったー!」という方へ もしよろしければ、コーヒー代をサポートいただけると嬉しいです! 執筆時のコーヒー代に利用させていただきます🙇

ありがとうございます😆
Miyamoto Hiroshi  |  宮本浩志
レーベル→広告代理店→プラットフォームの経験を活かして、音楽マーケティング・テックについて様々な視点で書いていきますので、読んでいただけると嬉しいです! https://twitter.com/38610164