musicmagic3923
ライブカメラマンのライブカメラマンによるライブカメラマンの為の機材
見出し画像

ライブカメラマンのライブカメラマンによるライブカメラマンの為の機材

musicmagic3923


カメラマンにおけるカメラ機材

  こんにちは、カメラマンのゆうと。です
前回の投稿から大分経っちゃってました(サボり)
ちなみに下書き書いてから1年半以上経ってました

今回はライブカメラマンが使用しているカメラ機やレンズ、その他について書こうと思います

まぁまずはカメラマンを名乗る上でとりあえずカメラ機材を持っていないと始まらないですよね

最近だとスマホが最強すぎてスマホで良くね?ってなるくらいには優秀ですよね
カメラの最高峰 LeicaやCarl Zeissのレンズを搭載したスマホやiPhoneでも4Kが撮れて写真も綺麗で広角や望遠も撮れるようになってますし!
 なのでスマホでカメラマンってのも笑い話にならなくなってきてます。
あとはもう気持ちの問題ですね(笑)

カメラメーカー

 今回は“カメラ機”についてなのでスマホは抜きにして進めて行こうと思います(笑)
では最初にカメラメーカー毎に

・Canon
 日本から世界に誇るカメラメーカーでオリンピックの際に世界の報道・スポーツカメラマンが1番使用しているメーカーとして発表されてました。まさしく王道と言っても過言ではないと思います
 プロ機からアマチュア、またファミリー層向けカメラも幅広く初めてカメラを買う!という方にも優しいと思います
たまに公園で最上位機種をもってナニかを撮ってるカメオジにマウント取りに話しかけられることがあるので要注意しましょう。

・Nikon
こちらも日本から世界にトップシェアを誇るカメラメーカーで、元は戦争などに光学兵器国産化を目的とした会社で双眼鏡や狙撃鏡眼などを製造していて、太平洋戦争後、高級カメラ6×6の二眼レフカメラ(中判カメラ)を主とし、以降36mmカメラの製造が主力なメーカーとなっていきます
例によってはCanonよりもNikonのほうが頑丈!という人もいるくらいには頑丈です(笑)
前にNikon機を水に突っ込んで氷漬けにしたり焚き火で燃やしたりしても使える、という海外のYouTubeで見たことあります

・SONY
 最近ミラーレスカメラ ‪α‬7シリーズを皮切りにアゲアゲノリノリのSONYですが、言わずもがなデジタル機器を扱うメーカーで写真機、というよりも映像機が強いイメージでした。
‪α‬7シリーズのミラーレス機が有名ですが他にも‪α‬99や‪α‬77と言った一眼レフ機もあり、ミノルタAマウントシリーズもあります。
ちなみに僕が人生で初めて買ったカメラはSONY ‪α‬65というヤフオクで9千円で買ったカメラでした(笑)

・富士フイルム/FUJIFILM
 フィルムやプリンターなどのイメージの強い富士フイルム(以降フジ)ですがミラーレスカメラ機が多彩でポケットに入るシリーズから中判カメラGFXシリーズ、全17機種に渡ります
…がフジは実は“フルサイズ 35mm”というセンサーサイズが無く、APS-CサイズのXシリーズ、そして前述の中判サイズのGFXになっています。
フジの特徴としては長年のフィルムカメラの開発によるモノからデジタルによる“フィルムシュミレーション”という機能がついており、富士フイルムのフィルムの味わいも味わう事が出来ます。撮って出しの色味も唯一無二と言っていい独特で美しい色味です。

・PENTAX/RICOH
 フルサイズ機 K-1を中心に防塵防滴機能が強いカメラで-10°Cでも使用できる強い子なのです。
昨今のミラーレスカメラブームの中、唯一“一眼レフ”にこだわりプロユースのミラーレス機を製造してません!ある意味時代遅ry…とは言いませんがRICOHマーケティング部門の人がインタビューで『1、2年後には一眼レフからミラーレスに移行した一部のユーザーが再び一眼レフカメラに戻って来ることを確信している』と言うくらいには自信があるようです。


他にもカメラメーカー沢山ありますが今回は割愛いたします
 ・Leica みんな憧れ最高級カメラ
 ・SIGMA レンズだけじゃない!カメラも出してるよ!
 ・OLYMPUS 女性向けのオシャレカメラも!
 ・Panasonic/LUMIX 実は映像も強いぞ!
                     etc...

レンズメーカー/カメラレンズ

 一眼カメラにはレンズが不可欠です
レンズ搭載カメラもありますが今回は一眼カメラにフォーカスして書いていきます

・各所純正レンズ
 純正レンズはもうみんなの憧れです!
それぞれCanonやNikon、SONYなど各社でオリジナルのレンズ展開がありAFや手ぶれ補正などサードパーティ(他社ブランド互換性レンズ)とは訳が違います!
Canonでよく言われる『白玉レンズ』などはCanonの望遠レンズが白いカラーリングが特徴で白玉と呼ばれていますね。
お金があれば全レンズ純正で揃えたいところですね。。。
CanonはLレンズ、NikonはNIKKORレンズ、SONYはGMレンズなどラインナップがあります。

サードパーティ製レンズ

 サードパーティとは他社レンズ製造ブランドが各社のカメラに合わせて製造しているカメラレンズの事です。有名なメーカーがSIGMAなTAMRON、Carl Zeissなどなど
値段は純正レンズよりもお財布に優しいです!
とは言ってもn十万単位はザラですね(笑)

・SIGMA
 “とにかくシャープ!”そして安い!単焦点レンズのラインナップも豊富で昨今ではArt•Sports•Contemporaryと使用によってのラインナップも出ています!
写りも前記のとおりシャープでキレがあり高解像度で優秀です。…がそれに特化していてかなり大きいサイズ、重量になってます(笑)それでもSIGMAにこだわりがある人も多いメーカーです。
ちなみに僕はほぼ全てのレンズがSIGMAです。

・TAMRON
 ここに来て初めて出てきましたタムロン先輩。
車載カメラや医療用レンズなども手がけていて、“レンズに特化”したメーカーでカメラ自体の製造はしていないです。
特徴としては“とにかく軽い!”です!SIGMAと違う点としては合金などでなく、プラスチックや軽い素材で出来ている事
そして何より“良い意味で特徴のない質感”です。
『撮ったままの色味』と言った方がいいですかね
よって単焦点レンズよりもズームレンズなどが多いイメージです! 合金じゃない事により値段もSIGMAよりも少し安いレンズが多いです!
最近では単焦点レンズのラインナップもあり、手の届きやすい値段設定となっています。
さらにSONY Eマウント用レンズに
35-150mm F/2-2.8 Di III VXD という最強ズームレンズが!!
こんなのあったらほぼ全てが完結しちゃうレンズですね(笑)
強すぎる(笑)

・Carl Zeiss
 カール・ツァイスとはドイツのメーカーで約180年の歴史あるメーカーで創業は顕微鏡からその後世界初の近代的プラネタリウムの開発なども行っていた。
その後、カメラ用レンズの製造で活性化した歴史あるレンズメーカーで、現代では世界最大手 映画用レンズメーカーとしても。
カメラレンズとしてマニュアルレンズが主とし、昨今でSONYと提携し、‪α‬シリーズ用 Eマウントレンズ(AF対応)やフジフィルムレンズなどもラインナップに入っています。
オールレンズ(後記)としてのツァイスも現在でも高値で売買されるほど高級レンズとなっています。
SONY製品を使い方は是非ともツァイスレンズも視野に入れて考えてみては、と思いますがCanonやNikonなどといった一眼レフ用機にはマニュアルレンズが主とされているのでライブ写真には向かない…ということで今回は省かせて頂きます。
ちなみに僕はEFのプラナーレンズを使ってます。最高。(自慢)


・SAMYANG
韓国からの刺客!!コスパ最強レンズと言っても過言では無いです!しかも結構良い!…が基本的にはマニュアルレンズ!
…が更にしかし!最近ミラーレス機が流行り、AFレンズにも参入してきました!それでも安い!
なんとライブカメラマン憧れの魚眼レンズなんかもあるので
とにかくお金ない(泣)っていうカメラマンさんは1度見てみるといいかもしれませんね!
…でもまあ…安物買いのなんとやら…でも良いメーカーであることは間違いありませんので!

ちなみに僕も初めて買った魚眼レンズはSONY‪α‬65 Aマウント用のAPS-Cの8mmサムヤンレンズでしたが
Yahooで買ったら半年経っても届かず詐欺られました(笑) 
後日Amazonで購入し無事に使えました(笑)


他にもTokinaやVoigtlanderや変わり種レンズを作っている七工匠やBABYLENSなども沢山あるので是非調べてみてね! 

・オールドレンズ
 先述のサードパーティレンズとはまた別で、現行レンズではなく、フィルム時代の何十年、n百年前のレンズなんかも最近ではマウントアダプターを使えば使えるレンズも沢山あるのです!
ちなみにNikonは超昔から“Fマウント”を作っているので昔のレンズもアダプター無しで使えちゃいます!
先程のカール・ツァイスや各社メーカーのオールドレンズもカメラ屋さん、最近ではメルカリやヤフオクなんかでも購入出来ます!ただ流行りなどによりどんどん高騰しているので早めに(?)買っておくといいかもしれませんね(笑)
有名なレンズと言えばPENTAX アサヒタクマー55mmなんか有名ですね!ロシア製やドイツ製なんかが有名所で多いですが日本製なんか創りめちゃくちゃ良いんですよ!
ロシア製レンズはドイツのカール・ツァイスに対抗して作られたレンズも多いです!
一周回ったライブカメラマンはだいたいオールドレンズで遊んだり、雰囲気がある変わったレンズなんかで撮ったりする事も多いですね! ただむかぁしのレンズなのでもちろんマニュアルレンズですので、使うにはかなりの技量と根気、あと勇気とめちゃくちゃ気合いが必要ですね(笑)


さてここまで読んでいただいて申し訳ないのだが


とりあえずここまで頑張って書きましたがまったく僕のおすすめのカメラやレンズなどは書いてませんwww
各社メーカーについてツラツラと書いただけですね(笑)
という事でここからやっと本題である

ライブカメラマンの為の機材トーク になっていきます
ここからは僕の偏見であり個人的見解などが中心になりますので“いち意見として”読んで頂けたらと思います

ライブカメラマンによる機材のすゝめ(本題)

さて、やっとここら本題ですがまずは
僕が使用しているカメラ機材 についてです
意外と自分の機材や技術を知られるのは嫌がるカメラマンさんは多いので意外と貴重かもしれないですよ?(笑)

僕の使用機材

カメラボディ
・Nikon D850
・Nikon D750 4台
・SONY ‪α‬7ⅲ 2台
・Canon 5DMark3
・Canon 5DMark2
・FUJIFILM X-100t
・RICOH GR
・その他フィルムカメラ


…お気が付きだろうか…そう馬鹿なのでCanonもNikonもSONYも使ってます(笑)

各種レンズ

Nikon Fマウント
・SIGMA 15mmF2.8mm 魚眼
・SIGMA 24-70mmF2.8 art
・SIGMA 70-200mmF2.8 apo
・SIGMA 150-600mmF5-6.3 Contemporary
・SIGMA 12-24mmF4 art (故障により手放し)

SONY Eマウント
・SONY GM16-35mmF2.8
・SIGMA 50mmF1.4art

Canon EFレンズ
・Canon EF 50mmF1.4
・SIGMA 15mmF2.8 魚眼
・SIGMA 24-70mmF2.8 art
・SIGMA 70-200mmF2.8 apo
・SIGMA 14mmF2.8
・ZEISS Planar T* 1.4/50mm

オールドレンズ/マニュアルレンズ
・Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II SC VM
・Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical
・Asahi Super Takumar 55mm F1.8
・INDUSTAR 50mm F3.5 M42

フィルムカメラやオールドレンズも何本か所有していて
ポートレートや作品撮り、またアーティスト写真の時に使用したりもしています。
PENTAX67 (通称バケペン)という中判フィルムカメラも使用しています。(自慢したいだけ)


初めて買ったフルサイズ機はCanon5Dm3でしたが色んな方の写真を見聞きして今はライブ写真はNikonを使用する事が多いです。

各機材について

僕は基本的にライブ写真はNikonとSONYを使用しています
理由としては…

Nikonは黒が綺麗!!
黒に締りがあって基本暗いライブハウスではこの黒の際立てが僕は気に入っています。そして昨今ライブハウスでは照明がLED導入が増えてきているのですが、LEDの特徴として青や赤がドーンと入って顔に当たった時にCanonだと色潰れしてしまう事が多く、Nikonだと色のキメが細かく潰れた箇所も綺麗に編集が出来るというのが決定打でした。

NikonD850 SIGMA15mmF2.8


メイン機はD850を使っていますが
解像度、そして何より暗部の再現がとても良いので愛用してます。
これに縦グリップ(バッテリーグリップ)を装置して手を伸ばして撮影や縦位置で撮る時に愛用しています!
メモリーもSDとXQDカードを差し込めるので連写も書き込みスピードも余裕です!
買った当初は販売開始直後だったので35万、プラス保険とか入れて40万出しました(笑)
いまは中古でも20万をきっていたりもするのでだいぶ手が届くようになりましたね!
D800、D810の後継機のD850は1桁シリーズD5と同じシャッターユニットを搭載しているので、バッテリーグリップにD5のバッテリーを差し込むと連写スピードも上がるのでオススメです!

サブ機としてD750数台を使っていて
なにより安く手に入る上、性能も高く扱いやすいというのが利点です!
ハンドグリップも他より深く、とても握りやすいですよ!
マイナス点としてはSDカードのみなので連写すると止まりやすいのと、連写スピードが850や‪α‬7にくらべて遅いのでジャンプショットなどでたまに撮り逃しも…
それでもとても使いやすいカメラです!
新品で10万ほど、中古だと6万ほどでも買えちゃいます!!
全然これ1台でも十分すぎるのでオススメですよ!
ちなみに新製品で後継機にあたるD780、そして前機D700も視野に入れてもいいかもしれませんね!

NikonD750 SIGMA70-200F2.8

SONYはとにかく扱いやすい!
ミラーレス一眼の先駆けの‪α‬7シリーズである、‪α‬7Ⅲですが
とにかく扱いやすい!という感想です!

‪α‬7Ⅲからバッテリーが替わり、‪α‬7/‪α‬7Ⅱ時代の問題のバッテリー持ちも良く、1日持つようになりした!(旧バッテリーだと半日持ちませんでした笑)

ミラーレスなのでファインダーを覗かずにディスプレイで確認、また露出もリアムタイムで変わるので露出設定もやりやすい!
RAWデータも色乗りや暗所明所も編集が行き届くので編集がしやすい!よって編集の幅も広がりました。
一眼レフでは『ファインダーを覗く』というのが当たり前で前提の行為でしたが、
ミラーレスにより『ディスプレイで見る』というのが主流になったので
覗いてしゃがんだり背伸びして撮る、よりも
手を伸ばして“より高い位置で、より低い位置で”撮ることも出来るようになりました。
これによってさらに写真の画角や作風にも幅が広がりました。
またレンズアダプターも充実しているので
Canon EFマウント Nikon Fマウントのレンズはもちろん
M42マウントやL39ライカマウント、VMマウントなどオールドレンズをはじめとしたマウントアダプターも沢山あるので使えるレンズが無限大です!

オールドレンズで撮るライブ写真
SONY‪α‬7Ⅲ 



デメリットを上げるとしたら
・ライブカメラマンだと魚眼レンズは夢のレンズで常に持ち歩くレンズといっても過言じゃありませんが、
Eマウントレンズではまだ魚眼レンズが発売しておらず、
EFまたはFマウントの魚眼レンズをマウントアダプターで付けるしかないのでAFが遅い…
一応、SONY 16mm/20mmレンズに取り付けるフィッシュアイコンバーターというのが発売されていますが何とも…
他にもサムヤンやLaowaからマニュアルレンズなどは発売されています!

・そしてもうひとつデメリットとして
ミラーレス一眼の大敵、フリッカーがとても目立ちます!
ライブハウスでLED照明が増えた最近ではどこの箱でもフリッカーに悩まされています…
一応、設定でフリッカーレスなどもありますがそれでもめちゃくちゃ気になります…
最終手段として設定にて[電子先幕シャッター]を切にするとだいぶ改善されます!…がシャッターを切るスピードが『カシャコン』と遅くなるので連写などだとちょっとイライラするかもしれません。

横しまに入るフリッカー
SONY ‪α‬7Ⅲ SIGMA50mmF1.4art

Canonはやっぱり肌色!そして色乗りが良い!
最初に買ったカメラ、5Dm3は今ではボロボロになってたまにポートレートで使ったりしますが元々現役バリバリにライブ撮影で使っていました!
たまーーに5Dでライブを撮ると、やっぱりCanonめちゃくちゃいい!!ってなります!
Nikonのビシッッと決まった黒の感じが今のスタイルには合ってるのですが
Canonの照明の色の出方や肌色がとても美しいんです!
超個人的な話ですがとても尊敬しているカメラマンの西槇太一さんライブ写真は基本Canon(今はミラーレスのようですが)の写真が1番好きです!!

カメラマンになって半年目の写真
Canon5DMark3 Canon70-200F2.8

CanonからNikonに乗り換えた理由
こんなに良いカメラなのに何故乗り換えたのか…
それはCanonで撮っている時に“強い照明があたると色潰れする”からでした。
純正レンズや編集で改善されるのかもしれませんがどうにもならない事があったりもして不便を感じていました。。。
昨今はLED照明が増えるライブハウスで強い青色や赤色の照明で色が潰れてしまう現象が多々あり、Lightroomでキャリブレーションで彩度を落としたりホワイトバランスをいじったりしていたのですが改善されず…
その後Nikonに乗り換えました。
カメラはとても優秀なのですが、僕の求めた写真がNikonだったというのが結果でした。

色潰れした写真
Canon5DMark3 SIGMA24-70F2.8art


最近ではミラーレス一眼が主流になりつつあり、CanonもRシリーズ、NikonのZシリーズなどが主体となってプロ機やレンズも充実してきました!
これからは一眼レフではなくミラーレスが1番最初に買うカメラになってくるのかなぁ。

結局オススメのカメラは??

はい、ここまでカメラ機材についてお話してきましたが
結局ライブ写真を撮るならどれ買えばいいのか!
たぶんこの記事を見つけてくれた人は思っているはず。
最近は学生、なかには高校生で写真を撮る子や大学生でカメラマンを目指す人も多くてお金がない!!って人も多いので
ちょっと種類別に分けてみました!

とりあえず金ない!でもカメラほしい…

そんな人にはこれ!
・Canon 6D/6DMark2
・Nikon D750

安いです!性能良いです!中古で5〜6万とかで買えちゃう!
CanonとNikonのフルサイズ入門機ですが全然プロユーズなので仕事でも趣味でも使えちゃう!
型としては古いモデルになりつつあるけどもう十分な性能です!サブ機としても人気なので2、3台目と数台目に買うのにもオススメです!

NikonD750 Canon6DMark2

もうカメラマンとして頑張る!プロとして!

こんな人にはこちら!
・Canon Rシリーズ
・Nikon Zシリーズ
・SONY‪α‬7シリーズ

もうこの時代はミラーレス!
もしこれからカメラを買う人に向けてはミラーレスをオススメするしかないのかな!と思ってます。
でも熱気と湿気に溢れて走り回ってカメラぶつけたり危険な現場が多いライブ撮影ではミラーレスなんてパソコンが丸々詰め込まれたような精密機械なのでちょっと頼りなさもあるのかなぁ…

ライブ写真しか撮らない!!最新機じゃなくていい!

そんな君は僕と同じタイプ!
・Canon5DMark4
・NikonD850

ミラーレス以降する直前まで一眼レフ第一線最新機種として
この2台が2トップでした
まだ中古で20万前後と高い価格ですが見合う性能を兼ね備えたカメラだと思います。
さらに一型前のD810/5Dm3もまだまだ現役機種なのでもうちょい予算を抑えたい…という方やサブ機を探してる方にはこちらもオススメです!10万以下でもありますよ!

とにかく金はある!花輪くんタイプの君!

お金持ちには敵わないぜ…
・Canon 1DXMark3
・Canon R3
・Nikon D5
・Nikon Z9
・SONY ‪α‬1/‪α‬9

夢の1桁シリーズ!!そしてミラーレス最新機種!
連写、そして画素数も最上位モデル!
文句の付けようがないモデルですね笑

まあこんな感じでオススメのカメラも幅が広がり結局どれ買えばいいんよ!!!となりますが

この記事を読んでくれてる層を考えて現実的な答えとして
・お金もそこそこ抑えたい
・ちゃんとこの1台!として使えるカメラ
これを考えると
ちょっと型が古くても使える!最上位モデルが出て安くなった

リアルガチで結局オススメのライブ写真向けで買うなら!?

導かれた答えは…
・Canon5Dm3
・NikonD810
・SONY ‪α‬7Ⅲ

この3台が1番しっくりくると思います!‪

SONYα‬7Ⅲだけ最近のカメラですがこのミラーレス時代にオススメから省けないのも事実、最強カメラともふさわしいと思います。最上位モデル‪α‬7Ⅳが発売されて中古も出回りつつあるので狙い目です!

そしてCanon5Dm3、NikonD810
この2台はいちカメラ時代を支えたカメラと言っても過言ではないのに5Dに関しては発売2012年で中古市場では最安6万(8万前後)なんかでも発売されているのに現役バリバリで使えるカメラです。D810は発売2014年で中古市場で最安9万円(10万前後)ほどで、プロユーズカメラとしてはくそ安!っと思えるほどです!
EFマウント、Fマウントとももう全てのレンズが出揃っているので困る事もないでしょう。

そして現在でも使ってるプロのカメラマンも多いのも事実、ある意味お墨付きと言っても過言じゃありません!


最後に

 ここまで読んで頂き本当にありがとうございます!
機材に関して言えばカメラボディもレンズだけでも無限大の組み合わせ、そして撮り手、編集でさらに答えのない無限宇宙が広がります。

そして
『このカメラを持ってるからプロ』
『このレンズを使っているから綺麗に撮れる』
機材はひとつの名刺ではありますが、
たとえ安い機材でも古いレンズでも
撮るあなたが自分で好きと思えるような写真が撮れるカメラが1番大切で『良い写真』なんだと思います。

最新機種が良い性能なのはもちろん承知のうえ
旧モデルのカメラでも性能はお墨付き。
あとはあなた次第です!
カメラが代わっても撮る画角、癖ってのは変わりません笑
結局『あなたの写真』になります笑
その幅が少しでも広がれ良いな、と思い今回こんな記事を書いてみました。

今回後半はカメラボディについて書きましたが
次回は僕が使っているレンズについて書いてみようかと思っています。

またお付き合い頂けたら嬉しいです。
そして誰かの糧に、積み重ねのひとつに慣れていたら幸いでさ。

noteのご感想やご意見
また『次はこんな事について書いて欲しい!』などありましたら
コメントやTwitter/Instagramでもお待ちしておりますので
お気軽にご連絡お待ちしております。

※今回の記事は個人の主観と感想で書いてるので間違いや意見などあるかと思いますがご了承ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

らびゅ✌︎
ゆうと。

ゆうと。
Photo by ひの

この記事が参加している募集

仕事について話そう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
musicmagic3923
Photographer/Creator 日常の写真からバンドのライブ写真/映像 映画とラーメンが好きです Instagram/Twitter → @musicmagic3923