もとき理川【日常編】

フリーのイラストレーター。まったく誰の役に立たない、どうでもいいような日々の些事をイラストエッセイ風に綴っております。https://www.motoqui.com/

もとき理川【日常編】

フリーのイラストレーター。まったく誰の役に立たない、どうでもいいような日々の些事をイラストエッセイ風に綴っております。https://www.motoqui.com/

    最近の記事

    • 固定された記事

    2022/11/30 noteで日記を始める

    フリーのイラストレーターをやっています。 絵を描くのが好きなのは言うまでもないことですが、某感染症で余儀なくされた巣ごもりをきっかけに駄文を書くことも好きになりました。 今では、仕事の合間にfacebookなんかに長々とくだらない文章を書くのがストレス解消になっています。 さて、若い頃から日記をつけてみたいと思っていました。 けれど、紙の日記帳なんかを買っても、1週間も続かない。 でも、最近、気づいたのです。 SNSだったら、書けるんじゃないかと。 面白かったこと。驚いた

      • 「赤い疑惑」とピエール・カルダン[プロローグ]2020年03月

        例の感染症が流行り始めた2020年。 仕事の流れが止まった。怖くて外にも出られない。 情報も錯綜していて、何が何だか分からぬまま、ただただ自粛するだけの窮屈な日々。 そんなある日、やる事なしにだらだらとネットを見ていたら、昭和のTVドラマ『赤い疑惑』の情報に流れ着く。 『赤い疑惑』とは、1975~76年にかけてTBS系列で放送されたドラマ。 山口百恵演ずる幸子が不治の病や悲しい恋に翻弄される物語。 当時、私は小5くらいだったが、まったく関心がなく、母と姉が夢中で見ていたので

        • 2020/01/07 オーバカナル福岡

          AUX BACCHANALES (オーバカナル) というカフェをご存知の方は多いと思う。 東京に4店舗、京都・大阪・福岡に各1店舗。 ざっくり言うと、「まんまパリ雰囲気のカフェ」なのだが、その「まんま具合」が半端ない。 第1号店は原宿、90年代初頭だったか、パリ好きの先輩格みたいな友人に初めて連れて行ってもらった時は、その「異国感」にガツンと衝撃を受けた。 その頃はまだ未踏の地だったフランスを旅するようになると、オーバカナルがいかに「本場っぽい」かをしみじみ感じた。 少