文月ノベル

いつもおどろいた顔をしているモノカキです。スキやフォロー、とっても嬉しいです📚 連載エッセイ『自由研究が、プチ小説家のデビュー作になったおはなし』。(その他:NOVEL DAYS「また読みたい」選出、文藝春秋みんなのwebマガジン「大袈裟な愛で小さなことを」、文部科学大臣賞など)
    • 小学校の自由研究がプチ小説家のデビュー作になったおはなし📚
      小学校の自由研究がプチ小説家のデビュー作になったおはなし📚
      • 13本

      自由研究が、プチ小説家のデビュー作になったおはなしの連載です📚 小学校1〜6年生まで綴りつづけた詩や俳句などの短編集を、今の想いとともにまとめました。  #子どもに教えられたこと

    • 創作小説
      創作小説
      • 3本
    • 読書感想
      読書感想
      • 3本

【つぶやき】今はもう、”知らない”ことを”知っている”から。

 「私は何も知りません。何を聞かれても分からない。でも、知らないということを知っているから、私は学び続けるのです。」  古代ギリシアの哲学者ソクラテスは、真の知…

【連載まとめ・最終回】小学校の自由研究が、プチ小説家のデビュー作になったおはなし📚

 小学生のとき、作文用紙いっぱいに作品を書き溜めていた私。少しだけ話すのが遅かった幼い私の書く文字の一つ一つを、ゆっくりと聞いてくれた母。  その作品たちを真夏…

【短編小説】子どもに、愛するひとに、仕事を誇れる自分でいたい。

 桜の花びらが新しい門出を祝う4月、私は学生を終え、社会人の一歩を踏み出した。  就職活動をしている際、自身の胸が最もわくわくした営業職についた。いよいよ始まる…

【第12回】小学校の自由研究が、プチ小説家のデビュー作になったおはなし📚

 「ともに過ごした日々は心の中に生きている。」  これは、私が好きなディズニーアニメ・トイストーリーの映画内のセリフです。  幼いころに大切にしていたピーターラ…

【第11回】小学校の自由研究が、プチ小説家のデビュー作になったおはなし📚

人々の心が悲鳴をあげています。 地球も悲鳴をあげています。 私たちの住むこの地球を、治して救うには、一体どうすれば良いのでしょうか。 「地球」 「治救」 こんば…

【つぶやき】大袈裟な愛で小さなことを。

人には、大きい死と小さい死が存在するという話をニュースで耳にしました。 大きい死とは、肉体が死ぬことへの恐れ、 小さい死とは、失恋や失業などの喪失体験。 つまり…