natsumin@わたしに還る旅路stand.fm

日々のあれこれを書いています。のろのろ更新ですが、自分の心と丁寧に向き合って文章を書いています。じんわりと心があたたまる優しい居場所になれば嬉しいです。stand.fmでラジオもしています。

natsumin@わたしに還る旅路stand.fm

日々のあれこれを書いています。のろのろ更新ですが、自分の心と丁寧に向き合って文章を書いています。じんわりと心があたたまる優しい居場所になれば嬉しいです。stand.fmでラジオもしています。

最近の記事

人生の思い出づくり。友人に会いに西会津へ~1日目

友人のこの一言で、福島に行くことを決めた。 福島の西会津にあるエコビレッジで、ボランティアとして働きはじめた友人とは、約1年前にオンラインスクールを通じて知り合った。同い年で、同じ名前、似たような感性をもつ彼女と出会ったのは本当に奇跡だと、いま振り返っても思う。 福島は、私にとってなんのゆかりもない土地。だけど、彼女がいるだけでなんだか特別に見えてくるから不思議だ。 なにがあるかな、なにを見れるかな。彼女がみている景色はどんなものだろう。知りたい。 尊敬する人が言って

スキ
6
    • 辛いときこそ、居場所を探し続けてほしい。

      勇気を出して外に顔を出した時、たまたまグイッと踏まれてしまった。「外の世界は怖い」たった一度踏まれただけなのに、全てがそうだと決めつけた。そんな危険な世界では、現状維持を選ぶしかなくて窮屈だったけれど、踏まれるよりはましだと思っていた。 一歩を踏み出す怖さ コーチングを受けるようになって気づいたことは、無意識のうちに自分自身を多くの固定概念で縛っているということだった。経験を学びに変えて、「そういうものだ」と色眼鏡をかけて世界を見ている。 「学ぶ」と聞くと、一般的にはポジ

      スキ
      8
      • 無駄だといわれても、私はその先をみていたい。

        最近仲のよい同僚とトラブルになった。私が大切だと思っていた業務を、同僚はそれほど大事だと思っていなかった。それゆえのすれ違い。 いわゆる種まきのような業務。成果に繋がらなければ、ただ手間がかかるだけの雑用なのかもしれない。 同僚から「その業務だけやっているわけではないから、そんなに力を入れる必要はないよ」とはっきり言われて、なんだか落ち込んでしまった。 同僚にとっては、なるべく手間がかからないことが大切。なるべく簡潔に済ませたいという気持ちも分かる、それも大切なこと。私

        スキ
        5
        • 華の金曜日は、推しの声で幕を閉じたい

          小学生の頃『ミニモニ。』を好きになったのが、私のオタク人生の始まりだったと思う。そこから舞台俳優にハマり、韓国や中国のアイドルへと関心は移り変わり、今は日本のグローバルボーイズグループを応援している。 元々の飽きやすい性格と、知らないものへの探求心の強さで、今回もまたスルッと沼に落ちてしまった。 私がハマっているアイドルグループは『INI』。韓国の大型オーディションの日本版『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生した11人グループである。 彼らのバ

          スキ
          3

          人生設定が『やや不幸モード』だった私へ。

          今年の2月から4ヶ月間、雑談企画『サクちゃん聞いて』に参加していました。全5回、合計450分。文字通り、あっという間に過ぎていく時間だった。 主催している桜林さんは200人以上の方と雑談をした、いわゆる雑談のプロ。それだけでも一度話してみたいと思うのだけど、ただ私にとってはそれだけではない。この雑談企画が特別なのは、桜林さんは私の憧れの存在だからだ。 どうして憧れなのか。こう書くとおこがましいと思われるかもしれないけど、私と桜林さんとは根本がすごく似ている。具体的にありの

          スキ
          7

          人生を振り返る旅。たくさんの愛とともに生きていく。

          あれもこれも、愛だったのかもしれない。 1ヵ月半のライフログスクール期間は、私にとって『愛された記憶を思い出す旅』だった。過去を振り返ることは、過去の自分と向き合うこと。終わった今感じているのは、大きな愛と感謝ばかりだ。 スクールを終えた今でこそ、そう思えるようになったけれど、以前までの私は自分のことを欠けた存在だと思っていたし、欠けているから愛されないと思っていた。(これが幼少期のトラウマから来ていることも、ライフログを通して知った)周りの顔色を窺って、求められたことに

          スキ
          15

          【イベントレポート】プレスリリース分析から、注目を集めるコツを見つけよう!

          「読んでもらえる記事って何が違うんだろう。どうやったら、多くの読者の目に留まる記事が書けるようになるんだろう。」 発信した経験がある方ならば、誰しも感じたことがあるのでないでしょうか。世の中にはたくさんの情報があって、その中から読者に選ばれるのは至難の技。 そこで今回SHElikes(女性のためのキャリアスクール)の広報チャンネル主催のイベント「夏の大研究!『魅力あるプレスリリース』とは?」に参加し、注目を集めるヒントを探ってきました。 プレスリリースは広報PRだけのも

          スキ
          3

          お金の使い方を振り返ったら、自分の心の声に気がついた。

          何にお金を使えば、私は幸せになれるのだろう。 趣味にお金を使うことは、自分を幸せにする方法のひとつ。 好きを追及するのは楽しいし、楽しさを共有できる場所は居心地がよい。 私自身も、コロナ前は趣味にどっぷりのめり込んでいました。 コロナ禍で人生の楽しみを失った 趣味は舞台・ミュージカル鑑賞で、2週間に1回は東京に行く生活を送っていました。幸せな時間と引き換えに、お金は泡のように消えていく。何ものにも代えがたい私の生きがいだから、お金を投資するほど充実した人生を過ごせているの

          スキ
          10

          【イベントレポ】未経験から憧れの広報PR職に。仕事の流れや具体的な施策のご紹介。

          華やかなイメージのある広報PRのお仕事。 女性も多く活躍しており、「私も挑戦してみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、実際どんなお仕事をしているのか、よく分からない部分が多いお仕事でもありますよね......。 そこで今回、SHElikes*1 のコミュニティーが開催するイベント『この話を聞いてみよう〜広報PR編〜』に参加し、未経験から広報PR職に転職されためいこさんにお話を伺いました。 ●めいこさん 広報コンサルアシスタント。出張手配専門の旅行

          スキ
          18