もる

小酒井不木研究サイト「奈落の井戸」(http://fuboku.o.oo7.jp/)やってます。時代の変遷とともに雑記はblogからnoteへ。

やさしい屍蝋のつくりかた

江戸川乱歩・小酒井不木往復書簡集『子不語の夢』に、「屍蝋」形成についての興味深いやり取りが見られます。といっても残念ながら、乱歩からの問い合わせの手紙は残ってお…

『ハイネ評伝』

小酒井不木の日記などを眺めていると、ドイツの詩人ハイネを愛読していたことがうかがわれます。  で、今回古書目録で見つけたのが藤浪由之(水処)著『ハイネ評伝』(洛…

国立国会図書館アーカイブより

こんな記事を発見。どちらも国立公文書館に保管されている文書です。 東北帝国大学医学部助教授小酒井光次仏国巴里ニ於ケル疾病及死亡原因ノ名称及統計形式一定ニ関ス…

座談会「憶い出の不如丘と不木」

『医家芸術』昭和48年2月号の話題です。 座談会「憶い出の不如丘と不木」 (出席者) 正木良一(正木不如丘氏実兄) 小酒井望(小酒井不木氏長男・順天堂医院長) 前田友…

「先生・女性・句碑」岡戸武平

『医家芸術』昭和48年2月号の話題。  もう小酒井不木の回想など飽きるほど書いている岡戸武平、折角だからまだ書いていなかった事を、というわけでしょう、不木の艶聞を…

新吉、電波に乗る

半七や佐七や若さま侍らがめざましい活躍を見せる捕物帳世界において、質量ともにマイナー感著しい大倉燁子の「新吉捕物帳」であるが、何と岡っ引きの新吉、ラジオドラマに…