まなびん

やあやあ。 株式会社entershareという会社で PASELLY( http://paselly.com/ ) というサービスを作っています。 滋賀と東京のデュアルライフやってます。

まなびん

やあやあ。 株式会社entershareという会社で PASELLY( http://paselly.com/ ) というサービスを作っています。 滋賀と東京のデュアルライフやってます。

    最近の記事

    今で住むべき場所はどこだろう?

    どもども1ヶ月の半分を滋賀県で暮らして、もう半分を東京で暮らすデュアルライフをしながらPASELLYを開発している西尾です。 東京では山手線の内側の都心のマンションで便利なところに住んでて、滋賀では最寄り駅まで徒歩40分で車がないと不便な郊外に住んでいます。 家の近所の田んぼ↑ でも、地方は車さえあればめちゃくちゃ便利で、買い物はイオンモールさえあれば大抵のことは事足りるし、国道には飲食店いっぱいあるし、庭でバーベキューしたりプールしたりできるし、ちょっと歩けば山とか川

      • アプリやウェブサービスを企画するときに考えること

        いろんなアプリとかウェブサービスを見たり、アイディアをもらったりしたときにに、そのアプリがどのくらいの確率でうまくいくのかをなんとなく考えたりします。アプリやサービスがうまくいくための要素には開発者や運営の情熱や努力などが最も大事と思いますが、ここでは一旦それを考えず、シンプルにアプリがウケるかどうかの要素を考えてみます。 市場が伸びているか例えば本屋を便利に探せるアプリというアイディアがあったとしても、紙の出版市場は毎年縮小しているので今後うまくいく可能性はどんどん低くな

        • 「終了しそうなサービス」と思われないようにしないといけない

          どもども相変わらずPASELLY育て中の西尾です。 ウェブサービス系のサイトを検索したりするとFacebookとかGoogleとかでそれ系の広告がガンガンでてきてリマケされてしまいますよね。 僕の場合はSaaS系のサービスをよく見るので、FacebookでSaaS系の広告をいっぱい見ることになります。SaaSってのはかんたんに言うとウェブのサービスで、昔はASPとか言われてたわけですが、人が当たり前のようにネットに繋ぐようになり、商品の提供よりもサブスクリプションでサービ

          • SaaSで課金するならいつ、いくら課金するべきか?

            PASELLYは無料で公開しているCRMです。 有料化する際にどういう戦略でどれくらいの金額にするかを考えるのは非常に難しい問題で、今のところコレといった答えがないのが正直なところです。 例えば月500円のサービスにしたとしたら1000社の有料課金してくれる会社を見つけてやっと50万円なんす。 カスタマーサポートやら営業やらそもそもの開発のコストを考えたら到底割に合う数字じゃないです。 「とりあえず赤字でも1000社集まってしまえば毎月課金されるので、長期的には採算合う

            PASELLYが寄付スパマーに利用されたので、利用国を制限した話

            こんばんわ、田舎暮らし中の西尾です。 PASELLYは無料で使えるCRM/SFAなのですが、サーバーやインフラのコストは従量課金で発生してたりします。まだまだアクティビティが少ないので無料で公開しても特に困ることがないくらいのコストですが、従量課金は使われれば使われるほどコストがかかるので一度に大量に使われると困ることになったりします。 また、メール周りは繊細で、雑にメール送信してスパム扱いされたらブロックリストに載ったりするので、大量送信する場合は注意が必要です。最近の

            最近のお仕事とかデュアルライフとかリモートワークとかの話

            どもども株式会社entershareの西尾です。 ここ最近考えてることと会社の事情を書いてみたいと思います。 entershareは僕が地元でだらだらフリーランスっぽいことをやってたときの屋号から考えるとちょっと長い歴史がありますが、東京で株式会社にしたのが2015年、人が入って会社っぽくなったのが2017年くらいです。 2018年あたりから未経験中心でしたが、10人弱くらいの人数になって開発とスマブラをするために集まる、部室感のある楽しいオフィス(詳しくは弊社ブログ参照

            ゲームが好きな人とCRM/SFAを作ってみたい

            どもども、毎日コツコツPASELLYの開発をしている西尾です。PASELLY上で商談を作成したり案件を作成したりできるようになりCRMの機能がどんどん増えてきました。 CRMって"マネージャ目線"だと「案件の進捗がどうなってる?」とか、「この商談に誰が参加したのか?」、「案件の成約期待値は?」などなど知りたい情報がどんどん登録されて便利なのですが、"社員(登録者)目線"だと、商談内容登録するのめんどくさいし、文章書くのめんどくさいし、そもそもサイトにログインすること自体がめ

            無料で使える顧客管理PASELLY(パセリ)β版のLPをリニューアルしました。

            ずいぶん前から、β版で公開しているPASELLYですが、2021年になりまして、ついにLPをリニューアルしました。 もともとは請求書や見積書の作成アプリとして完全に自分専用に作ったのですが、案件管理やフローの機能、問い合わせフォームの作成機能など、CRM/SFAぽい機能が増えてきたので、CRMとしてのLPにリニューアルしました。 過去の投稿を見返してみると3年前にもCRM作ろうとして頓挫した歴史があったりするのですが、やっぱり業務アプリ作るの好きなんすよね。 受託でも1

            ラーメンとパスタは一緒に食えない

            こんにちは。今日は湯ワークでワークしているです。 湯ワークはお風呂とワークスペースが合体した施設です。東京ならでは先進的な場所だと思っていたのですが、最近地元滋賀県にも琵琶湖座っつー素敵な温泉施設ができましてこちらもおすすめです。湯ワークの半分以下の金額なのでやっぱり今は地方がいいなーと思ったりします。 さて、ウェブのサービスを作っていると色んな人が色んなアイディアを出して、それをプログラミングして作っていって、考えたものができていく工程が楽しかったりします。 でも、で

            働き方とかビジョンとかミッションとか

            こんばんわ、オフィスがなくなりそうなので、自宅のデスクをDIYしようとして失敗したっぽい株式会社entershareの西尾です。DIY用にホームセンターで買った集積材がやらかすぎて強度の弱いデスクになってしまいました。。。 なかなかうまくいかないもんですね、、 さて、先日オフィスがいらない記事を投稿したのですが、それに伴って人の働き方も大きく変わってきたなぁと思う昨今です。 エンジニア的な仕事の場合、スキルのある人材ならプロジェクトごとに集まって終われば解散するギルド的

            オフィスが不要になってきたのでオンライン上にオフィスを作ろうと思う

            どもども、株式会社entershareの西尾です。 株式会社entershareは新宿にある開発会社です。 ウェブサイトとかシステムとかアプリを開発で、もともとオフィスなくてもできる仕事をやっていることもあり、オフィスの必要性ってあまりなかったんですが、やっぱり人が集まるオフィスって結構楽しいんですよね。 仕事にオフィスの必然性がなくても、人が集まる場所があるだけで意味があったりします。(株式会社entershareのオフィス遍歴は自社サイトの過去ブログを見てみてください

            2年ぶりに自社サービスを開発してるです。

            やあやあ、株式会社entershareの西尾です。 気がつけば約2年ぶりの更新となってしまいました。 過去のnoteを見てみると、2年前も自社サービスを開発しようとしていたようですが、意思が弱い僕はすっかり放置しちゃってますね。 自社サービスて、最初は手弁当赤字が続いてその後で取り返すことが多いので、強い意思だったり、外部からの力みたいなのがないと続けるのがしんどいんですよね。 さて、2年前すっかり放置してた自社サービスですが、最近PASELLY(パセリ)というサービ

            受託が忙しく自社サービス開発できないので開発メンバー募集!

            ちわちわ、だらだらと成長しているウェブ会社、株式会社entershareの西尾です。 9月バリバリと自社サービスを開発してたのですが、10月に受託開発が忙しくなりすっかりペンディングしちゃってます_:(´ཀ`」 ∠): うちは元々、営業の弱い開発会社なので基本きた仕事を断らないスタンスなんすよね。 んで、最近やってる受託仕事もブラウザゲーム開発とか業務用モバイルアプリとか若干重めのが多く、未経験出身が多いうちのメンバー的にもヘビーなので基本張り付きっぱなしになってしまっ

            サービスの名前が "conect" に決まりました。

            やあやあ、株式会社entershareの西尾です。 名前をつけるのって難しいですよね、、コードを書くよりもデザインするよりも名前をつけるが一番難しいです。 硬すぎると敬遠されるしダメだし、ゆるすぎると長期間使うユーザーの信頼が得にくいのでダメだったりします。 Twitterで公募しました。 そんなわけで、connectになったのですが、名前が長すぎるので簡単に「conect」にしました。ユーザと顧客を結びつけたり、API経由で様々なサービスを結びつけたりできるイメージ

            受託中心の会社が自社サービスをはじめます。

            どもども、株式会社entershareの代表の西尾です。 株式会社entershareは主に受託でウェブのシステムを作っている新宿で一番ごきげんな会社です。Ruby on Railsを中心に小さなサイトから大きなサイトまで、マッチングサイトから業務アプリまで幅広くやっています。 最近は某テーマパークのアプリのバックエンドを作らせて頂いたり、ブロックチェーンを使ったゲームのサイトに関わらせて頂いたり、炎上したりと楽しくやっています。 株式会社entershareはもともと