山下実紗

企画、建築、デザインで、人、企業、地域の今を再編集する、ちいき会社の理事。東京と長野の二地域暮らし1年目。東京有楽町のソーシャルバーの店長。自分の足で生きていくこととは何か、最近よく考えています。

イマドキの女子高生は、電車で枝毛を探すか?ナニモしないってなんだっけ

電車に乗っているとき、ふと外の世界が気になる。携帯や本から目を離した状態で座っているが、なんだか目線が定まらず、心もとない気持ちになる。 例のごとく、ギリギリ…

銀座のソーシャルバーの店長になってもうすぐ2年。3時間かけて通い続ける理由、居場所づくりについて考える。

地球がうごめいている。去年、東京から長野に移住して、寒がりの私にとって辛すぎる冬を経験してからの春は本当に美しい。一気にまちがカラフルになり、「起きました!」と…

わたしが思うZ軸の世界①シェアハウスで子育て

最近、答えがX軸にもY軸にもないとき、私なりのZ軸の世界を探すことにしている。いま東京と長野で二地域暮らしをしている。それぞれに、やりたいこと、関わりたいコミュニ…

Xでも、Yでもない、Zな世界をみたい

3年前、ちょうど一目惚れで入った会社で働き始めた頃。 入社して1年経ったくらいだったと思う。一生懸命、満員電車に乗って通ってた。 モヤモヤするまいにち。 上手く言…

日常をつくるためのたった1日限りのマーケット(トビチマーケット)

2019年12月7日(土)長野県・辰野町で開催した、たった1日限りのマーケット:トビチマーケットが終了した。 「トビチマーケット」は、10年後の商店街の未来が1日だけやっ…

自分の足で生きていく

小さな突起の「イガ」が特徴的な金平糖。あの小さな星型のお菓子ができるのに、実は3週間近くかかるという。 ゆっくり育て上げるように、長い間転がしてつくる金平糖だが…