みさと新報【宮城県美里町】

宮城県北部に位置する美里町(みさとまち)の人やイベントなどを取り上げて発信します。取材…

みさと新報【宮城県美里町】

宮城県北部に位置する美里町(みさとまち)の人やイベントなどを取り上げて発信します。取材・撮影・執筆は地域おこし協力隊が務めています。▶︎▶︎https://linktr.ee/misatomachi_kyoryokutai

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【町民ライター募集!】この『みさと新報』で、記事を書いてみませんか?

こんにちは。美里町地域おこし協力隊の大村です。 遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。2024年も『みさと新報』をよろしくお願いいたします。2022年4月の開設から、美里にまつわるさまざまな記事を発信してきましたが、これからも変わらずお送りできればと思います。 さて、今回はみさと新報として新たなチャレンジのお話です。 町民ライター募集!ずばり「みさと新報で記事を書いてみませんか?」です。これまでは地域おこし協力隊を中心として記事を書いてきましたが、今年は

    • 【おしらせ】2月上旬は東京へ出張予定! 美里町の移住に関するイベント情報。

      こんにちは。宮城県美里町地域おこし協力隊の大村です。 2024年もあっという間に1ヶ月が経とうとしていますね。いかがお過ごしでしょうか。さて今回は、美里町が参加・主催するイベント等についての情報をお届けします。 【1/18(木)〜2/7(水)】みやぎの自治体発見プログラム2023まずは県内の大学に通う学生たちに向けた『みやぎの自治体発見プログラム2023』。「県内の市町村のことを知りたい」という学生がその魅力や特色を発見できるよう、各自治体がSNSや動画の情報をまとめて発

      • 【コラム】初開催の「感謝祭」が終了!充実の2023年、ありがとうございました。【みさすてβ#8】

        こんにちは。宮城県美里町の地域おこし協力隊が、活動や地域にまつわるコラムを綴る「みさすてβ」です。今回は、美里出身で協力隊2年目の大村がお送りします。 感謝祭、無事終了しました。12月23日(土)、美里町中央コミュニティセンター3F大ホールにて「美里町地域おこし協力隊『感謝祭』」を行いました。 協力隊から地域の方々へ、2023年の「ありがとう」を伝えるイベントとして初開催。4人の隊員が会場で各ブースを展開して、活動の紹介や体験を行いました。また、来場者限定のプレゼントとし

        • サンドウィッチマンが美里にやってきた! 今ならTVerでチェックできちゃいます。

          こんにちは。宮城県美里町の地域おこし協力隊がお送りする『みさと新報』です。 皆さん、今月16日(土)の『サンドのぼんやり〜ぬTV』は見ましたか!美里町南郷地区が取り上げられていましたね! サンドのぼんやり〜ぬTV宮城県民にはおなじみ、仙台出身サンドウィッチマンの冠番組。毎週土曜日の夕方に放送されており、調べてみると彼らがM-1グランプリを制した翌年の2008年からスタートしていたようです。 今回は、県内のまちの良いところや面白いもの、名物キャラなどを勝手に登録するコーナ

        • 固定された記事

        【町民ライター募集!】この『みさと新報』で、記事を書いてみませんか?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • みさすてベータ
          みさと新報【宮城県美里町】
        • みさすてプラス
          みさと新報【宮城県美里町】

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          小牛田駅前イルミネーション2023~心上向く、光の輝き~

          こんにちは!宮城県美里町の地域おこし協力隊の桜井です。 12/9(土)に小牛田駅前にて、イルミネーションイベントが開催されました!当日は少し冷え込んだ日でしたが、天気にも恵まれ素敵な1日になったと思います◎ 冬になったことを知らせてくれる夜のキラキラ。 手は冬の空気で乾燥してカラカラ。 私とみんなの輪で心はポカポカ。 (ちょっと韻を踏んで読んでみてね。) 当日は、ハンドメイド作品やお菓子などがテントの下で販売された「今日だけ横丁」や、県内から牛串やクレープなどのお店が並

          小牛田駅前イルミネーション2023~心上向く、光の輝き~

          【告知】地域おこし協力隊「感謝祭」のお知らせ。来場者限定のプレゼントも用意してお待ちしてます!

          こんにちは。宮城県美里町の地域おこし協力隊がお送りする『みさと新報』です。今回は、とあるイベントのお知らせについてです。 12月23日(土)、協力隊から町民の皆さんへ1年間の感謝を伝える「感謝祭」を開催します。昨年度は行っておらず、今年度初めて開催するイベントです。大村はドキドキワクワクしてますよ。もちろん良い意味でね。 隊員ごとの計4ブースが登場!さて、内容としては、美里町中央コミュニティセンターの大ホールを会場に、4人の隊員がブースを展開します。すなわち4つのブースで

          【告知】地域おこし協力隊「感謝祭」のお知らせ。来場者限定のプレゼントも用意してお待ちしてます!

          宮城県内の現役協力隊・OBOGが集結! 「第2回みやぎ地域おこし協力隊フェス」。

          11月30日と12月1日、宮城県庁で「第2回みやぎ地域おこし協力隊フェス~『拝啓 縁あって参りました』~」が行われ、美里町からは3人の協力隊が参加しました。 宮城で活動する協力隊が一堂に会する同イベント。現在、県内では25市町(11市14町)で158名の協力隊が活動しており、今回は現役・卒隊生を合わせて50名以上の隊員が集まりました。 美里町は「薔薇の販売・ニュースポーツ体験」を行い、来場者と交流しながら活動をPR。生花として店頭に並んだ薔薇は両日お昼頃には完売し、ボッチ

          宮城県内の現役協力隊・OBOGが集結! 「第2回みやぎ地域おこし協力隊フェス」。

          こどもだけでなく大人もハッスル! 盛り上がりを見せた「スポ少交流会」。

          いつもお世話になっております!宮城県美里町の地域おこし協力隊、桜井です! 12月3日(日)に美里町トレーニングセンターで、「スポ少交流会」というイベントが開催されました。内容は名前のまんまで、美里町にあるスポーツ少年団がさまざまなプログラムで交流をするというもの。 これを聞くだけでも、なかなか素敵な取り組みだと思いませんか??学校で会っている同じコミュニティの友達が、別の団体コミュニティ同士でイベントに参加する。私がこどもの立場だったら、きっとワクワクするなぁと思ってしま

          こどもだけでなく大人もハッスル! 盛り上がりを見せた「スポ少交流会」。

          【コラム】人が集まれば何かが生まれる。僕は「焚き火」にハマってます。【みさすてβ#7】

          どうも、こんにちは。美里町地域おこし協力隊の大村です。 突然ですが僕は、今年の7月から焚き火を始めました。キャンプではありません、焚き火です。最近は身の回りの小さなコミュニティで自分の代名詞になりつつあるなと、そういった密かな自覚も芽生えています。 ということで今回は、僕にとっての焚き火を書いていきたいと思います。 「対話」という言葉との出会い。まず話は協力隊に着任する前の2021年にまで遡りまして、僕はずっと「みさと大学」なる、いわゆる地域大学を設立したいと思っていま

          【コラム】人が集まれば何かが生まれる。僕は「焚き火」にハマってます。【みさすてβ#7】

          【編集後記】地域おこし協力隊通信を発行!12月下旬の「感謝祭」もよろしくお願いします。

          どうも、こんにちは。美里町地域おこし協力隊がお送りする『みさと新報』です。久しぶりに更新する間に、すっかり寒くなりましたね。つい昨日には美里でも雪が降りました。 さてさて今回は、広報みさと12月号と共にお届けした『地域おこし協力隊通信 みさとってすてきだねプラス(通称みさすてプラス)第6号』についてお送りします。 みさすてプラスとは毎月発行されている広報みさとに、僕たち協力隊は「地域おこし協力隊の美里ってすてきだね」というコラムを書かせてもらっています(そちらもぜひチェッ

          【編集後記】地域おこし協力隊通信を発行!12月下旬の「感謝祭」もよろしくお願いします。

          【コラム】まちづくりワークショップ開幕。まちを想う人は、すでにいました。【みさすてβ#7】

          どうも、こんにちは。宮城県美里町の地域おこし協力隊の大村です。 最近、宮城県の「みやぎ移住・交流ガイド」というWebサイトに、“先輩移住者”として取材された記事が公開されました。せっかくの機会、ぜひチェックいただけると嬉しいです。 さてさて、今回はまちや活動にまつわるコラムを綴る「みさすてβ」をお送りします。 まちづくりワークショップを実施。10月14日(土)、美里町中央コミュニティセンターにて「まちづくりワークショップ」を開催しました。 美里やまちづくりに興味を持

          【コラム】まちづくりワークショップ開幕。まちを想う人は、すでにいました。【みさすてβ#7】

          「紫色の空」の正体、次世代型レタス工場「美里グリーンベース」を見学して来ました。

          みなさんは8月上旬に話題となった、「紫色の空」を覚えていますか? 美里町で撮影された紫色の空の写真がX(旧Twitter)に投稿されると、「魔王が降臨しそう」「神秘的」と注目を集めました。 ではその紫色の空とは何だったのか。どうやら正体は「美里グリーンベース」というレタス工場で使用されているLEDライトでした。 その話に入る前にまずは、「美里グリーンベース」を紹介します。株式会社舞台ファームが運営するこの工場は、日本最大級の次世代型レタス生産植物工場であり、2021年の

          「紫色の空」の正体、次世代型レタス工場「美里グリーンベース」を見学して来ました。

          【国際交流】農業体験からのオータムフェスタ。東北大学から8名の外国人留学生が美里町を満喫。

          9月30日(土)、宮城県国際化協会が主催する「みやぎのふるさとふれあい事業」として県内の8名の外国人留学生が美里町に訪れました。 宮城県に暮らしている外国人住民を対象としたこの取り組みは昨年に引き続き南郷地域の「菜園レストラン野の風」で行われ、美里町国際交流協会のメンバーが企画・運営。中国やパキスタン、イタリアなどさまざまな国にルーツを持つ留学生はいずれも東北大学に通っており、この日の朝に仙台市から訪れました。 留学生たちは到着するやいなや、長靴に履き替えて田んぼへ。「野

          【国際交流】農業体験からのオータムフェスタ。東北大学から8名の外国人留学生が美里町を満喫。

          7組20名の親子が参加。親子サークルと地域おこし協力隊のコラボ企画「移住者交流会」。

          9月24日(日)、駅東地域交流センターで「いも煮交流会〜第2回みさと移住者交流会(仮)〜」が行われました。 地域おこし協力隊の大村が主催する移住者交流会と、美里の親子サークルぶっくしぇるふのコラボ企画。普段は「菜園レストラン野の風(南郷)」の運営などを行い、今回ゲストとして参加した伊藤惠子さんの指導のもと、移住者と親子サークルの皆さんが芋煮とおにぎりを作りました。 集まった参加者は、7組20名。4つのテーブルに分かれて、和気藹々とコミュニケーションを取りながら調理を進めて

          7組20名の親子が参加。親子サークルと地域おこし協力隊のコラボ企画「移住者交流会」。

          【町内イベント】地域おこし協力隊が企画し、中学生が運営した「ユニバーサルスポーツフェス」。

          9月23日(土)、駅東地域交流センター前の2号公園で「ユニバーサルスポーツフェス」が行われました。 今年4月に地域おこし協力隊として着任し、スポーツの振興と健康づくりというミッションに取り組む桜井が企画。そして、このイベントは不動堂中学校3年生総合学習のプログラムのひとつにもなっており、一部の生徒の皆さんが運営を担いました。 年齢や性別、障害の有無、スポーツの得意・不得意等に関わらず誰もが楽しめるユニバーサルスポーツ。今回はボッチャ、バッゴー、ラダーゲッター、モルック、イ

          【町内イベント】地域おこし協力隊が企画し、中学生が運営した「ユニバーサルスポーツフェス」。

          【コラム】絶賛ランナー募集中。4年ぶりに「ひとめぼれマラソン」が行われます。【みさすてβ#6】

          突然ですが、今年の11月3日(金)は何の日かご存知ですか。文化の日?まあまあ、それも不正解ではないかもしれません。ただ、今回の記事においては正解でもありません。 そうです、美里町で「ひとめぼれマラソン」が行われます。第28回となる今回は、4年ぶりの開催となります。 ひとめぼれマラソンと僕。美里出身の僕にとっては、子どもの頃からおなじみのマラソン大会です。もう約20年前になる小学生の頃、親子の部2kmに母親といっしょに出場しました。今も実家には、当時もらった大会オリジナルの

          【コラム】絶賛ランナー募集中。4年ぶりに「ひとめぼれマラソン」が行われます。【みさすてβ#6】