見出し画像

精神が死んでいく月

2021年4月=【9】の月は、自分の内側から出てくるものを、そのまま感じていてほしいな、って思っています。


多くの人にとって、今月は「潜在意識の引っ越しの時期」だと私は捉えているんですが、引っ越しには断捨離がつきもの。

屋根裏部屋にこんなものがあった!タンスの奥から何か出てきた!なんてこともあるはずで。


潜在意識さんの声を言葉にするなら、「もういらないんじゃない?」とか、「もう放してもいいよね」って言っていて。

なんなら「このパターン、もう飽きたなぁ」って場合もあるかもしれません。笑


それも全部、「今まで」を終わりにして、「これから」を始めるため。


だから今、もう次のステージに進む時だと気づくために、今までとは質の違う現象や体験、内なる気づきや変化を引き寄せている人も多いはず。


ハリボテやメッキが引き剥がされるような感覚を感じて、向き合いたくない、逃げたい、怖い、が湧き上がっている人もいると思います。


気づけば脱皮していて、心身共に軽くなった感覚を感じて、何者でもない、名前の付けられない自分っていう、不思議な浮遊感を体験している人もいるかもしれません。



どちらにしても、その先が見えない。どうなるかは分からない。でも、それが正解です。


「旧」から「新」へ。どうしたって、精神が死んでいくときなんです。


こんなときにオススメなのは、必死になって掴んでいたハンドルから手を離して、「もういいんだ」って委ねてみること。


思考や理解を越え、コントロールできる範囲を越えた【9】の世界が教えてくれること。

それは、手を離しても、あなたの潜在意識はちゃんと動いてくれているということ。

最適なルートで、最適な速度で、最適な場所へ、あなたを運んでいってくれているということ。


画像1


思考で何かを変えようとするのを止めたとき、

最後には、良いでも悪いでもなく、「ただ命だけがある」ということを知ることになります。


祓われて、禊がれて、不要なものがずるりと脱げ落ちて、一番中心に残った裸の核。


それは、名前や役割、性別などの「レッテル」もなく、意味や価値があるかないか、なんて「評価」とはまったく無縁な領域にある、圧倒的な生の塊。


それを論理的に説明するとどう言えるのか、分かりやすく言葉にするならどうなるのか。それは、今は必要なくて。



理解しようとすることを、やめるだけでいい。

コントロールしようとする力を、抜くだけでいい。

それだけで、すべてはちゃんと回りだす。


私たちは、そのことをいつだって知っています。ただ、忘れていたり、見えなくなっているだけで。


だから今はただ、あるものをあるままにとらえて、感じ続けて、今ここにあり続けてみてください。


「すぐに答えを出そうとしなくていい」と、自分に言ってあげてほしいんです。


答えを出すこと、どこかにたどり着くことは、生命の本質ではないから。


感じること、手放すこと、安らぐことを、自分に許してあげてくださいね。その先に、ようやく見える、感じられる、繊細な世界があります。



5月は【1】の月。「これから」が始まっていきますね。


でも、私自身もその前に、「今まで」の声に耳を傾けて、静かにそれらと共にあっていたいと思っています。


それも、愛だと思うから。


画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
数秘⑧ 貪欲さも、プライドの高さも、最高の燃料になってくれる。
9
NY州立大卒の占い師。「目の前の大切な毎日を、自然体の自分でのびのび生きられる世界」をスタンダードに。潜在意識下に眠る才能や魂の願いを紐解き、ありのままの自分で生きるライフプランニングをサポートしています。北米・北欧での生活を終え、千葉で夫と畑のある暮らし。福岡出身。旅が好き♪