梶川三枝~「スポーツの力で社会を変える」社会起業家~

☆スポーツの社会的責任デザイナー☆世界初のスポーツビジネス大学院卒|日本人女性初のNB…

梶川三枝~「スポーツの力で社会を変える」社会起業家~

☆スポーツの社会的責任デザイナー☆世界初のスポーツビジネス大学院卒|日本人女性初のNBAインターン|EY Groundbreakers Award受賞|英国王立技芸協会フェロー|TEDx/NCAA FinalFourTalks登壇🏠愛知出身⇒パリ⇒東京⇒OH⇒MI⇒NY⇒東京

最近の記事

史上初の「世界バスケットボールデー」世界の動きまとめ🏀~後編~

2023年12月21日、史上初の「World Basketball Day」を世界がどう祝したか、について昨日書きました。 https://note.com/miekajika/n/n4317fa80ac8d 今日は、世界の主要バスケットボール団体以外の動きも含めて、ズームアウトした感じで、もう少し世の中の動きを追ってみたいと思います。 1)英国バスケットボール協会 英国って、バスケ界ではあまり聞かないと思いますが、さすが18世紀に世界を制した国、内容のきちんと感がす

    • 史上初の「世界バスケットボールデー」世界の動きまとめ🏀~前編~

      2023年12月21日は、史上初の「World Basketball Day(世界バスケットボールデー)」でした。チームスポーツで国連の記念日に認定されたスポーツはバスケットボールが初、ということで、(日本ではまだあまり広くは知られていないかもしれませんが)国際的には注目を集めています。 12月21日は、1891年に米国マサチューセッツ州のスプリングフィールドの国際YMCAトレーニングスクール(現:スプリングフィールド大学)で世界で初めてバスケットボールがプレイされた日とし

      • FIBAワールドカップとリーダーシップ(後編)

        日本バスケ男子代表のオリンピック大会自力出場という歴史的快挙に際し、リーダーシップの切り口から印象的だったことを記録しておく個人的メモの後編です。 前編では、トム・ホーバスHC、渡邊雄太選手、Bリーグチェアマンの島田慎二氏のリーダーシップについて書きました。 後編では、日本バスケ界におけるガバナンスの“歴史的快挙”を成し遂げた2人のリーダーについて改めてご紹介したいと思います。 「Bリーグの父」パトリック・バウマン氏 バスケ界以外ではご存じの方は少ないかもしれませんが

        • FIBA ワールドカップとリーダーシップ(前編)

          今月初旬に凄まじい熱狂とともに成し遂げられた歴史的偉業、日本バスケ男子代表の「48年ぶり五輪自力出場」について、興奮が完全に冷めやらぬうちに、リーダーシップという観点から振り返ってみたいと思います。 ミニバスから大学までバスケ部で、青春をバスケに捧げた(笑)一バスケファンとして、またバスケ界分裂時代からユニークな立場で日本バスケ界の発展を応援してきた経緯も含めながら、思うところを記録しておきたいという意図で、個人的なメモです。 前編は、まず現場で歴史的勝利をつかみとるため

        史上初の「世界バスケットボールデー」世界の動きまとめ🏀~後編~

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Write to Deal
          梶川三枝~「スポーツの力で社会を変える」社会起業家~
        • Speak to Lead
          梶川三枝~「スポーツの力で社会を変える」社会起業家~
        • SSRプレミア
          梶川三枝~「スポーツの力で社会を変える」社会起業家~
        • Wildly Sophisticated〜逞しく、しなやかに
          梶川三枝~「スポーツの力で社会を変える」社会起業家~

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          国際女性デー&女性史月間グローバルスポーツ・バスケ界のアクション紹介

          <Her Pivot コラム寄稿> 毎年3月8日の国際女性デーは、「女性の貢献と活躍を称え、ジェンダー平等を目指す日」とされていますが、米国では3月全体が「女性史月間」として活発な発信が続きます。 私が代表を務める Next Big Pivot という団体が主催するスポーツビジネス界での女性活躍推進活動「Her Pivotプロジェクト」では、3月24日に初開催となる "Her Pivotフォーラム”をオンラインで実施しましたが、新年度初回の Her Pivot コラムは、

          国際女性デー&女性史月間グローバルスポーツ・バスケ界のアクション紹介

          国際女性デー2022に寄せて ~感謝の気持ちは未来に伝えなさい~

          今日は、国際女性デー。国や民族、言語などを問わず、女性たちが達成してきた功績を祝福し、ジェンダー平等を考える日です。 昨年は、日本スポーツ界の事件を機に日本社会が大きく前進した年で、希望をもって迎えたことを記憶していますが、今年は、勇気と感謝をもってこの特別な日を迎えています。 今年度から始動した、スポーツビジネス界の女性活躍推進を目指す「Her Pivot プロジェクト」がどんどん広がって、ムーブメントになりつつあるからです。 「Her Pivot プロジェクト」は、

          国際女性デー2022に寄せて ~感謝の気持ちは未来に伝えなさい~

          バスケ界の歴史的統合を機に設立「日本バスケの進化」を目指す Next Big Pivot ~「スポーツの力で社会を変える」事業・活動紹介後編その2~

          「スポーツの力で社会を変える」事業・非営利活動の全体像をご紹介するシリーズ、非営利活動後編は、日本バスケットボール界の歴史的統合を機に設立した一般社団法人 Next Big Pivot です。 私が代表を務める3つめの組織の活動は、バスケットボール分野に特化したもので、これまでご紹介した株式会社 Cheer Blossom を設立し Sport For Smile の活動を開始した2010年から5年後に設立したもので、実は若干設立の背景や趣旨が異なります。 というのは、も

          バスケ界の歴史的統合を機に設立「日本バスケの進化」を目指す Next Big Pivot ~「スポーツの力で社会を変える」事業・活動紹介後編その2~

          スポーツから最も遠い人々にスポーツの力を届ける Sport For Smile~「スポーツの力で社会を変える」事業・活動紹介後編その1~

          先回の弊社事業説明に続き、今回は「スポーツの力で社会を変える」を体現するために私が実施している非営利活動について、2つの団体をベースに前編と後編に分けてご紹介します。 まず前編では、一般社団法人 Sport For Smile のこれまでの活動と現在のプロジェクトラインについてご説明します。 実は、現在は「非営利徹底型の一般社団法人」として法人化していますが、2010年に弊社(株式会社 Cheer Blossom)設立と同時に活動を開始しており、2018年6月に法人化しま

          スポーツから最も遠い人々にスポーツの力を届ける Sport For Smile~「スポーツの力で社会を変える」事業・活動紹介後編その1~

          「スポーツの力で社会を変える」事業・活動紹介(前編)

          怒涛のオリンピックイヤーが終わり、やっと少し落ち着いたのと、今日はしし座の満月、一粒万倍日の大安、且つマイケルジョーダン氏のお誕生日でもあるとのことで、物事を始めるのに最高に縁起が良い日なので、遅ればせながら私の事業と活動についてまとめさせて頂きます。 私のライフワークは一貫して「スポーツの力で社会を変える」というものですが、事業や活動は多岐にわたっており、友人知人からも「何をやってる人なのかよくわからない」と言われます(苦笑)。ですので、よく講演や取材のご依頼を頂いた際に

          「スポーツの力で社会を変える」事業・活動紹介(前編)

          小学4年生で級長になった話 ~国際女性デーに寄せて~

           今日は国際女性デーです。世界のSNSフィードが毎年この日にすごいことになっていることは認識し、私自身も非営利活動でスポーツビジネス界の女性活躍支援プロジェクトをいくつか実施しているので発信に努めてきましたが、今年ほど新鮮な気持ちで、希望をもってこの日を迎えられたことはありません。   日本社会が男女平等に向けての歴史的な一歩を踏み出した記念すべき年の国際女性デーに、初心に立ち返り、私が人生で初めてリーダーになった時のお話を書いてみたいと思います。   今の私をご存じの方

          小学4年生で級長になった話 ~国際女性デーに寄せて~

          7年越しの初投稿

          実はアカウントをつくってから、約7年の月日があっという間に流れてしまいましたが、今月弊社設立&Sport For Smile 活動開始10周年という節目に、ようやくこの note での投稿を開始します。 アカウント開設当初は、現在のような機能はなくて、どちらかというとクリエイターがメインという印象が強く、見たい情報にたどり着くのに時間がかかりそうな構造も気になったりして、なかなか投稿に至りませんでした。 数年前くらいから、また投稿の準備は進めておりましたが(プロジェクトグ