見出し画像

メルペイデザインチームでリサーチャーとデザイナーがコラボしやすい3つの理由

こんにちは。メルペイのデザインチームでUXリサーチャーをしている草野(keiny)と松薗(mihozono)です。

メルペイのデザインチームに専任のUXリサーチャーがジョインしてから1年になります。チームのなかでリサーチャーとデザイナーは、お客さまの「なめらかな体験」の実現に向けて密にコラボレーションをしています。そこでこの記事では、なぜ両者がコラボレーションしやすいのか?その理由について考えてみたいと思います。

デザインチームの中にUXリサーチチームができた経緯

メルペイでは、会社設立当初からPM(プロダクトマネージャー)が毎週のペースでUXリサーチを行っていました。ただ、新規事業フェーズでPMが担当する業務は多岐にわたり、決済サービス特有の法律やインフラとしての難しさもあったため、リサーチを兼務で行うことは大きな負荷になっていました。そこで専任のUXリサーチャー採用がはじまり、2018年11月に1人目、2019年1月に2人目がジョインし、現在は2名体制となりました。このように、メルペイではもともとリサーチをする文化が根付いていたことがチーム発足の大きな理由です。

スクリーンショット 2019-11-25 15.21.10

コラボしやすい理由その1:どこまでも手が伸ばせるオープンなコミュニケーション文化

まず、なんといってもメルペイの文化で良いところは、手を伸ばせばどこまでもコラボレーションの機会が広がっていることです。例えばSlackのチャネルは基本的には公開設定になっているので、リサーチが必要そうな案件を探して声をかけることもできます。ジョインしたばかりのころはSlackを見て回って、こんな調査できますよ〜とメンションしてコラボレーションが始まったりしていました。

たとえば、こんな感じです。

スクリーンショット 2019-11-28 14.17.03

コラボしやすい理由その2:「All for one」というバリューの体現

2つ目の理由は、メルカリのバリューである「All for one(すべては成功のために)」をチームが体現していることです。

定性が得意なUXリサーチャーと定量が得意なデータアナリストがコラボレーションし、メルペイのお客さまを理解するための調査をしたり、毎週実施するUXリサーチデイでは、デザイナーやPMなどからさまざまな依頼を受け、調査したりしています。

UXリサーチデイでは、インタビューやコンセプト評価、ユーザビリティテストなどを実施しています。調査ではお客さまが直接アプリを操作する姿をデザイナーやPMがリアルタイムで見ながら、どうしたらより良いデザインができるかをわいわい議論したりします。そこで得られたヒントをもとにデザインを更新して、次のUXリサーチデイでまたお客さまに見せる、という反復デザインのプロセスができています。

このプロセスにおいて、UXリサーチャーは「デザイナーが良いデザインを作り上げるためのヒント」を得るお手伝いをしているといえます。また、デザイナーはUXリサーチャーがより良いリサーチをするための優れた道具(プロトタイプ)を作ってくれているともいえます。このように、デザイナーとリサーチャーは、お互いの仕事において重要な役割を担っています。「みんなは一つの大きな成功のために一丸となる」という仕事スタイルが、しっかり根付いています。

画像3

コラボしやすい理由その3:ミッションに共感するメンバーの想い

3つめの理由として、「信用を創造してなめらかな社会を実現する」というミッションのもとに、キャッシュレス社会を牽引する豊かな体験をお客さまに提供したい、というメンバーの想いがあります。そのような想いが、人を数字として理解するだけでなく「人を人として理解したい」という動機にもつながっています。

また、それは社内においても同様です。メルペイでは360度評価(ピアレビュー)を採用しているので、良い仕事に感謝しあったり、直すべきところを教えあったりする文化があります。社員同士についても「人となり」を見ようとする姿勢があります。

おわりに

今回は、UXリサーチャーがデザイナーをはじめとしたチームメンバーと「なめらかにコラボレーションできる理由」を考えてみました。

おかげさまで、リサーチャーとのさまざまなコラボレーション機会が増えました。もっともっとやりたいこと・やるべきことはたくさんあるのですが、なかなか手が足りない状態です。

メルペイでは、UXリサーチャー、プロダクトデザイナー、プロダクトマネージャーなどを採用しています。メルペイの目指したい社会やバリューに共感した!という方は、ぜひUXリサーチャーとして一緒にコラボレーションしていけたら嬉しいです!

ここまで読んでいただきありがとうございました。今後ともメルペイをよろしくお願いします。

関連記事
「メルペイに『専任UXリサーチャー』がいる理由は?メンバー自らがチーム発足1年を振り返る」

https://mercan.mercari.com/articles/18349/

メルペイではUXリサーチャーを募集しています。一緒に働きませんか?

https://apply.workable.com/mercari/j/14C5A93192/

執筆・図版作成:草野こうき(keiny)、松薗美帆(mihozono)
編集タイトル画像作成:crema
励みになります!
42
メルカリとメルペイがお届けするデザインにまつわる公式ブログです。クリエイティブやデザインについてのあれこれをお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。