安田峰俊

中国ルポライター。立命館大学人文科学研究所客員協力研究員。『八九六四』(KADOKAWA)が第5回城山三郎賞・第50回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。近著『性と欲望の中国』『もっとさいはての中国』ほか著書多数。Amazon: https://amzn.to/37AWMdn
    • 片手間で教える文章講座
      片手間で教える文章講座
      • 8本

      片手間で教える文章講座です

片手間で教える文章講座8 ネット中傷のコツ

2020年5月のテラスハウス出演者の自死事件からこのかた、世間ではネット中傷問題についての話題が盛り上がっている。この件については、私も一家言があるので語らせていた…

片手間で教える文章講座7 インタビューのコツ(後編)

ちょっと時間が空いてしまったが、前回に引き続き、インタビューのコツを思いつくままに書いていこう。 わからない話のパターン インタビューの際に、相手側の話が自分に…

片手間で教える文章講座6 インタビューのコツ(前編)

先に書いておくと、私はもともとインタビューが不得意だった。 そもそも、私は過去にライター学校に通ったりマスメディアに就職したりした経験がないので、取材のノウハウ…

片手間で教える文章講座5 バズるWeb記事を書く技術

私は紙媒体での執筆が多い。書籍は10冊以上書いたし、主要週刊誌は女性誌を除いてほぼ全紙で執筆経験がある。月刊誌も『文藝春秋』だの『中央公論』だのの大手どころはたい…

片手間で教える文章講座4 読み飛ばされない「ユニバーサル日本語」表現術

私は安田峰俊。プロのルポライターをやっている者だ。これまでに引き続き、2020年現在の日本語ネイティヴにとって最も読みやすく、文意が容易に伝わる書き言葉「ユニバーサ…

片手間で教える文章講座3 「ユニバーサル日本語」の校正法と表記のコツ

「バズるWeb記事の作り方」という記事を書きかけたが、思った以上に人間感情の闇に踏み込んだ(要するにゲスい)内容になったので中断する。「片手間で教える文章講座」は…