Kenta Tsukamoto

研修医1年目。大学1年夏、初めての海外でインドを訪れて人や医療、教育の場に触れたことが考え方や行動に変化をもたらす。 子ども/教育/育児/まちづくり/ポジティヴウェルフェア/社会的処方/旅 ヘルスリテラシーを高める教育を広げるとともに、世界中のこどもたちに笑顔が溢れる社会を創る。

Kenta Tsukamoto

研修医1年目。大学1年夏、初めての海外でインドを訪れて人や医療、教育の場に触れたことが考え方や行動に変化をもたらす。 子ども/教育/育児/まちづくり/ポジティヴウェルフェア/社会的処方/旅 ヘルスリテラシーを高める教育を広げるとともに、世界中のこどもたちに笑顔が溢れる社会を創る。

    マガジン

    • 出会った本たち

      読んだ本を記憶に留めておくために書いてる記事です。

    • 富山っていうところ。

      他県出身者から見た富山の姿を紹介します!

    最近の記事

    未来投資基金って作れないかな。vol.1

    これからの日本を担っていくのは今のこどもたち。 こどもや若い世代に関わる教育や子育てなど、財源を投入すべき分野が数多くある。 しかし、高齢化も進む日本では若者の声は反映されにくい、かつ若者にとって政治が身近なものではない、という印象がある。 多くの資産を高齢者が抱える日本でこどもや若者にいかに財源を回して、政策を進めていくか。 それを解決する鍵は何かないか…。 そんなことを考えてたらある一冊の本を思い出した。 ”アメリカの大学は学生が学ぶ環境をサポートするのに学業へ

    スキ
    1
      • 病院選びの個人的+αポイントを考えてみる。

        バックグラウンド ・現在研修医1年目@埼玉県 ・将来は小児医療に携わりながら、行政や企業といった社会的な側面から医療に関わりたい そんな一研修医が2ヶ月の研修医生活を過ごして感じたことを踏まえて理想の研修病院を考えてみる、というのが今回のテーマです。 時代に合わせて柔軟に変わっていける病院 「働き方改革」 これは何年も前から必要性が叫ばれ、どの分野でも改革が進んでいます。 しかしながら、医療の現場ではなかなかそれが進んでいない現実があります。 1週間の労働時間が6

        スキ
        2
        • 何も知らずに社会に放り出される前に。医学生最後の春。呟きver.【社会人1年目の教科書】

          みなさん、お久しぶりです。 先日2月5,6日に第116回医師国家試験を受験してきました。 何もなければ4月から初期研修医として社会人の第一歩を踏み出すことになります。 、ということで社会人になるにあたってもう一度読み直してみた一冊。 「社会人1年目の教科書」 この中で特に気に留めておこうと思ったものを2つ紹介。 「ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ」 (ここでいうミスは医療にか関わらないものを指す、とする) 一人前の医師になる過程で必ずどこかで経験すると思う。

          スキ
          2
          • たかが一票されど一票。若い世代が政治に参加する障壁を破れ。【第49回衆議院議員選挙】

            みなさんこんばんは。 昨日最後の卒業試験が終わり、残すは国家試験のみとなりました。 ここまで長かったような短かったような。 就職先も決まったのでより気を引き締めて勉学に努めていきたいと思います。 さて、明日は何の日でしょう。 そうです、衆議院議員選挙当日です。 皆さん、小選挙区の候補者と比例代表の投票先は決まっていますか。 私は一足先に、昨日卒業試験が終わった足でそのまま投票所で不在者投票をしてきました。 不在者投票とは 選挙日に自身が所属する場所(住民票のあ

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 出会った本たち
            Kenta Tsukamoto
          • 富山っていうところ。
            Kenta Tsukamoto

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            変化はチャンス。ドイツ総選挙からの呟き。

            おはようございます。 今日朝のNewsPicksの記事にこんなものがありました。 【ドイツ】アンダー40が躍進。「若返り国会」が政治を変える 記事によると、 現状に不満をもった若年層の投票を集めた2つの政党が今回の選挙で躍進し、 解散前にはおよそ7人に1人であった40歳以下の議員の割合が 解散後にはおよそ3人に1人になった と(超要約です)。 これまでドイツを引っ張ってきた政党が訴えた「現状維持」 と 今回躍進した政党が訴えた「変革」。 ドイツ国民の声は分

            スキ
            1

            考える余白を作る【ぼくたちに、もうモノは必要ない。】

            お久しぶりです。 1年半以上に及ぶ実習が終わり、新潟県庁でのインターンを終え、就活がひと段ついたと思って気づけば卒業試験真っ最中。 怒涛の毎日です。 日々やらなくてはいけないことに追われていると、実習やインターン、就活の経験をゆっくり振り返る時間を確保できないのが悔やまれます、、、 (その時々で思ったことはメモしているのでどこかでゆっくり振り返って書き残したいとは思っています。) さて、卒業試験真っ只中ではありますが2021年の目標を忘れたわけではありませんよ! (そも

            スキ
            5

            頭を使わなくなった大学生 vol.0【本の「使い方」】

            頭を使わなくなった大学生みなさん、こんばんは。 突然ですが、みなさんは毎日の生活でどのくらい「思考」していますか。 頭の中で少し思い返してみてください。 現在、SNSの普及で様々なバックグラウンドを持つ方々と関わるようになり、同年代でも社会で活躍している人に多く出会います。 その方々と話したり、発信されているのを見て感じたことは、 「総じて物事を自分ごととして捉え、自らの考えをしっかりと持っている」 ということです。 この気付きは同時に鏡となって自分にも向かってき

            スキ
            11

            経済に無知な一医学生が現代経済学に触れてのつぶやき【現代経済学の直観的方法】

            ・出会い「現代経済学の直観的方法」 極めて難しいタイトルに目を背けたくなるが、kindleで試し読みした途端に 「これは今すぐ読まなくては」 と思ってしまった。 私だけかもしれないが、医師(医学生)は医学以外の教養にはとことん弱い。 これからの時代、医師一筋、第一線で活躍できる人はそう多くないと思う。 これから迎えるそんな時代を生き抜くために最低限の教養を得、それを生かしていかなければいけない。 その中でもかなり身近である「おカネ」の話。 医師はマネーリテラシー

            スキ
            5

            今こそ医療のアップデートを。【未来の医療年表】

            皆さん、こんばんは。 昨日読んでいた「学びを結果に変えるアウトプット大全」を読んで早速時間を決めて質の高いアウトプットをしようと今この記事を書いています。 本からの学びは積極的にアウトプットしていかなきゃですね! それでは本題に… ・未来の医療を担う人材として〜未来の医療年表を読んで〜AIや携帯型端末のような技術の進歩、医療費の増大など、現在そしてこれからの時代、「医療」は言うまでもなくますます重要なトピックとなってきます。 医療費が増え続ける原因については様々なところ

            スキ
            6

            本が人と人とを繋ぐ【AKUSHU】

            こんばんは。 秋。木々が色付く季節。読書の秋ですね。 読書って新しいモノに出会い、色々なモノの見方を知り、自らの可能性や引き出しを増やす特別なものだと思うんです。 しかし、その読書も有限のお金と時間を使ってするものなので 一冊の本を選ぶだけでも時間がかかります。 気になる本を見つけたら書評を覗いて、さらに気になったら実際に足を運んで決める。 その行動ひとつ取っても楽しいのですが、最近は読む本の数も増えたので、 なんとか安く本を手に入れたいと思うあまり、Amazonでま

            スキ
            2

            地域実習で見えた、あるべき他職種連携と医学部教育

            早くも2020年、残り2ヶ月となってしまいましたね。 コロナ禍で色々制限されつつもここまであっという間に過ぎてしまったような感じです。 さて、去年から始まった病院実習もおよそ1年が経ち、先月は地域実習として朝日町のあさひ総合病院で研修させていただいていました。 地域実習をした1週間は多くがコメディカルの方々の業務を実際に経験するというものでした。 病院薬剤師、訪問看護師、地域医療連携室の方、医事課の方、放射線技師の方… 挙げればキリがありませんが将来自分が医師となって

            スキ
            5

            日本の少子高齢社会は他国の20年先を行っている点から言えば、この状況は日本の強みとなり、それを活かしていかに日本流にアレンジできるかが重要だというメッセージが強く伝わってきた。 ポートフォリオマネジメントと金融的投資能力をいかにして身につけていくか考えていかなくてはならない。

            スキ
            1

            すべての社会に格差は存在し、「生まれ」の差がそのまま次のライフステージに持ち込まれていることは明らかに分かった。この事実をどう捉えるのか考えなくてはいけない。 #教育格差

            スキ
            1

            無数の贈与の中で生きること、その気づき。【世界は贈与でできている】

            ・世界は贈与でできているこんにちは。週末から1週間の夏休みに入りました。 COVID-19の影響で地元への帰省も制限され、毎月のように実家に帰っていたの に最後に帰ったからはや半年近く…。 我々の日常は大きく変わらざるを得ない状況になってしまいました。 「今まで当たり前だと感じていたことが失われたとき、初めてそのありがたさに気付く。」 改めてこの事実を痛感したのですが、よく考えてみると、そもそも 当たり前 って何でしょうか。 今回「世界は贈与でできている」を読んでい

            スキ
            2

            教育について考えてきたこと。

            こんばんは。 最近ゆっくりと本を読む時間が持てていなかったのですが、気になっていた「未来の学校のつくりかた」という書籍をようやく読めました。 この本は著者の税所篤快さんが日本の魅力溢れる教育現場を訪れて感じた2030年のあるべき学校教育の形について、実際に訪れた5つの教育現場から語られた本になっています。 ネットを中心とした多様な教育がなされているN高や、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町の教育復興の様子など様々な教育の形に触れる中で、自分自身が教育の重要性に初

            スキ
            5

            社会的処方を知り、まちに出る。【ケアとまちづくり、ときどきアート】

            こんにちは。 金曜日で外科の実習が終わりました。 この3週間は本当に考えさせられ、自分の未熟さに気付かされた3週間でした。 手洗い一つとってもきちんと出来ていなければ患者さんの命を奪いかねない。 学生の間に出会ってそのまま医師になるまで出会わない疾患があれば今の向き合い方も変わりうる。 そんな経験を重ね、医師になる責任を今改めて考えることができて本当によかったと思っています。 この気持ちを忘れないためにもここに書き残しておきました。 さて、富山でも本格的に社会的処方プロ

            スキ
            7