見出し画像

matsuri初の1Dayハッカソンを終えて-参加大学生に垣間見た大きな可能性

matsuri technologies株式会社が主催する初のハッカソンイベントとして、2023年2月17日(金)に大学生対象の「民泊産業の基幹技術を変革せよ!"宿泊価格予測"1Dayハッカソン」を開催しました。

このイベントは、民泊産業における基幹技術である”宿泊価格予測”の高度化を目指す研究活動の一環として開催したものです。(詳しい概要はこちら

今回は、課題の企画や運営をメインで担当されたDX課の松信麟太郎さんに、当日の詳しい模様や課題の内容、また今後一緒に働きたいメンバー像についてお話を伺いました。

-ハッカソンを開催するに至った経緯について教えてください。

私たちは、ホテルや賃貸物件など、様々な"滞在空間"の価値を最大化して世の中に送り出す会社です。

DX課では、その需要やポテンシャルを定量的に評価する手法についての研究を進めています。
民泊産業の基幹技術である"宿泊価格予測"の高度化も研究対象の1つです。

その観点で研究を捉えた時に、
「私たちの保有する大量のデータを外部の方が分析したらどうなんだろう?」
「今後日本を支えていく若い世代はどういう視点を持っているんだろう?」
という考えに至りました。

そこで、データサイエンスに興味がある学生を対象に、ビジネスデータへの理解を深めてもらうことを目的としたハッカソンを開催したいと思いました。

また、当社には優秀なインターンが多数在籍しているので、彼らにも競技者として参加してもらいました。
一般参加の大学生との交流の場を生み出し、将来的な業界全体の底上げに繋がって欲しいと思ったのも、開催に至った経緯のひとつです。

-今回用意された課題の内容はどんなものでしたか?また、その難易度について教えてください。

2人1組のチームを組み、競技に挑んでもらいました。

用意したデータは、2022年某月の都内における実際の宿泊価格データから、当社が運営・管理を行っている物件の実績・実数をブランクにしたものです。
他社の宿泊価格や与えられた様々な変数を元に、当社の実際の宿泊価格を予測してもらいました。

競技用に多少加工したデータですが、実績・実数値はほぼそのままです。
外れ値・異常値の除外といったデータ処理や、各変数ごとの傾向をある程度理解しないと、適切な解析はできない内容でした。

-参加者の成果物の出来や、プレゼンテーションの内容はいかがでしたか?

競技時間の短さに対して用意した変数が多かったので、チームごとに実施している解析の内容や手法に差が出ていました。
重要な変数が何であるかに正しく辿り着けていた印象でした。

参加者のレベルは、準備段階で想定していたよりも中央値が高かったと思います。

各チームとも、審査員からの質疑にはっきりと答えることができていました。
競技に真摯に向き合い、探究心を持って取り組んでいただいたことが明確にわかる内容でした。

-初開催のハッカソンを終えて、全体的な印象と今後の展望を教えてください。

一般参加者もインターン生も、チーム分け隔てなく活発にコミュニケーションを取っていました。
双方から「参加してよかった」「勉強になった」とポジティブなフィードバックをもらっています。

matsuriでのインターンに関心を持ってくださったり、志望していただいている参加者の方もいました。
想像以上の成果と喜ばしい出会いにも恵まれたイベントとなって、とても嬉しく思います。

また、参加者の手法や着想を現場に活かせそうなポテンシャルも感じました。
同じテーマで2日、3日と競技時間を長大化したハッカソンの企画も意欲的に視野に入れています。
アイデアソンなどもっと多くの分野に興味がある学生が参加できるようなイベントも企画してみたいです。

今回参加してくださった学生さんのお陰で、イベントを成功させることができました。
本当にありがとうございました!

-DXでは様々な雇用形態で採用を積極的に行っていると伺いました。matsuriで働く魅力とは何でしょうか?また、どのような方に参画して欲しいですか?

matsuriは全社的に平均年齢が若く、様々なバックグラウンドを持つ人が多い会社です。
特にDX課においてはインターンの比率が高いので、自由にアイデアや意見を発言しやすい環境だと思います。

実際に、インターンやアルバイトでも会社の重要な施策・方針に関する意思決定に携わる機会が多いです。
雇用形態に囚われず、裁量権を持って働けるのが魅力だと思います。

DX課は、文字通り"DX(デジタルトランスフォーメーション)"を担う部署です。
探究心旺盛で、どんなことにも興味や向上心を持って取り組みたい方は、楽しんで働けるのではないでしょうか。

今回参加してくださった学生さんのような、一緒にワクワクできる方からのご応募をお待ちしています。

開発部エンジニアの募集要項はこちら
https://herp.careers/v1/matsuritech/requisition-groups/50d656af-a8d8-413c-b728-1bb20469d138

DX課インターンの募集要項はこちら
https://herp.careers/v1/matsuritech/cMmqySgYf5Fv