見出し画像

キッパリ! 「クリエイター」は、「まち」を元気にさせません! 元気にさせるのは、目の前にいる「市井の人たち」! 彼らが結果的に「クリエイター」となってしまうような「まち」をつくろう! ついでに、「まち」の「らしさ」の話も。

グランドレベル、1階づくりはまちづくり、という仕事を通して、いろんな方に会ってきましたが、こうおっしゃるかたが五万といらっしゃることに、ある日気付きました。

「今度、ここには「クリエイター」の皆さんに集まってきていただいて、ここから「クリエイティブ」な、まちになっていけばと思っていて……」

その度に、私たちは、(´・ω・`) (´・д・`)ガーンとなるわけですが、そんな気持ちはどこへやら、疑いもなく、会う人会う人、意外と同じ事をおっしゃる方が多いんですね。

そして、私たちは、その「まち」のヴェローチェへ入り、いつもこんな会話をしはじめます。

画像1

(´・ω・`) また、あのセリフ聞いたね。どうして「まち」つくるのに、口ひらけば、すぐに「クリエイター」とか言っちゃうんだろうね? あれ「まち」に興味ないなって言っちゃってるようなもんだもんね。

(´・д・`) ほんとだよね。別にクリエイターが、あなたの「まち」に来たからって、どこかのビルの一角に物理的にスペースを構えるだけで、日常の風景は何も変わらないのにね。百歩譲って、変わったとしても、それはごくごく一部のことにすぎんよ。

(´・ω・`) たとえばシェアオフィスができました。クリエイターが集まりました。そこを中心に、他のクリエイティブな人たちが集まりはじめした。イェイ!イェイ!イェイ! 場づくりとしては盛り上がりました、ってのはあると思うわよ。その価値に恩恵を受けるひとはいるでしょう。

でも、それはそれ。それが、「まち」に影響を与えているかどうかなんて、見渡してご覧なさいよ。キョロキョロ。ね〜!(目が合った隣のおばさま)

この続きをみるには

この続き: 4,494文字 / 画像5枚

キッパリ! 「クリエイター」は、「まち」を元気にさせません! 元気にさせるのは、目の前にいる「市井の人たち」! 彼らが結果的に「クリエイター」となってしまうような「まち」をつくろう! ついでに、「まち」の「らしさ」の話も。

大西正紀/GroundLevel & 喫茶ランドリー

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

多くの人に少しでもアクティブに生きるきっかけを与えることができればと続けています。サポートのお気持ちをいただけたら大変嬉しいです。いただいた分は、国内外のさまざまなまちを訪ねる経費に。そこでの体験を記事にしていく。そんな循環をここでみなさんと一緒に実現したいと思います!

ありがとう!帯広にも喫茶ランドリーの兄弟スペースが!
448
ハード・ソフト・コミュニケーションを一体でデザインする「1階づくり」を軸に、さまざまな「建築」「施設」「まち」をスーパーアクティブに再生する株式会社グランドレベルのディレクター兼アーキテクト兼編集者。日々、グランドレベル、ベンチ、幸福について研究を行う。喫茶ランドリーオーナー。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18190本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (8)
とても参考になりました。現在、新幹線駅前の活性化に悩んでおりましたが、自分の考えいる方向と似ていてほぼ正解が見えた気がします。
参考になったとのこと大変恐縮です。で、この先で必要なのが「補助線のデザイン」「器のデザイン」です。駅前であれば、どのような箱を設え、どのようなルールをつくり、どのように人の気持ちを一つひとつ押し続けていくのか、どうファシリテートしていくのかというトータルでのデザインがなかれば、ひとびとは能動的には動いていきません。また、押し付けがましいデザイン、ダサいデザインでは、人はまったく反応しません。どうか、少しでも良い方向に進みますように。お手伝いできることがあれば気軽にお声がけください。
そこに生きるあまねく「ひと」が、自分が持つモノを自ら純粋に表出させてしまう器(能動性を引き出すプラットフォーム)でなくてはいけない

ここめちゃくちゃ共感しました。
僕一般的に言われる多様性の承認が苦手なんですが、『いろんな人がいる』という多様性ではなく、『いろんな人のなかにいろんな顔がある』という多様性が表出されるべきだと思ってます。
人単位ではなく、その人の顔単位でさまざまな側面が引き出されると言いますか。
それが街になっていけば素敵です!
なんだか読んでいてスッキリしました。田舎者で、よく「まちづくりとは」的な集まりに呼ばれる度に何とも言えない違和感を毎回感じていました。まちを変えるのではなく、本当の意味で良さを伸ばす事、守っていく所を改めて考えたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。