見出し画像

銀行とブロックチェーンが掲げる新しい未来とは?

銀行でのブロックチェーン活用は各産業の中でも進んでいる領域です。

その中で今後どのような動きが出てくるかにも注目です。

4大銀行の一つ中国銀行は200億元をブロックチェーンを活用した債権を中小企業向けに発行する取り組みをスタートしています。

起業家が資金調達を効果的に行うことを目指しており、9月には41万の中小企業向けに6兆円近くの貸し出しを行なっています。

画像1

CNBCレポートによるとグローバルに展開する銀行は複数の地域での技術開発を進めています。

銀行の取り組みはそれぞれ別々の戦略を進めており、Citiはブロックチェーンスタートアップへの投資を、これまでに支払い、アセット管理関連で 3社に2年間で投資しています。

ゴールドマンサックスはテクノロジータレントを採用して新しいサービスモデルの開発を進めています。

スリランカの中央銀行はブロックチェーンを活用したKYCのシステム開発を検討しています。

デジタル化が進む金融サービスの中でブロックチェーン技術をどのように活用すれば良いのかの検討を進めています。

銀行はKYCプラットフォームを "新しいデザイン設計"と考え、これまでに2年以上のモバイルサービスを展開した事がある企業に限定してネットワーク組成を進めています。

ステート・ストリートは新しいブロックチェーンに関する戦略を進めていくために既存の開発チームの再構築を進めています。

アセットや債権のトークン化に注力していく予定です。

これまでは取引記録などの記録手段としてブロックチェーン技術の活用を検討してきましたが、今後はビジネスサイドでの活用に力を入れていく予定です。

コラボゲートではブロックチェーンとビジネスの研究会、新規メンバーを募っています!気になった点は気軽にコメント、ソーシャルでご連絡お待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブロックチェーン技術は世界中の人たちが注目している新しいビジネスのタネの一つです!気になったら気軽にメッセージください!

一票ありがとうございます!
9
Collabogate共同創業者CMO CollaboGateでは世界中のプロフェッショナルと仕事ができるプラットフォームの開発、技術の産業実装を目的として企業向けのワークショップや共同リサーチなどを国内外で行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。