マーケットをテクニカル分析

マーケットをテクニカル分析しています。 テクニカル分析の結果レポート(リアルタイム)や、トレードに関する情報をお届けします。

メンバーシップに参加

リアルタイムのテクニカル分析結果や、トレードに関する情報を配信します。 主に指数(日経平均やNASDAQなど)と国内株式のテクニカル分析を行いますが、メンバーのご要望に応じてFXや仮想通貨(暗号資産)に関して配信することもあります。 メンバーは専用の掲示板等で情報交換ができます。 当然ながら、アカウント名は他のSNSと同じにする必要はありません。 ※更新頻度は未定です。

レッドレーベル

¥880 / 月

マーケットをテクニカル分析

マーケットをテクニカル分析しています。 テクニカル分析の結果レポート(リアルタイム)や、トレードに関する情報をお届けします。

メンバーシップに加入する

リアルタイムのテクニカル分析結果や、トレードに関する情報を配信します。 主に指数(日経平均やNASDAQなど)と国内株式のテクニカル分析を行いますが、メンバーのご要望に応じてFXや仮想通貨(暗号資産)に関して配信することもあります。 メンバーは専用の掲示板等で情報交換ができます。 当然ながら、アカウント名は他のSNSと同じにする必要はありません。 ※更新頻度は未定です。

  • レッドレーベル

    ¥880 / 月

最近の記事

【手法公開】ポジションサイジング

はじめにポジションサイジングのことがあまり知られていないため、解説します。 「資金管理」と同じような意味合いで使われているかもしれません。 私が言うポジションサイジングとは、個々のトレードにおいてどれくらいの量を買うか・売るかを決めることです。 量の最小は各マーケットの最低数量(株であれば通常100株)になり、最大は軍資金全額です。 この最小〜最大までのうち、どれくらいにするかをしっかり考えなければ、素晴らしい分析力をもっていても、確実に破産します。 トレードで成功するには、

    • 【実戦解説】ドル円予測の例

      以前のトゥイートで、ドル円に逆三尊を描きましたが、その理由を実戦的に解説します。 リアルタイムで得られる情報を基に判断する必要がありますので、理由の後付けはしていません。 なお、当記事はドル円のチャートを例にしていますが、需要と供給によって価格が決まる株や仮想通貨のチャートも同様に分析できます。 結果的に逆三尊は形成されず下降トレンドが再開していますが、8000万回言っているとおり、個々のトレードやイメージがその通りになるかどうか、結果は無視してよいです。 トレードとは、確

      • 【重要】メンバーシップ向け連絡

        • S&P500の今後

          本日はS&P500をテクニカル分析していこうと思います。 みなさんが考えている買い時と同じでしょうか。 まずはこちらが週足チャートです。

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 質問掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ご意見・ご要望

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 雑談掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 質問掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ご意見・ご要望

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 雑談掲示板

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          【手法公開】ポジションサイジング

          「レッドレーベル」に参加すると読めます

          はじめにポジションサイジングのことがあまり知られていないため、解説します。 「資金管理」と同じような意味合いで使われているかもしれません。 私が言うポジションサイジングとは、個々のトレードにおいてどれくらいの量を買うか・売るかを決めることです。 量の最小は各マーケットの最低数量(株であれば通常100株)になり、最大は軍資金全額です。 この最小〜最大までのうち、どれくらいにするかをしっかり考えなければ、素晴らしい分析力をもっていても、確実に破産します。 トレードで成功するには、

          【実戦解説】ドル円予測の例

          「レッドレーベル」に参加すると読めます

          以前のトゥイートで、ドル円に逆三尊を描きましたが、その理由を実戦的に解説します。 リアルタイムで得られる情報を基に判断する必要がありますので、理由の後付けはしていません。 なお、当記事はドル円のチャートを例にしていますが、需要と供給によって価格が決まる株や仮想通貨のチャートも同様に分析できます。 結果的に逆三尊は形成されず下降トレンドが再開していますが、8000万回言っているとおり、個々のトレードやイメージがその通りになるかどうか、結果は無視してよいです。 トレードとは、確

          【重要】メンバーシップ向け連絡

          「レッドレーベル」に参加すると読めます

          S&P500の今後

          「レッドレーベル」に参加すると読めます

          本日はS&P500をテクニカル分析していこうと思います。 みなさんが考えている買い時と同じでしょうか。 まずはこちらが週足チャートです。

          認知バイアス入門

          「レッドレーベル」に参加すると読めます

          認知バイアスとヒューリスティクス認知バイアスとは 認知バイアスとは、「物事の判断が、直感やこれまでの経験にもとづく先入観によって非合理的になる心理現象のこと」(Wikipediaより)です。 よく分からないかもしれませんが、大丈夫です。次のヒューリスティクスに進んでください。 ちなみに、「認知」は外界を認識すること、「バイアス」は日本語で「偏り」を意味します。 ヒューリスティクスとは 似たような用語にヒューリスティクスがあります。 ヒューリスティクスとは「必ずしも正し

          【解説】移動平均線について

          「レッドレーベル」に参加すると読めます

          本日は初心に帰り、移動平均線について私の活用方法も交えて解説します。 みなさん、移動平均線の「算出方法」は知ってるけどSo what?を分かっていない方が多いと思います。 概観移動平均線とは、平均値を時間経過で更新したものになります。 5日移動平均線なら、直近5日間の平均値で、毎日更新されます。 単純に足して割ったものは単純移動平均線(SMA)、直近の値を重視するものには指数平滑移動平均線(EMA)や、加重移動平均線(WMA)などがあります。どれがいいか、その理由については

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          認知バイアス入門

          認知バイアスとヒューリスティクス認知バイアスとは 認知バイアスとは、「物事の判断が、直感やこれまでの経験にもとづく先入観によって非合理的になる心理現象のこと」(Wikipediaより)です。 よく分からないかもしれませんが、大丈夫です。次のヒューリスティクスに進んでください。 ちなみに、「認知」は外界を認識すること、「バイアス」は日本語で「偏り」を意味します。 ヒューリスティクスとは 似たような用語にヒューリスティクスがあります。 ヒューリスティクスとは「必ずしも正し

          【解説】移動平均線について

          本日は初心に帰り、移動平均線について私の活用方法も交えて解説します。 みなさん、移動平均線の「算出方法」は知ってるけどSo what?を分かっていない方が多いと思います。 概観移動平均線とは、平均値を時間経過で更新したものになります。 5日移動平均線なら、直近5日間の平均値で、毎日更新されます。 単純に足して割ったものは単純移動平均線(SMA)、直近の値を重視するものには指数平滑移動平均線(EMA)や、加重移動平均線(WMA)などがあります。どれがいいか、その理由については

          買うと下がるワケ

          私のトゥイートによく登場する友人、逆神様。 彼が買った銘柄は、その翌日に高確率で下落します。 最近の事例として、フリーの件をご紹介します。 買いの連絡 逆神様は私に対して、12月14日(水)に、フリーを買ったと連絡してきました。 翌朝、寄り前、私はそのことをトゥイートしました。したがって、トゥイートの画像にある最新のローソクこそ逆神様の買い日となっています。 その後、どうなったかというと、こうです。 終値ベースで、9営業日で15%も下落しています(というか4営業日の時

          本日200SMAを超えてきました。

          SOX指数

          今日ご紹介するチャートは半導体株指数です。 どう動くかなんて分かりません。動き方のバリエーションは無限にあります。 しかし、トレードで稼ぐのに、どう動くかという情報は必須ではありません。 例えば、動きの予想を青矢印、赤矢印、緑矢印で表してみました。

          【公約】来月の目玉記事として、ポジションサイジングの記事を予定しています。 まだ書き始めてすらいませんが、軍資金等の各自のデータからポジションサイズを逆算する計算式を用意する予定です。 もし来月更新しなかったら然るべき機関に通報してください。頑張ります。

          マーケットレポート(無料)

          サクッとご紹介します。 出来高が低いのでトレードする場合はご注意ください。

          マーケットレポート

          200SMA直下にいる銘柄をご紹介します。 反落狙いの空売り、あるいは上方ブレイク後の買いが狙えます。 ただし、上方ブレイクした場合、1600円辺りが前回高値のため、反落に注意です。 ここで反落すると200SMAしか見ていない人にとってはダマシに感じることになります。 上方ブレイクした場合、出来高の増加があるかどうかをチェックしてください。 

          マーケットレポート(リクエスト銘柄)

          銘柄のリクエストをいただきましたので、分析しました。 今年の8月以降の部分に注目すると、直近では3450円あたりが意識される価格帯のようです。

          マーケットレポート(S&P500)

          今回はS&P500指数をテクニカル分析しました。 こう見ると、結構綺麗なチャートです。 RCIの期間設定も解説しています。