mamamariko

東京でIT系の通訳をしてきました。2017年から東京と軽井沢の2拠点生活を開始し、そこ…

mamamariko

東京でIT系の通訳をしてきました。2017年から東京と軽井沢の2拠点生活を開始し、そこで始めた乗馬にすっかり魅了され、自分の馬を持つに至りました。2020年、コロナをきっかけに、試しにワーケーションに行った北海道浦河が気に入り、2021年から馬と長期ワーケーションをすることに。

マガジン

  • 馬の本

    自分が読んだ馬の本について書いた記事

最近の記事

  • 固定された記事

移職住=ワーケーション

始まりはハワイ?ヤシの木陰のベンチに座って、心地良い風を感じながら、ハワイの飛行場に降り立ってから一度もくしゃみをしていないことに気づき、頰が緩んだ。時は某年3月。花粉症に苦しんでいた昨日までがまるで嘘のようだ。すうっと鼻から息をするだけで、なんて幸せなんだろうと身体中が喜びで満たされる。このままずっとここにいられたらなぁ。 ハワイに限らず、色々なところでそう思ったものだ。しかし休暇には終わりがやってきて、元の生活に戻って行く。儚い恋は終わりを迎える。 在宅勤務コロナで通

    • 今日は一日中、激しい雨だった。でも、明日は晴れるよって予告するように夕方に空が赤くなった。なんか怪しい、ゴジラとかが出てくる予兆みたいな雰囲気

      • 避寒を終えて帰宅

        避寒を終えて自宅に戻った。外はだいぶ暖かくなってきたが、気温はまだ最高気温が一桁。それでも日差しがあって、風がなければ、気温以上に暖かく感じ、上の写真のように馬も横になって寝てしまう。(1頭だけ立っているのは見張り?) 庭のチューリップが育っていて嬉しい。昨年、鉢植えを買って、とても綺麗なチューリップだったので、その球根を植えたものだ。花が咲くのが楽しみだ。 久しぶりにサンルームで仕事をしていると、キツネがやってきて、こっちを向いてしばらく座っていたが、ふん、つまらないや

        • 傘がない

          昨日は激しい風雨だった。その中を出かける必要があったのだが、傘がないことにはたと気づいた。避寒中のホテルに持ってきていなかったのだ。どこにでも車で出かけるから、多少の雨なら傘を持ってでかけることがそもそもない。が、ここに傘を持ってこなかったのは、北国では冬には雨が降らないからだ。気温が低いので、冬に降るのは雪。雨にはならずに雪になるからなのだ。 そんなことを考えながら、出かけたのだが、車に乗り込むまでにすでに濡れたし、出先でもほんのわずかの距離を小走りするだけなのに、結構濡

        • 固定された記事

        移職住=ワーケーション

        マガジン

        • 馬の本
          28本

        記事

          いつもの週末がバリ島旅行に⁈

          浦河の図書館で廃線になった日高線の写真展を開催中だ。人口が今の2倍くらいあったときの、活気あふれる駅の様子に目を見張ったし、何より驚きだったのは、かつておしゃれにスカートをはき、ハイヒールにハンドバッグと、まるで映画(昭和の石原裕次郎主演とかの映画のイメージです)の中のような女性たちが駅で電車を待っていたりしていたことだ。今は車ででかけることもあり、そんな姿はとんとみかけないなぁ。 私を一番笑顔にしてくれた写真は上の放牧地を通り抜ける電車の写真。乗ってみたかったとつくづく思

          いつもの週末がバリ島旅行に⁈

          雪の朝

          上の写真、スキー場ではありません。今朝の浦河。滞在しているホテルの敷地内。 昨夕、愛馬に乗っているとき、屋内馬場の屋根を叩きつけるような音がして、それが降り始めだった。 帰り道は雪が吹きつけ、見通しが悪かったが、すぐに止むし、気温が高いからすぐに溶けるだろうくらいに思っていた。 が、夜10時にはすでに外は真っ白だった。 夜遅く、車の行き来もないときに降り止んだこともあって、雪は純白のまま。今朝はとても綺麗だった。 日の出と共に光に照らされた木々はまるで花を咲かせたよ

          馬の不調

          馬も生き物なので、不調や体の痛みがある。自分で痛いと主張できなくても、歩様、つまり歩き方などで、傍目にもわかることがある。痛いところをかばうからだ。上の写真は乗ると元気な走りをしてくれるので、私が大好きな乗馬公園の馬なのだが、ここ1か月くらい、腰に痛みがあるとのことで(実際、痛みを感じるところに触れたり押したりすると反応していた)、乗ることができず、放牧ではなく、パドックで過ごすことが多くなった馬だ。 先日、その治療のため、針をさして電気を流しているところに出くわした。私自

          馬の不調

          魔性の馬

          タイトルに惹かれて、図書館でジョセフィン・テイ著の『魔性の馬』という本を借りて読んだ。 本は新しく、中表紙も秀逸。 が、著者は1896-1952年を生きた方で、したがって、話の設定も時代を感じるが、なかなか面白かった。殺人が絡むミステリーだが、警部や探偵といった人は出てこないし、これまでに読んだどのミステリーとも違うと感じた。何より、馬が出てきて、いきいきと描かれているのが良い。 馬が出てくるのは、ジョッキーとか、うまく乗りこなせる人と共に登場することが圧倒的に多いと思

          魔性の馬

          2月末に雪がなくなって、このまま春になっちゃうのかと思ったら、帳尻を合わせるように雪が降った。 馬の出産シーズン到来で、仔馬を見かけるようになった。

          2月末に雪がなくなって、このまま春になっちゃうのかと思ったら、帳尻を合わせるように雪が降った。 馬の出産シーズン到来で、仔馬を見かけるようになった。

          横木! 横木!

          久々に雪が降っている浦河です。昨日までですっかり雪がとけ、日高山脈も山肌が見えるようになり、2月とは思えないと感じていただけに、雪が降ってちょっと安堵。 乗馬大会に向けて始動 季節も移っているが、6月末の町民乗馬大会に向けて練習も開始している。育成牧場で乗り役をしていて(なので1日に6頭とか、7頭とか、坂路で調教とかしている!)、昨年も夏の大会に一緒に参加してくれたNさんが練習に加わり、ぐんと練習内容のレベルがあがり、ついて行くのに必死の毎日だ(実のところ、決してついては

          横木! 横木!

          馬に乗りたい

          1週間弱、身内に不幸があって、東京に急遽戻ることになった。戻ってみたら、私が手伝うことはほぼなく、そうなると馬に乗れないかなぁという思いがむくむくと湧いてくる。で、以前から行ってみたかった銀座de乗馬のシミュレータ乗馬を体験してみることにした。 上の写真は、私が乗り終わって撮ったもので、見ず知らずの方が乗っているところ。こんな風にヘルメットもかぶり、乗馬用ブーツにチャップスまで着用し、いでたちは乗馬そのもの。 コースが選べるので、私は障害コースを選択した。障害コースも初心

          馬に乗りたい

          後日談

          昨日、東京で雪が降り、慣れない状況に、今朝の通勤は皆が大変な思いをしているのではないかと思う。私もずっと東京に住んでいたので、よくわかる。雪対策の靴を履いていったら、会社では浮くし、かといってパンプスを履いていったら、いつもは5分とかからない駅までの道が、当然除雪などしていないから、ぐちゃぐちゃ、ツルツルと、これまた大変なことになる。東京の皆さん、お疲れ様です。 今朝は、予報されていなかったのに、浦河でも久々に雪が降っている。すでに東京の積雪よりも積もっているが、ニュースに

          幽霊か、はたまた..

          何かが見えている? ここしばらくいつもの屋内馬場で愛馬に乗っていると、出入口付近でやたらと愛馬が何かを気にする素振りを見せていた。時には激しく首を振り、時には両前脚を上げて「ここ、やだ!」と主張している感じ。横に(出入口から離れる方向に)逃げることもあったし、ひどいときは乗っていて体が震えているのを感じた。明らかに怯えている。何かが見えているのかと思って、私の顔を出入口に向けてみるのだが、驚くような物体は何もないし、新たに何かが置かれて景色が変わっていると言うこともない。い

          幽霊か、はたまた..

          義足の馬

          節分の先取りのようなこの一枚は、よくランチにお邪魔する浦河の「ごはんカフェ蓮」の入口。力強い福は内!の字に元気をもらった。浦河は今日も暖かく、1月という感じが全くしない。 昔は誰もがテレビを観ていて、共通の話題を提供してくれた。今や皆インスタやらXやら同じチャネルをスマホで見ているものの、流れているものが人それぞれ異なり、もちろんシェアしあったりするわけだが、意外と同じものをみていなかったりする。 昨夕は馬仲間と食事しながら、あれこれ話し、馬の病気の話になり、蹄葉炎、そこ

          義足の馬

          1月だというのに最高気温が5℃も6℃もあって、冬毛に覆われた愛馬は大した運動をしたわけでもないのに汗だく。普段より薄着にした私も一番上のフリースを脱いだほど。脱げない馬は困るよねぇ

          1月だというのに最高気温が5℃も6℃もあって、冬毛に覆われた愛馬は大した運動をしたわけでもないのに汗だく。普段より薄着にした私も一番上のフリースを脱いだほど。脱げない馬は困るよねぇ

          雪がありませ〜ん。1月なのに一昨日雨が降り、雪をほぼ溶かしてしまいました。いつかどかっと降るのではないかと怯えつつも、冬がこんなに暖かいのっていいなぁ。気温はマイナスなんだけどね。

          雪がありませ〜ん。1月なのに一昨日雨が降り、雪をほぼ溶かしてしまいました。いつかどかっと降るのではないかと怯えつつも、冬がこんなに暖かいのっていいなぁ。気温はマイナスなんだけどね。