見出し画像

高齢化から日本を救う唯一の方法

皆さんは 人口爆発を防ぐ方法というと

「途上国の出生率を下げること」

だとお考えかもしれません

しかし それは大きな間違いです


確かに 途上国の出生率は高いのですが

死亡率も高いため

子ども人口は それほど増えません

事実 世界の15歳未満人口は

およそ20億人で

すでに頭打ちになっています

今後も増える見通しはありません


しかし 国連の推計によると

現在75億の世界人口は

今後も増え続け

2100年に 110億に達すると見られています

ここから分かるのは

人口爆発の原因は

子どもの増加ではなく

「人類の寿命が延びるから」

だったことです


2100年には

高齢者人口は

現在の3倍になっていると推計されています

現役世代2人で

1人の高齢者を支えている計算になります(;° ロ°)

すなわち 21世紀とは

地球規模で高齢化が進み

現役世代がどんどん足りなくなる時代なのです


グローバル企業が

無人運転やドローン配送の開発を進めているのは

ドライバーが絶対に足りなくなると

分かっているからです


「AIやロボットに人間の仕事が奪われる」として

無人化に反対する意見もありますが

それどころの話ではなく

今後 あらゆる分野で

「人間」が不足していきます

無人化は

すでに やるやらないではなく

「やるしかない」ところまで

追い込まれているのです


子ども人口が相対的に減っているので

若者不足は

すでに始まっています

現在 世界的に

初任給は引き上げが続いています

トップクラスのプログラミング人材は

新卒で数千万の年俸を提示されます

日本も この流れと

無縁ではいられません


NECでも

初任給1000万を提示して 話題になっていますが

賃金を大きく引き上げなければ

日本のトップ人材は

全員 海外で就職してしまいます

これは 一握りの

エリート人材に限った話では済みません


オーストラリアは

最低賃金が高いことで有名です

円換算で時給1500円ほどになります

祝日の場合 3800円にもなります!(@o@)

もちろん 厳密に

このルールが守られているとは限りませんが

それでも 他国とは比較にならない高賃金であり

移民や出稼ぎ労働者が殺到しています

平均年収は 日本の1.5倍にもなります


日本の最低賃金は

東京ですら 1000円に達していません

先進国で最低レベルです

今のまま 賃金が上がらず

国民負担ばかりが増大し続ければ

日本の若者が 雪崩を打って

オーストラリアに逃げ出すのも

時間の問題です


いったん この「Xデー」を迎えてしまえば

政府の推計を はるかに上回るペースで

高齢化が加速するため

もはや 完全に手遅れになります|||(|||゚Д゚|||)|||


今 世界では

減り続ける労働力の

熾烈な「奪い合い」が繰り広げられています

韓国が

最低賃金を一気に2割近く引き上げて

話題になりましたが(今は日本より高額)

そこまでしないと

若者が海外に出て行ってしまうからです


本来 世界で最も

賃上げに力を入れねばならない国は

他ならぬ 日本です

現役世代が減り続ける中で

社会保障を維持するためには

1人当たり賃金を上げ続けるしかないためです


「出稼ぎ外国人を増やせば賃上げは必要ない」

という意見もあるでしょうが

すでに述べたように

そもそも 国内の賃金が低ければ

誰も出稼ぎに来てくれなくなります


「賃金が低すぎる」ことこそ

高齢化の 真の原因だったのです

少子化は あくまで二次要因に過ぎません

高齢化対策のためには

子育て支援より

まず 賃上げが最優先です


そもそも いくら出生率が高まっても

国内の賃金が低いままだったら

成長した子どもたちは

皆 オーストラリアにとんずらしてしまいますw

もちろん 少子化を放置しておいたら

日本人が絶滅してしまうのでw

それはそれで対策が必要ですが

高齢化とは 別の問題として

認識する必要があります


では 具体的に

どこまで賃上げすればいいかというと

答えは明快です


「世界一になるまで無制限に上げ続ける」


です

高齢化率が世界一高い以上

日本は 世界で最も良い条件で

現役世代を集めなければならない社会です


移民政策に反対の人も

多いかもしれませんが

日本の在留外国人は すでに

総人口の2%に達しています

これは「さいたま市総人口の2倍」です(゜〇゜;)

これだけの労働者が

みんな日本から去ってしまえば

もはや 社会が成り立ちません


今後も 政府は

外国人の受け入れを増やしていく予定です

日本はすでに立派な「移民大国」なのです


オーストラリアの高齢化率は

15%ほどで

日本の半分程度にとどまっています

これは 英語圏最高の高賃金に惹かれて

世界中から 若者が移民してくるためです

若者が増えれば

出生率は自然に上がります


高齢化が進まないので

現役世代の負担は軽く

ますます 賃金として還元することが可能になります

日本も この

成功ケースを真似ればいいのです


中途半端な賃上げでは

英語圏のオーストラリアに勝てません

迷わず「賃金世界一」を目指すことです

もちろん 英語の公用語化も

進めていく必要がありますが

それは あくまで補足に過ぎず

まずは 賃上げが先決です


賃金世界一は

やるやらないではなく

「やるしかない」のです

他に 高齢化を解決する方法はありません


問題は

残された時間が

それほど多くないことです

こうしている間にも 高齢化は進んでいます

せめて 10年以内

遅くとも15年以内には

世界最高の賃金を実現し

若者が世界から殺到する状況を

生み出す必要があります


参院選で一応の勝利を収めた自公政権は

最低時給1000円を目指すと公約に掲げていますが

これは「通過点」に過ぎません

時給1000円で フルタイム労働しても

年収200万円程度です

ここから 税金や年金が引かれるので

生活保護を受けたほうが

よほど楽な暮らしができます


最低時給1500円

年収300万円程度は

決して法外な水準ではなく

人道上も

できるだけ早期に実現しなければなりません


これは

現役世代と高齢者

「両方が得をする」

真の国民的政策です

みんなで力を合わせて

必ず実現させましょう!ヾ(*^▽゜)


※記事のコピー拡散を希望します


マキト恋愛道場公式メールマガジン
「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」無料登録
https://www.mag2.com/m/0000170615.html




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
15歳でエッセイの国際コンテストに入賞。18歳で初の著書を発表。 メルマガ「幸せなセレブになる恋愛成功変身術」で、まぐまぐ大賞2018に入賞。発行部数は述べ1000万部以上。恋愛マニュアル「愛されるための恋愛成功変身術」は、数千万円を売り上げるベストセラーとなる。

こちらでもピックアップされています

幸せなセレブになる恋愛成功変身術
幸せなセレブになる恋愛成功変身術
  • 146本

日本を代表する女子向け恋愛メルマガの厳選されたバックナンバーを無料公開していきます!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。