村口麻衣 emu inc.

Art Director/Communication Graphic Designer ファッション、エディトリアル、ブランディング業界で10年。人と人との繋がりを大切に。東京ビエンナーレ2020-2021参加アーティスト https://www.emu-inc.com/
    • 随想
      随想
      • 4本

      思ひ出が、僕等を一種の動物である事から救ふのだ。記憶するだけではいけないのだらう。思ひ出さなくてはいけないのだらう。多くの歴史家が、一種の動物に止まるのは、頭を記憶で一杯にしてゐるので、心を虚しくして思ひ出すことが出来ないからではあるまいか。 上手に思ひ出す事は非常に難かしい。だが、それが、過去から未来に向つて飴の様に延びた時間といふ蒼ざめた思想(僕にはそれは現代における最大の妄想と思はれるが)から逃れる唯一の本当に有効なやり方の様に思へる。 小林秀雄「無常といふ事」

    • 鶯谷イベントレポート
      鶯谷イベントレポート
      • 4本

      鶯谷はまだ知られていない。 それは、鶯谷があなたの感性を試しているから。 混沌とした街のあちらこちらから 新たな芸術の胎動を感じさせてくれます。 2018年より台東区鶯谷を文化活動を通じてリブランディングするプロジェクトを立ち上げる。イベントレポート。 このマガジンで支援いただいた寄付は、全て鶯谷の活動に使わせていただきます。

    • PHOTO COLUMN
      PHOTO COLUMN
      • 4本

      様々な瞬間を切り取ったコラムのように。

固定された記事

世界は想像以上に広いし、自分を苦しめるだけの思い込みは捨てていい。

人は、想像以上に「思い込み」の中で生きている。 仕事で嫌なことがあれば落ち込み、友達と盛り上がれば他のことなんて忘れる。好きな人に冷たくされたらこの世の終わりだ…

遠い国の女の子の親になりました

10月11日に「国際ガールズデー」をむかえてから10日。 今日わたしは、遠い国の女の子の親になりました。 どういうこと?と思われるかと思いますが プラン・インターナシ…

梅干し

今年は人生で初めて、梅仕事をしている。 自家製の梅干しを作ろうとしているのだ。 青梅がもう殆どどこにも売っていないような終わり掛けの時期に、ふと梅干しを作りたく…

山梨県の生まれなので、桃の時期になるといつも桃が大量にあった。 祖母や父母の知り合いからもらってくるのだ。 フルーツ天国と言われる山梨だが、どういうわけか子供の…

お味噌汁

これは本当にお恥ずかしい話なのだが、わたしが初めて「お味噌汁」を作ったのは一人暮らしをはじめた大学生になってからだ。 当時お付き合いをしていた彼に、味噌汁が飲み…

お粥

子供の頃、体調を崩した時に食べていた料理はなんだっただろうか。 重湯というものを飲んで、ふと、そんな事を考えた。 体調が悪い時に誰かが作ってくれそうなものといえ…