吉田将英 / 関係性をデザインする

プロデューサー / コンセプター。日々の気づきをメモしていければと思います。 いろんな物事や組織の間の「関係性のデザイン」を仕事にしてます。著書『仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力』『若者離れ』#映画レビュー #人間観察 #考え方 #電通 #若者研究 #考好学

吉田将英 / 関係性をデザインする

プロデューサー / コンセプター。日々の気づきをメモしていければと思います。 いろんな物事や組織の間の「関係性のデザイン」を仕事にしてます。著書『仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力』『若者離れ』#映画レビュー #人間観察 #考え方 #電通 #若者研究 #考好学

    マガジン

    • 僕と社会の関係性

      日々起こったことと、感じたことの、エッセイです。

    • ビジネス寓話辞典

      ビジネスで使えるたとえ話・メタファーをひたすらストックする辞典のようなマガジン。寓話は、新しい価値を、新しい人間関係の中で創造する上で、強力な武器になります。

    • THREE FOR YOU ~なりたい気分で映画3選~

      「映画は嫌いじゃないけど、”自分が観たい映画”との巡り合い方が分からない!?」という人のための、『なりたい気持ちで映画を探せるマガジン』です。映画年間100本の経験値から、人に「3本」薦める企画をやってきた記録のnoteを付けていくマガジンです。

    • 仕事の紹介まとめ

      吉田将英の仕事のまとめメモ。だいたい四半期に一度、振り返ってます。

    • 気づき帖2(160920~)

      日々の生活の気づきの備忘録その2。

    最近の記事

    固定された記事

    吉田将英の仕事紹介 【2020年1~3月】

    世界がどうなるかわからない日々が続き、家からも出られず、鬱屈。何とかポジティブに変換して、今だからできることを考えると、一番は自己内省だと思う。ここ最近、自分が何を考えながらどんな仕事ぶりで、何をアウトプットしたのか、振り返るのは、変に人の話を聞きかじるより学びが多かったりする。ということで、四半期に一度の振り返りnoteです。紹介、とか言ってるけど自分の頭の整理が目的の主なところだったりする。 直近の四半期のお仕事はこんな感じでした。 ✓(あらためて)プロフィール 吉田

    スキ
    19
      • 連休明けに喉が痛い兆候って、最悪ですが、なんとかやり過ごしながら来週も生きていきます。体力が欲しいわ。

        スキ
        1
        • 「わからない面白さ」こそ、自分らしさになっていく。

          擬音語多めのプレゼンをする後輩に「長嶋茂雄みたいだなあ」と言ってももうわかりませんよその世代、というツッコミを先輩にするのも自分の世代の役割なのかなと思う中年の入り口に立つ今日この頃。 デザイナーの原研哉さんのポッドキャスト「低空飛行」を最近よく聴く。毎回一流のゲストが来て対談形式でいろんな「日本」にまつわる話をされるのですが、料理研究家の土井善晴さんの回がとてもよくて。 「研究家」というのは言語化する仕事なんだと聞きながら考えていたんですが、そんな中で「大人になってもオ

          スキ
          8
          • 運動神経仕事論

            寝ゲロかけられても許せるようになってからが、子育てだと思う今日この頃。 厳密にはかかってないけど、深夜3時に咳き込みまくって「ごぼっ」という音が暗闇の隣から聞こえてきた時の、我々夫婦の飛び起きスピードもかなり板についてきた。この夏、n度目の風邪。彼、喉の調子のことを自分で「くちいたい」と言えるようになったこともあり、事態を事前に覚悟をもって迎えられるようにはなってきた我が家です。大体1週間は退治に要するので、一家揃ってその期間は引きこもりがちになるわけで、なかなかに倦む。何

            スキ
            20

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 僕と社会の関係性
            吉田将英 / 関係性をデザインする
          • ビジネス寓話辞典
            吉田将英 / 関係性をデザインする
          • THREE FOR YOU ~なりたい気分で映画3選~
            吉田将英 / 関係性をデザインする
          • 仕事の紹介まとめ
            吉田将英 / 関係性をデザインする
          • 気づき帖2(160920~)
            吉田将英 / 関係性をデザインする
          • 考好学研究ノート
            吉田将英 / 関係性をデザインする

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            8月は、誰かしら体調壊してる期間が長い、辛い月間でした。後半もその惰性でダラダラしてしまった。9月はフィジカル立て直し第一に、生活リズム取り戻します。音外すよりリズム外す方がバンドマンとしては下だっていう話を思い出しつつ。

            スキ
            1

            セカンド育休と家事と螺旋階段と。

            子供が生まれたことによる経験で一番、インパクトが大きかったのは育児家事を主担当としてやったことで。育休を2度に分けてとったことで、2回目の保育園入園時期にあたりに、「パートナーは働いていて自分は育休している」という状態を経たのがその背景で、1回目の「あっちはうみたて・こっちはオロオロ」とは全く違う時間を鮮烈に過ごした。そのことはまたどっかで書くかもしれませんが、一番その後に影響が大きかった気づきは、物事には、一つひとつ積み上げて片付いていく「階段型」の構造の他に、何をやろうが

            スキ
            8

            「書き続ける人」の到達点

            書き続けてこられた文字の量に圧倒された2時間。 行ってきました、「鈴木敏夫とジブリ展」。前回2019年の開催の時はなぜか完全に情報をキャッチし損ね、アンテナ力とかいう本を書いている著者にあるまじきスルーをかましてしまったので、満を辞しての寺田倉庫。かねてより、「プロデューサー」という世の中的に非常に理解されにくい、何をやってるのかわかりにくい職業における一人の偉人として、著書は大体全て拝読し、その度にジブリの数々の映画の背景にどれだけの無茶があったかを、尊敬と「自分には無理

            スキ
            20

            「こってり」するから「はっきり」して、「あっさり」に至る。

            最近自分が「あっさり」してきた。サウナに行っても前なら「10分3セットは当たり前。一日滞在するときはそれを4ループはやる」感じだったけど、「8分2セットでも、今いい感じだからもうあがろう」となる。映画も「年間100本、観てない作品を観る」と10年くらいやってきたけど、最近は「ああ、前観たことある作品だけど好きなやつだからもっかい観よう」となるので結果的に50本観れればいい方という状態。物事を突き詰めるときの執着が「あっさり」しているわけです。 歳をとったとか、時間がなくなっ

            スキ
            6

            相手の心がプレゼンの本丸

            月一回、八ヶ岳のそばの富士見町に行って、年間型のワークショップのメンターをやる。今月は、プレゼンテーションの回で、参加者の皆さんが自らやりたいことを企画にまとめて互いに伝え合って、ポスターセッションを通じてチームを作る。毎日プレゼンばっかりして飯を食っている人とは違う、いい意味でのざらつきや気持ちのむき出し感がとても印象的で、形になったらきっと意義深い存在感を放ちそうだなと期待したくなる企画が何個も出ていた。 プレゼンって、結局は想像力の総和で。「未来への想像力」であり「相

            スキ
            3

            「関係するのに適切な人数」を見つけ出す。

            7月は早すぎた。それもこれも中盤の息子〜自分の夏風邪リレーによる、2週間強の家族機能不全によるもので、その期間の時空がリープしている感覚。 一番ひどい時の息子のそれは、咳が比喩ではなく本当に一日中出続けていて、苦しそうで苦しそうで不憫でならなかった。何か食べても咳のせいでもどしてしまうし、それでも何か少しでも食べて欲しかったのでここぞとばかりに好物のバナナなり蜂蜜なり惜しまず提供したのだけど、何食べてもそんな感じなので、甘味がトラウマになってしまったのか、治った今は辛党にな

            スキ
            17

            疲れた1週間。3時就寝が続きましたが、まあなんとかなるもんで。あまり状況を嘆かずに無の境地でとっとと着手するのがいい最近。感情はやってるうちに嫌でも湧いてくるから大丈夫。

            スキ
            2

            今日は息子と「乗らない羽田空港」を遊び倒しました。飛行機の離陸に大興奮。遊びすぎて夜鍋作業の父なので、投稿は呟きですみませんな今週です。来週はnote書きます。

            急に夏が来た1日で暑さにあてられたので今週は呟きだけでパス。今週もお疲れ様でした。

            仕事も結局は運動神経で決まっているから。

            「反応反射、音速光速」は、今まで読んできた漫画の中で一二の好きなセリフです。今、ここに意識と自分の実存を凝縮する感覚。 仕事も結構、運動神経だと最近とても思う。社会人5年目から3年間くらい、毎週毎週クライアントとのワークショップを設計して、メインファシリテーターをやって、ラップアップして、サマリーを報告してっていうのを繰り返し続けていた時期があったおかげで、セッションの運動神経はとても鍛えてもらった。大体の状況にはひとまず対応できる気がしちゃうのは完全に、運動神経的なシナプ

            スキ
            2

            どうなるかわからない未来のことを、それでも想像することの意味

            今週末は月イチの富士見町。先日書いたこの企画のDAY2のメンターとして、生憎の雨の中、それはそれで気持ちのいい八ヶ岳にお邪魔した。 一泊して翌朝、朝だけやってる「朝喫茶ちっと」でトースト定食を食べながら、ignite! 主催の津田さんとモーニングトークしたのは、まさに終わったばかりの御柱祭の話。諏訪エリアを代表する奇祭で、6年に一度の開催が今年。首都圏からの移住の津田さんは始めてディープに運営から関わって、当日も柱に乗って「人生観が変わった」と表現するほどの集団トランスを体

            スキ
            6

            身銭を切ってweb3。

            GWの連休はそれはそれは仕事のことをほぼ1ミリも考えず、家族とあっちこっちお出かけして、それなりに自分の時間も作れて映画2本ほど見れたし、サウナも1回行けたし、ジムにも行けたし、久々に深く休めまして。1〜4月は主に体調不良系の事件が色々あってなかなかにタフデイズだったので、よくできたタイミングで連休って配置されてるもんだなと感心した次第です。子供が生まれて、彼によって引き起こされた生活スタイルの変化に巻き込まれていく、受け身の初体験は大変だけど心地よく、自分の思い込みや完成さ

            スキ
            5