新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナウィルスに影響されない「自分のシゴト」を作ろう

こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。

新型コロナウィルスの影響で、
オリンピックの延期が決まりましたね。

首都圏では、外出自粛要請が出ていて、
事態の終息にはまだまだ時間がかかりそうです。

今後の動向から目が離せません。


コロナウィルスに影響を受けない体制を作る

あなたのお仕事は、影響が出ていませんか?

企業研修の講師をしている知人は、仕事がほとんど
延期や中止になってしまったと言っていました。

行政系の仕事を受けている友人も、
今回の件で予定が全部飛んでしまったそうです。


こんな風に、仕事が次々にキャンセルになると、
やっぱり不安になりますね。

ぽっかり予定があいて時間ができたときこそ
普段できないことに取り組むチャンスです。


落ち込んでいても仕方がないので、
状況が良くなったとき、すぐ動き出せるように
準備をしておくのがオススメですよ。

自分のテーマで仕事をするとき、
コロナウィルスに影響を受けないための
ひとつの方策は、
オンラインで完結する体制づくりです。

オンライン化できないか考えてみる

セミナーであれば、オンラインでできないか考えて
みてください。

販売できるものがなければ、
販売できるものを考えてみてください。

映像や音声の販売もひとつです。


いまは対面で提供しているサービスも、
オンラインにシフトできないか考えてみてください。

きっとできることがあるはずです。

実際、セミナーも、オンラインの会議システムである
Zoom(ズーム)をつかえば、様々なことができます。

リモートワークの導入率が、
コロナウィルスの影響でこの数ヶ月でうなぎ登りです。

今後の流れとしても、オンラインによるサービス提供の
割合は増えていくでしょう。

だから、このタイミングでオンライン化できるものに
取り組むことはとても大きな意味を持ちます。

オンライン化すれば、田舎で暮らしながら
仕事をすることもできます。

僕は、ベースが半農半自然学校なのです。

基本的には、ゲストハウスやレストランのように、
お客さんに来ていただかなくてはならない業種です。

でも、参加者さんに足を運んでいただく講座以外にも、
オンラインでの講座もあります。

あなたが、お客さんに来ていただかないと
いけない業種なら、いまやるといいことは、

・来ていただかなくても売れるものを考える
・状況が良くなったときに、来ていただけるようにファンを増やす

ピンチは、チャンス!
今までのやり方を変えるいい機会です。

こんな風に、普段はできないことに取り組むチャンスだと
捉えると、やれることがいろいろ見つかるはずです。


画像3

あなたのファンを増やそう!

せっかくオンラインのサービスを作っても、
お客さんがいなければ買ってもらえません。

あたりまえですね(笑)

そして、いきなり売ってもなかなか
買ってもらえないことの方が多いです。

では、どうするか?

まず、あなたのサービスや商品に興味を持ってくれる
ファンを増やしましょう。

ここでいうファンとは、
あなたの活動に興味を持ってくれる人のこと。

「この人の発信、役に立つなぁ」と思ってもらい、
「この人の言っていること、面白いなぁ」
と感じてもらう。

ファンになってもらえたら、また見に来てもらえます。

あなたの記事を読んで、興味を持ち、
ファンになってもらうためには、発信力を磨くことが必須です。

どんどん情報発信しよう!

情報発信するときに一番大切なことは、なんでしょう。

それは、

自分の書きたいことを書くのではなく、
お客さんが読みたいことを書くこと

お客さんの役に立つ情報を発信すると、
興味を持ってもらえるし、また読みに来てくれます。

でも、
「発信するのが大切なのはわかっているけど、なかなか書けません」

こういう方も結構います。

なぜ書けないのでしょう?

よくあるのは、
「なにかいいことを書こう」として書けなくなるパターン。

でもね、いいことなんて、書かなくても大丈夫ですよ。
まずは、どんどん発信することです、

書けば書くほど、文章はうまくなりますよ。

アイデアをメモ_green-chameleon-s9CC2SKySJM-unsplash


文章が書ける人と書けない人の違いとは?

書きたいけど、なかなか書けない人の悩みに多いのは、

・書きたいことがなかなかまとまらない・・・
・時間がかかる割に、全然書けない・・・
・書いているうちに、言いたいことがわからなくなる・・・

僕のところ来る方も、書くことに
苦手意識を持っている方は多いですね。

でも、書き方を学ぶとみなさん、
とてもいい記事を書くようになります。

では、文章が書ける人と書けない人の違いって
何だと思いますか?

ちなみに、文学作品を書くわけではないので、
文才は関係ありませんよ。


書けるかどうかの違いは、

「伝えたいメッセージが明確かどうか」

これだけです。

仕事のテーマに関する情報発信では、
味わい深い文章や、かっこいい文章を書く必要はありません。

求められるのは、
スッと読めてわかりやすいこと。

そして、自分が書きたいことではなくて、
お客さんが読みたいことを書くのがポイントです。

ぜひ、記事を書くときには意識してみてくださいね。

書き方がわかると、スラスラ書ける!

文章を書ける人と書けない人の違いとは、何でしょう?

それは、「伝えたいことが明確かどうか」

これだけです。

書けないのは、センスや経験のせいではなく、
「伝えたいことが整理されていないから」

僕がお伝えしている「楽々ライティング法」は、
たった5分で、伝えたいことが整理できて、
文章の構成が決まります。

あとは書くだけだから、スラスラ書けます。

先月開催した時は、参加者さんから

「自分史上、最速でスラスラ書けて驚きました」

「迷わず書けて、なんだか不思議な感覚です」

「広報の仕事をしているので、すごく役に立ちました!」

などの感想をいただきました。


文章を書ける人の思考をインストール!

文章が書ける人は、伝えたいことが明確です。

そして、文章が書ける人の思考を
4つのステップにしたのが、「楽々ライティング法」です。

伝えたいことを整理して、文章にするのは簡単です。

1.まず、テーマを決める。
2.材料となる素材を出す。
3.伝えたいことが伝わるように、出した素材を並べ替える。
4.並べ替えた順番で書く。


たったの4ステップなんです。

これなら、書きたい文章の骨格が決まり、
書き出すまでに5分かかりません。

骨格が決まれば、あとは書くだけだから、スラスラ書けるんです。

レッツゴー armand-khoury-dLGJl7I3Tas-unsplash

【オンライン開催決定!】
4つのステップでスラスラ書ける!
文章講座 「楽々ライティング法」

新型コロナウィルスの影響は、かなり長引きそうです。
この機会に、発信力を磨き、オンラインへのシフトに取り組みませんか。

ご興味とタイミングの合う方とご一緒するのを
楽しみにしています!

開催日時
2020年5月28日 14時〜16時半
2020年5月28日 20時半〜23時
※内容は同じです。

詳しくは、こちらをどうぞ。


感染予防には十分に氣を配りつつも、
恐れすぎず普段通りに過ごすのが大切だと思います。

笑うと免疫力が上がりますから、
こういうときだからこそ、楽しく過ごしましょうね。

では、また!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をカタチにして、起業したい方向けに、サポートしています。 「好きで得意」を活かして、自分だからできることをテーマに起業するために、役立つ情報をお届けします。 また、参加体験を通じた学びの場を作るためのファシリテーションのスキルをお伝えしています。

この記事が入っているマガジン

自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をはじめよう!
自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をはじめよう!
  • 5本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。