見出し画像

The Latest Mythology -vol.3-

【今週のnote神話部活動報告・神話部について】

今週の #note神話部 はすごいことになってます。ギリシア神話、北欧神話、エジプトの伝承をモチーフにした作品から、記紀神話のコラム、寓話のパロディ、仏教に関するエッセイ、内なる自然神まで。まさに古今東西バラエティに富んでいます!
皆さまにご覧いただけたら、きっと神様たちもお喜びになることでしょう。

投稿期間:2019/12/29〜2020/1/4

今週の作品:7点
(ストーリー1、詩歌4、エッセイ1、コラム1〕
今週の部員:ムト紺さん、一湖さん、悠凛さん、ユッキーさん、吉田翠さん、矢口れんと

皆さま、年末年始にもかかわらず、たくさんご投稿をありがとうございました!

作品の紹介に行く前に宣伝をさせてください。note神話部では、皆さまの作品を募集しています。ストーリー(オリジナル神話、二次創作など)、詩歌、エッセイ、コラム、絵画、音声などなど、神話に関する作品であればどんなものでもOKです! 自分の神様を創作してしまってもよいです。
参加方法は簡単。投稿の際に「#note神話部 』のタグをつけて頂くだけです。主宰がお伺いして、note神話部マガジン『My_Mythology〜新しく綴りあげる神話の世界』に追加させていただきます。

また投稿して頂いた作品は、note内やTwitterなどでシェアさせて頂きますことをご了承ください(シェアを希望されない場合は別途ご相談ください)。
神話部の活動は完全に「自由参加型」です。どうぞお気軽にご参加ください。

またnote神話部は読む専門部員も募集しています。ぜひマガジンをフォローし、感想などコメントを貰えたら嬉しいです。

ムト紺さん『2020年。干支頭・子(ね)ずみ年、鼠は根住み、根の年で隠り世からお陰さまがおでましに?』

根の国の神さまグループが私たちを守って下さっている。子年が始まった今、必読のコラム!

一湖さん『頁』

創造神話の中に生きる私たちの詩。刹那にして悠久の日々。朗読したくなる美しい詩文です。

悠凛さん『ラグナロク〜神の黄昏〜』

グレースケールの神話の世界に色づく献杯の物語。義兄弟の契りは終末の時まで。

ユッキーさん『HUNDOSHI』

落としたのはオノではなく……どう考えても畏怖できない神さまの詩は、テンポよくコミカルに!

吉田翠さん『ケメトを運びし悠久の流れ』

ナイルのハピ、氾濫をもたらす豊穣の神。人々の生活の基盤たる、原始の神(精霊)を讃える物語詩。

吉田翠さんの神話部への投稿作品はマガジンにまとまっていますので、コチラもどうぞ!

矢口れんと『龍神』

吹雪く奥日光に足を進めていく中、胸に生まれた幼龍を想う。新年を力強く踏み出したい。

矢口れんと『詩と文化についての覚書』

詩って難しい。書かれた時代や場所によって全然違う。仏教文化から、信仰と詩の関係について考えてみました。

それではまた、次の神話で巡り逢いましょう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援頂いたお気持ちの分、作品に昇華したいと思います!

人の狭間を埋め尽くすスキ
30
詩・物語・音楽の作り手。言葉の波紋「#RIPPLE」、魔法の言葉「#RRETENSE」を唱えて、少年や女性に化けて出る。「#note神話部」主宰