見出し画像

誰もが働きやすい社会を目指してハッタツソン2020を12月に開催!それに向けてプレイベントとして5人の発達障害当事者によるトークイベントを全5回開催します!!

「誰もが過ごしやすい社会をつくる」をコンセプトに様々なプロジェクトを展開する合同会社Ledesoneが主催する発達障害の当事者と共に誰もが過ごしやすくなるようなサービスや仕組みを考えるアイディアソン・ハッカソンイベント「ハッタツソン」を12月に開催!

第2回目となる今年は「働く」をテーマに発達障害の当事者、非当事者がチームとして一緒になって「誰もが働きやすい社会」をつくるためのサービスや仕組みを考えていきます。

又、ハッタツソン2020に向けての関連企画を順次展開していきます!

トークイベント『発達障害当事者が語る「働く」』

ハッタツソン2020の関連企画として「働く」をテーマに発達障害の当事者の方にリアルな声を発信していただくオンラインイベントを全5回開催!

現在又はこれまでに企業などお仕事をされた経験のある発達障害の当事者の方に出演していただき「働く」をテーマに実際に困った事や良かった事など経験に基づくリアルな話しをしていただき誰もが働きやすい社会をつくるためのサービスや仕組みをつくるためのヒントを得ていきます。

「障害の有無関係なく誰もが働きやすい社会をつくる」に興味のある一般の方、当事者の方、企業の方どんな方でもご参加いただけます!

イベント概要

開催日程:8月17日、25日、9月4日、19日、27日
開催時間:19:00〜21:00
参加方法:イベント申込みサイトPeatixにて
Peatixでのお申込みが困難な方や過去のイベントの録画映像を視聴したい方はこちらからお申し込みください。https://form.run/@ht-talk/

8月17日:https://peatix.com/event/1582293/

8月25日:https://peatix.com/event/1587168/


9月 4日:https://peatix.com/event/1587808/

9月19日:https://peatix.com/event/1587814/

9月27日:https://peatix.com/event/1587842/


※全イベント参加申込者限定で後でセミナー録画映像を視聴する事が可能ですので当日のご都合が付きにくいかたでもご参加頂きます。

《コンテンツ内容》
「働く」をテーマに発達障害当事者による講演
現在又はこれまでに企業などお仕事をされた経験のある発達障害の当事者の方に出演していただき「働く」をテーマに実際に困った事や良かった事など経験に基づくリアルな話しをしていただきます。

参加者同士のディスカッション・ワークショップ
出演者の話しをさらに深めるため、3〜4人のグループになって対話をしていただく時間になります。最後はグループ内で話し合った事を発表する時間もあります。
※Zoomのブレイクアウト機能を利用します


《開催方法》
Zoomを使ってのオンライン開催
※お申込みいただいた方には後ほど当日のURLをお送りさせていただきます。
※パソコンやタブレット、スマートフォンのビデオカメラとマイクを使用します。

《参加費》
学割:500円
一般:1,000円
ハッタツソン応援チケット:2,500円
※ハッタツソン応援チケットをご購入された方には運営よりお礼メッセージを差し上げます
※チケット売上は「ハッタツソン2020企画」の運営資金としていただいてます
※領収書が必要な方はPeatixより発行できます。発行方法はこちらをご覧ください

《タイムスケジュール》
18:50〜19:00:Zoomオープン・受付開始
19:00〜19:10:イントロダクション
19:10〜19:30:Ledesoneとハッタツソンに関する紹介
19:30〜20:20:「働く」をテーマにした発達障害当事者による講演
20:20〜20:50:参加者同士でのディスカッション、ワークショップ
20:50〜21:00:ハッタツソン2020企画のご案内、アンケートのお願い

《出演者紹介》
8月17日出演
やださん/矢田 和寛(やだかずひろ)
北海道函館市出身。函館市民歴7年、札幌市民歴19年、大阪府民歴3ヶ月(令和2年8月現在)。
札幌市を拠点とし、発達障害啓発活動団体Age free communityを20歳で立ち上げる。法人個人を問わずに発達障害の基礎を学ぶ勉強会を主催した(6年間で来場者数は500人を超えた)。
地元である札幌に常設の「発達障害バー」を作るため、25歳から現在まで毎月イベントを主催している。
趣味は旅行と飛行機に乗ること。
・Twitter:https://www.twitter.com/yada_sun
・Instagram:https://www.instagram.com/yadasung
・Facebook:https://fb.me/yadakazuhiro93

8月25日出演
makoto
関西の大学・大学院で心理学を6年学んだ後、障害者入所施設の介護職を一般雇用で4年間勤める。
26歳の時広汎性発達障害の診断を受ける。障害者兼支援者という2つの立場から考える支援のあり方について模索中。
ペーパードライバー、ペーパー社会福祉士。
twitter: @makoto5910
note: https://note.com/makoto5910

9月4日出演
くらげ
山形県出身、東京都在住のサラリーマン兼物書き。 聴覚障害・発達障害(ADHD)・躁鬱病があり、同じく発達障害・精神障害・てんかんがある妻(あお)と自立して二人暮らし。 著書「ボクの彼女は発達障害―障害者カップルのドタバタ日記 (ヒューマンケアブックス)」「ボクの彼女は発達障害2 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます! (ヒューマンケアブックス)」があるほか、様々なコラムや記事を執筆している。 現在、障害者専門クラウドソーシングサービス「サニーバンク」( https://sunnybank.jp/ )の広報を務めている。 公式note( https://note.com/kura_tera

9月19日出演
鹿野千絵(かのちえ)/しかせん
1982年奈良県生まれ。25歳の時に自閉症スペクトラム障害とADHDの診断を受ける。
社会人20年の間に19回の転職をし、現在は大阪市内の障害者施設の支援員をしている。
一般雇用・障害者雇用・派遣など様々な形態で働いた経験あり。
モットーは「生きてりゃなんとかなる」。
Twitter:https://twitter.com/shikano_chie

9月27日出演
ゆう
上智大学三年生。
20歳の頃にADHDが発覚しストラテラを服用し始める。ADHDについて様々な書籍を読み勉強していくなかで向いている職業は営業か広報、向いている会社はベンチャー企業だと考える。そして大学二年生の時に合同会社SevenC'sのスタートアップに参加、現在も所属。ただ今起業家や個人事業主向けの学生団体の設立に向けて活動中。
Twitter:https://twitter.com/adhd25579393
合同会社SevenC's:http://sevencs-c.mystrikingly.com/
YouTubeチャンネル:https://bit.ly/3kE2D9o

《企業・団体の方へ》
ハッタツソンでは協賛や協力など様々な形でコラボレーションをしていただける企業や団体さんを募集中です。少しでも興味ございましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

《お問合せ先》
ハッタツソン運営事務局(合同会社Ledesone)
メール:info@ledesone.com

《主催・運営》
合同会社Ledesone
http://ledesone.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金はLedesoneが実施する様々なプロジェクトの企画・運営費用として活用させて頂きます!

ここまで読んでくれてありがとう!
29
合同会社Ledesone(レデソン)は「誰もが過ごしやすい社会をつくる」をテーマに様々な事業やプロジェクトを企画・展開しています。公式サイト:https://ledesone.com