noteでご近所づきあいしたくなった話。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

noteでご近所づきあいしたくなった話。

ダイ (森 大) @医師 / FP / 不動産投資家

こんにちは、森大です!
美容皮膚科医をしながらファイナンシャルプランナーとしても活動しております!

僕は最近こんなことを思っています。

「なかなかnoteでのつながりが増えないなぁ…」
「せっかく続けるなら人とのつながりも大事にしたい。」

というのもコロナ禍、とくに緊急事態宣言下において外出することもほとんどなくなりましたし、友達と会うこともめっきり減りました。

リアルの環境がそんな状態の今、SNSや自分のコミュニティなどで人とつながることが支えであったりします。

***

そんな状況下で始めたnote。
日々黙々と文章と音声配信を続けています。

50記事を超えた今なんとなく「うーん。この使い方で本当にいいのかな?」なんてふと思ったんですよね。

そのあたりの考えを整理しながら綴っていきたいと思います。よろしければお付き合いください。

1.現代のご近所づきあいとは?

画像1

僕は福島県いわき市というところで生まれ、4歳までそこで育ちました。近くには公園があって、よくそこで遊んでいた記憶があります。

むかしの写真を見ると、同年代の子供と一緒に遊んでいる写真がたくさんあります。ご近所さんとのつきあいです。

家が近くであれば挨拶をしますし、隣であればなおさら仲良くなったりします。なんというか、生活圏を共にしている感覚があったんですよね。

***

では今の新宿での生活がどうかというと、お隣さんの顔も知りません。もし顔を合わせたとしてもぎりぎり会釈をするかどうかって感じかと思います。きちんと挨拶をしたり、言葉を交わしたりはしないでしょう。

生活圏を共にしているという感覚は全くありません。

しかしその一方でSNS上では頻繁に人とのやり取りをしています。距離は遠いのに、近い人よりもずっとずっと距離感は近いのです。

これは「現代のご近所づきあい」なのかなと思うのです。

2.WEAR投稿をしていた頃

画像2

もう10年近くも前になりますが、僕はWEARというファッションアプリに投稿をしていました。

趣味の延長で始めただけで特に目指しているものもありませんでしたが、洋服は毎日着るのでそれをそのまま投稿することでそんなに労力なく続けることができました。

「毎日投稿しよう!」なんて気を張らずに、生活の一部を切り取る感覚で投稿していましたね。フォロワーさんが13000人ほどいましたがその頃の自分にはその価値が分からず、ただただ嬉しいと思っていましたね。

そこではファッションという共通の趣味を持った人たちの「ご近所づきあい」が行われていました。共通の趣味があると距離感はぐっと縮まります。

好みが近かったりするとさらに話が弾んで、

「あ、僕もそのお店よく行きますよ!」
「そのボタンとっても可愛いですね。」
「うわぁ、それ真似していいですか?」

なんてやりとりが生まれて本当に楽しかったんですよね。それがきっかけになって、WEAR投稿をやめた後もずっと仲のいい人たちもいます。

***

SNSが物理的な距離をなくしてくれて、距離感が近ければ「ご近所」になれるってことなんだと思います。

そうなると実際の距離よりも「心の距離感」の方が重要になってくるのかなって、思うんですね。

3.noteのご近所づきあい

画像3

2年ほど前、僕がアメブロにブログを書き始めた時のことです。

「アメブロとWordpressで作ったブログって何が違うんだ?」って思って調べていたんですね。そうしたらこう書いてありました。

Wordpresのブログが1つの家だとしたら、アメブロは1つのアパートにみんなで住んでいる状態。だから記事を書き始めたらそれがアパート内で見てもらえる。Wordpressだとだれかに気付いてもらうことが最初はなかなか難しい。

たしかにアメブロで初めて記事を書いた時も誰かが見てくれたんですよね。それはnoteでも一緒です。大きな大きなアパートで共同生活をしている状態。

「せっかく書くなら役に立つ記事を書かなきゃ!」って気を張ってしまうと、SNSとしての側面が見えにくくなるのかなって思います。というか、僕がそうです。

ビジネス運用を考えるとなおさらです。「いい内容を書いて信用されなきゃ!」とかって思っちゃうんですよね。

でもせっかくこのアパートに住み始めたのだから、「ご近所づきあい」も大切にしたいなって。

「文章を書いている」「文章を読んでいる」
少なくともどちらかの要素は共通しているはず。

きっと「距離感」は近づきやすくて、似たジャンルの発信をしていたり、同じ趣味を持っているならなおさら。

リアルの距離が遠い今だからこそ、「距離感」の近いつながりを大切にしてみたい。

50記事書き終えた後で、ふとそんなことを思ったのでした。

おわりに

今回は「noteでご近所づきあいしたくなった話」というテーマでお話しさせて頂きました。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございます。

もしかしたら同じような気持ちの方、共感していただける方もいるのかなって思います。

僕は医者をしたりFPをしたりしながら、自由気ままに生きています。よろしければお付き合いお願いいたします。


【医療、お金、ファッション、インテリアなどをテーマに発信】
ぼくの夢は発展途上国の経済を発展させて、
夢を見ることができる人を1人でも増やすこと。

▶Instagram (ファッション、インテリア、ダンス)
https://www.instagram.com/dye_l/

▶アメブロ (美容とビジネス、経歴)
https://ameblo.jp/dye0906

▶美容皮膚科
新宿Sクリニック
スキンリファインクリニック銀座

▶美容と健康のサプリメント  Life with flora co.
https://corporate.lifewithflora.com/

▶社会人ダンスサークル  Tokyo Medical Dancers
https://tokyo-medical-dancers.amebaownd.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ダイ (森 大) @医師 / FP / 不動産投資家

もしよろしければサポートをお願いします! 今後の活動をより一層頑張らせて頂きます!

スキありがとうございます!励みにして頑張ります!
ダイ (森 大) @医師 / FP / 不動産投資家
お金のテーマを中心に投稿。 美容Dr.をしながらFPとして活動しています。 その他不動産投資、サプリメント事業、ダンスサークル運営など。 発展途上国の支援事業を計画しています。 各種リンクはこちら ⇒ https://lit.link/dye