見出し画像

みんな一緒でいいわけない!

あなたの挑戦を全力でサポートします!
美容コンサルディレクターの久保田ひさとです。

これから開業されるまたは改装予定のサロンオーナーさんへ、"時代の進みかた"最低限の提案を共有したいと思います。

美容サロンってとっても多くて、特に美容室は信号機より多い(25万軒⇔20万機)
サロンは増えていて、人口は減少しているのに。。。
そんな飽和状態の業界で、これから開業予定のプレオーナーさんは、どんなサロンをお客さまへお届けする予定ですか?

これだけサロンが多いなか、他サロンと同じでは、お客さまから見つけてもらえませんよね(確率論)

これからビジネスを仕掛けていくわけです。
みんなと同じで良いという理由が、僕には見当たりません♪


1歩先行く6つの仕掛け(提案)


1.箱
サロンは完全個室にしましょう。
お客さまの『プライバシー・プライベート』を確保すると、提案の深さが出ます。
圧倒的に他サロンと区別化すると、広告費が結果かかりません(口コミ評判)

2.メニュー
本業の軸(メインメニュー)はあるものの、同業他社では扱っていない施術や商品を。
うちでは(美容室ですが)ドライヘッドスパや髪・肌復元、発毛がウリとなっています。
同業種と闘わなくて良いですよ。

3.価格
周りと比べて、安価にしてはいけません。
あなたには価値がある。
サロンコンセプトからメニューを考え、価値を価格に。

4.ターゲット
ペルソナを設定して、ターゲット(客層)を設けましょう。
ターゲットを明確にせず、誰でもOKとなるとコンセプトがボケます。他サロンと一緒になります。
ターゲットをピンポイントで絞ることにより、他サロンと区別できます。
もちろん、お客さまだって『私が行くサロン!』と明確になります。

5.タブレット
セット椅子には、タブレットを設置しましょう。
雑誌、映画、ドラマ、TV、ゲーム、音楽、YouTubeなど、多岐にわたり活用できます。
そもそもその雑誌、目の前のお客さまが欲しい情報は載っていますか?好みは合っていますか?
だったらお客さまに好きなモノをセレクトしてもらうのがサービスではないでしょうか。
タブレットは、提案からの共感共通共有にも使えます。

6.案内
案内とは、既存のお客さまに対してのアプローチです。
オススメは、マガジン(メルマガ)です。
自サロンのLINE公式アカウントをつくり、お客さまに登録してもらい、週一でマガジンを配信します。
サロンの想いや、情報、予約状況など身近を手元(スマホ)に贈りましょう。
想いを詰め込むことで、お客さまはもっともっとファンになってくれます。
LINE予約+マガジンでの活用です。
ヒト検索、ヒト消費、信用の時代です。

日本人って、「みんなと一緒、みんなと同じ」にする傾向にあります。
多分、違ったことするより周りと同じほうが居心地が良いのでしょう。

他サロンと同じということは、あなたの価値が埋もれているということ。
これから仕掛けるなら、ぜひ区別化を♪

ではまた!

ブログでは、普遍的な内容を書いています。
コンサルでは、今の時代の進みかたを
本気でお伝えしています。
リモートコンサルも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。
ご依頼お待ちしております♪


#美容師
#ネイリスト
#アイデザイナー


=クボタコンテンツ=

#集客アップ
#売上アップ
#客単価アップ
#来店頻度アップ
#スタッフ教育
#ファンづくり
#LINE公式アカウント提案
#noteの活用
#店舗デザイン提案
#HP作成お手伝い

が案内できます。

開業前のプレオーナーから
開業10年未満のリアルオーナーまで。

#コンサル受付中


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
僕もスキです♡
3
【客単価・生産性・人時生産性が全国美容室平均の3倍以上の数字を持っています】美容コンサルディレクター/少数精鋭サロン育成研究所 主宰/ベンチャー美容師/benchmark 代表/Rogos株式会社 代表取締役/県美容組合 理事長/あなたの挑戦を全力でサポートします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。