近藤佑子

キャッチコピーは踊る編集者。岡山出身。京大建築→東大院→翔泳社 CodeZine編集長/Developers Summitオーガナイザー。ソフトウェア開発×編集が専門。個人で執筆も。noteは思考メモ。詳しい経歴や実績→ https://kondoyuko.com/about

近藤佑子

キャッチコピーは踊る編集者。岡山出身。京大建築→東大院→翔泳社 CodeZine編集長/Developers Summitオーガナイザー。ソフトウェア開発×編集が専門。個人で執筆も。noteは思考メモ。詳しい経歴や実績→ https://kondoyuko.com/about

    最近の記事

    • 固定された記事

    近藤佑子 / kondoyukoについて

    2020年よりなんでもいいのでnoteを毎日更新するというチャレンジをしてきて、200日になったタイミングで自己紹介をしてみようと思います。 簡単なプロフィール1986年岡山生まれ、都内在住の会社員です。ソフトウェア開発者向けのWebメディアの編集者とイベントの企画をしています。趣味はインターネット、お出かけ、読書、ゲーム、アート鑑賞など。健康や生活実用、自己啓発等についての情報のインプットと、自分へ適用することが好きです。あと星のカービィが好きです。 自粛生活の前は、イ

      • 10代のときぶりに洋裁に手を出したらドハマりしている話

        私の母は、お世辞にもあまり要領がよい人ではなく、料理もあまりおいしくなかったし、部屋もいつも散らかっていたが(私が散らかしていた側面もあるが)、なぜか洋裁だけは得意だった。 家には家庭用には十分なスペックのミシンと、ついでに足漕ぎの古いミシンもあった。さらにロックミシンも購入していた。実家は裕福ではなかったが、本格的なロックミシンを買い足そうというところから、そのやりこみ具合が伺える。 幼少時はフリルのついたワンピースを作ってもらい、幼少期にありがちの「こんなフリフリな服

        • 自炊の食事よりコンビニ弁当の方がダイエットによかったかもなんて

          なんとかして痩せたいと、あらゆることをしています。 筋トレやストレッチ、ダンスや有酸素運動、ヘルシーな食事、家での主食はオートミール、数々のサプリ、などなど……。 ジムにも行きづらくなったし、ワークアウトの記録アプリの昔の記録を見て「昔はこんなに重量持ててたなんて」と思うこともあり、体力・筋力の衰えを感じるものの、やれることを最大限やっているな、と感じています。 なのに、体重があまり動いてくれない。これはどうしたことだと。 そう思い、私は食事記録アプリであるところの「

          • 足裏を柔らかくしたら足全体の柔軟性が上がった

            最近、身体に関しての気付きのほうがたくさん得られているので、身体に関することばかりnoteに買いてしまう。 先日、『魔女トレ』に関するnoteを書きました。 足指のストレッチ、とくにMP関節という足の付根あたりにある関節を足裏側に曲げようとすると、右側は割と曲がるのに、左側はあまり曲がらないことに気づいた。 足裏に関して、幼少期は靴の内側ばかりが過度にすり減っていたし、3年前は足底腱膜炎を患っていたので、とてもよい状態とは言えない。 それでもストレッチをしてほぐしたあ

            いい加減、体脂肪をむちゃくちゃ落とさないといけない気がする

            万年ダイエットをしているような私ですが、一時期減量に成功したので肥満は脱しているような気分になっていました。有酸素運動よりも、食事と筋トレで痩せていくのが正解なのではないかと。 有酸素運動は「とにかくやれ」という感じなので単調であまり凝れないが、食事と筋トレは奥が深い。勉強しがいもあるし、色々試している自分が好きでした。 しかし最近、何をやっても体脂肪が動いてくれる気がしない。ようやく現実を見ました。私はやっぱり体脂肪が多いと。そしてそれは「肥満の人はまず体脂肪を落としま

            『魔女トレ』を読んで、足裏への意識が高まった

            バーレスクパフォーマーのアンネ・コケットリーさんがTwitterで勧めているのを見て速攻でポチり、ようやく読み切った『魔女トレ』。 ダンサーなら当たり前にやれている体の使い方を、アスリートや一般の人向けにも有効なものとして説くという本で、主に「足裏」に焦点を当てています。 足指を握ったり、足首を回したり、足指をストレッチするだけでも身体は全然変わって、床にあたる感覚がもちもちとして、最初は全然できなかったバランスが取れるようになりました。 足裏以外にも、骨盤や股関節の使

            『英語のハノン』をやり始めた

            以前このようなnoteを書きましたが… 2022年は身体スキルを高めようと思っており、その一つの軸して英語力を上げたいと考えています。 これまで英語は私の中で「勉強」カテゴリだったのですが、上記の本を読むことで「歌をうまくするための手段」としての役割も見いだせるようになりました。具体的には 内容を理解するためにリスニング力を上げたい リスニング力を上げるために発音を良くしたい という感じで、最終的なゴールを「英語の理解」においていたのが、 歌がうまくなりたい そ

            朝食は食べたほうがいいのか食べないほうがいいのか

            世の中には、健康やダイエットに関してさまざまな情報があり、時には矛盾するものもあるが、自分の目的を定めると「だいたいこれだ」という方法に行き当たる。 例えば糖質制限。私は一時期、糖質制限によって3か月で9kg減量することができ、体重を落とす手段としては手応えを感じたものの、「腸内環境を良くする」という点ではタンパク質過多の食事は良くないと思い、GI値の低めな糖質を適量摂るように心がけている。 ただ、朝食に食べるか否かに関しては自分の中で迷いがある。 世の中には「16時間

            シェアハウスと同棲の違いについてざっくりとした所感

            先日、沈没ハウスという名前の、私がかつて住んでいたシェアハウスのさよならパーティーに行ってきました。 7年間も住んでいたというと割と驚かれ、昨今のシェアハウス事情や、「どうして引っ越したのか」などについて話していると、いろいろ気づきがあったので自分メモ。 沈没ハウスは、存在を知ったのは2010年頃。当初は共同で子育てを行う「共同保育」が行われていて、前々から面白い活動であり、ムーブメントだと思っていたが、ちょうど私が引っ越したいと思っていたタイミングで空室が出た。古くて小

            お菓子の辞め方が分かってきた

            昨年はしばらくお菓子が辞められなくてこまっていたのだけど、最近はようやく食べなくても平気になってきた。 一時期、糖質制限をしていたこともあって、甘いものを食べなくても平気な時期はあった。ただ一度食べだすと、自制しなければアイスは一日複数個を食べてしまうし、コンビニにおやつを買うのを一日に数回もやってしまう。こういう本を読んで、頭では「砂糖や糖質には依存性がある」と理解しているものの、なかなかピタッと辞められるものではない。 お菓子をやめるにはどうしたらいいか。それにはなん

            スポーツジムに再入会したらやっぱりいいなと思った(感染状況は心配だけど)

            コロナが流行りかけたタイミングで辞めたジム、今月からまた再開することにしました。 と、入会したばかりのタイミングでいきなり感染者数が増えてしまい、ちょっと怖いなというところはあるのですが……。 私が入会したジムは、新規入会限定で格安でグループパーソナルが受けられて、トレーニングについて理論と実践で学べます(私は経験があるのでフリーウェイト中心に)。 ジムに行かなくなって2年ほど経つので、ベンチプレスの20kgのバーも挙げられなくなってしまったのですが、フォームは良いと言

            メガネを変えたら認知負荷が下がった

            以前、メガネスーパーの「トータルアイ検査」を受けたことをnoteに書きました。 メガネスーパーでは気に入ったフレームがなかったので、結局眼科で処方箋を出してもらい、Zoffで作ることにしましたが、そのメガネを受け取ってきました(視力が悪い人あるあるですが、レンズが特注になるので即日で受け取れない)。 新しいメガネは視界がキリッとして見えて、これまでのメガネは見えづらい、ストレスフルな状態だったのだとはじめて実感しました。度を上げたとき特有の気持ち悪い感じもなく、度数を上げ

            ジャズダンスのレッスンを受けました

            ダンスを習おうかと思い、今月からダンススクールに入会しました。 ダンスと言えば、スポーツジムのスタジオはかつてはよく出ていまして、エアロビクス、ズンバのようなフィットネス目的のものから、ティップネスではリズムトレーニング、UNIVERSAL MUSIC WORLD DANCE(かっこいい洋楽で踊る振り付けのレッスン)、バレエまで色々と参加していたので、行けるんちゃうかなと思っていたのですが、そんな甘くはなく……。 私が受けたのはジャズダンスの超入門クラス。ジャズダンスと聞

            2022年は健康な自炊を心がけたい

            1月1日に、ここ数年間の最高体重を記録したので、2022年の最大の目標は半年以内に6kg減量です。と書いておいて、年内に達成するくらいかなぁと思うのですが……。 リモートワークのせいといっても、2020年は割と体重を維持していたので、吉祥寺での生活が原因かなと。思えば、昔は大好物は玄米定食だったし、出張中でも美食はそこそこに玄米ヘルシー定食を探して食べていました。 あとは、以前はコーヒーも飲んでいたので、スイーツよりもスペシャリティーコーヒーがごちそうでした。コロナ前はジ

            メガネスーパーの有料視力検査「トータルアイ検査」を受けた

            お知り合いがSNSに体験談をアップしていて気になったので、メガネスーパーの有料の視力検査であるところのトータルアイ検査を受けました。 もとから視力が悪く、近視に比べて特に乱視が強く、メガネレンズはだいたい取り寄せになってしまうほどでした。しばらく視力に変化はなかったものの、コロナ禍のリモートワークで視力が悪くなった感覚もあったので、メガネを新しく作ろうと。 あまりに乱視が強いので、病院で処方箋を出してもらうのがいいか、それとも検眼の実績が豊富なメガネ店で行うのがいいのかし

            ただのスト客がストリップ劇場の舞台に立った日 #ショーガール体験

            「将来の夢はストリップのコピー、もしくはストリップ風のショーを自分でやってみること」 現存するすべてのストリップ劇場を巡ったことを記念して、2019年に出した同人誌『ストリップ劇場空間へのいざない』のあとがきに書いた言葉です。 ストリップ劇場に初めて訪れたのが10年ほど前、いわゆるストリップの常連のお客さん(スト客)になってから5年、あの同人誌を出してから2年ほど。まさか私がストリップ劇場のステージに立つとは思いもよりませんでした。 *** 「一夜限りのショーガール体