見出し画像

「育成年代」今求められていることは何か

おはようございます!

本日は、今の状況で育成年代の部活やクラブチームでスポーツをしている子供達が、今だからこそできることはなんなのかを考えていきたいと思います。

育成年代に関わる方々はいらっしゃいましたらご意見お聞かせください。


1,現状を整理しましょう

はじめに現在の状況を整理しましょう。

多くの部活やクラブチームもしくは個人スポーツをやられている方々の多くは、コロナが出る前までは同じ空間にチーム、団体として集まり顔を合わせて練習やトレーニングをしていました。

それが、当たり前で普通のことでした。

しかし現在は国としてコロナに対して緊急事態宣言が発令され、外出自粛、3密など外に不要に出ること自体避けなければいけない状況なのでチームとして集まることができずチームでも個人でも練習がもまともにできない状況です。

※最優先にすべきことは、命を守ることです。
外出自粛は今できる最善の手段なので練習ができないのは仕方ないことです。

ただ、これを仕方ないで済ませていいのか

今だからこそできることはないのか

きっとあるはずです。

次にトレーナー目線でできること・できないことを整理していきます。


2,できること・できないこと

では、整理していきましょう。

<できないこと>
・みんなで一ヶ所に集まれない=友達にも会えない
・外で積極的に運動できない=感染リスクを少しでも低くするため
・スポーツ特有の動きができない=必要なスペースが使えないから
・思いっきり動くことができない=周囲の環境問題でできない

このように今まで当たり前と思っていたことができない状況です。
当たり前にできていたことができないと多くの方は、「メンタルの不安定」や「モチベーションの低下」につながります。

なので、そこの「今までの当たり前」を新たな視点で解消してあげることができれば、この期間スポーツはできなかったけど最終的にこの期間があってよかったと思ってもらえるはずです!

では、何ができるか?

僕が今だからこそできると思うのは、「学習」です。

学習と聞くと、学校の勉強かなと思いますが、今回は違います!

(もちろん勉強も学習の一つです。スポーツをしていてもあくまでも、学生の本職は勉強をすることなので学校がなくても自分から勉強するようになってほしいですね。。)

ここでの「学習」とは、勉強ではなく、『自分について』学習することです。

これに関しては、普通にスポーツをしていたら、まず育成年代の子供達が考えることは、少ないので今がそこに向き合う素晴らしい時間だと思います。

具体的に見ていきましょう。


3,「自分について」とは?

では、詳しく見ていきましょう。

自分について簡単に言うと、『自分がどのような取り組みができるか、継続できるかのことです。』

文字だけ見てもそれは、そうだろと突っ込みたくなります。

トレーナー目線から見ていきます。

多くの選手が、最も大事にしていることは『スポーツがうまくなる』ことです。ここに重きを置いてどんな辛い練習にも取り組んでいきます。

ただ、練習時間だけ集中してその後、オフタイムについての取り組みは適当、もしくは何もしない選手がほとんどです。(プロや育成年代の多くの選手を見て来て感じています)

ここのオフタイムに自分が何をしたら次の練習にベストな状態に持っていけるかを学習するのが、大事になってきます。

練習は、たいていは2~3時間程度だと思います。(長期休みになるともっと伸びるて5~6時間になることもあるかもしれないですね。。)

1日24時間あるので、その中で仮に3~5時間取られても、残り21~19時間あり、この残り時間をどのように使うのが自分を成長させるために重要だと考えています。

例)
・通常時(僕の中学時代の日程です。)
→学校 8:00-15:00 (7時間)
→部活 16:00-19:00 (3時間)
→睡眠 22:00-6:00  (8時間)  
この例から見ると、必ずしないといけない時間は、17時間です。

残り6時間あります。きっと残りの時間は、宿題や食事やお風呂などの行動があったとしても1~2時間は時間を取れるはずです。

では、この時間を何に使いますか?

ただ、テレビを見るだけ?ゴロゴロするだけ?ゲームをするだけ?

この時間をどのように有効に使えるかが大事になって来ます。

すぐにできて、自分のためになる僕がおすすめするのは、「ストレッチ」です。

特にストレッチは、今後怪我をしないでスポーツを長く続けていくために重要になる要素なので、それを今時間がある時だからこそ取り組んでみてください!!

習慣にすることができれば、通常に戻ってもしっかり自分の体に向き合うことができ、結果としてその行動が「怪我をしない」「しっかり体を休ませることができ次の練習でさらに頑張れる」などのプラスになります。

ここでは、ストレッチをお勧めしましたが、他にもたくさんやることがあります。

そのスポーツについて戦術や新たなスキルなどを動画でみるとか、今やっていることをまとめてみるとか、普段やっていることよりも小さいことになりますが、スポーツをやっていく上で必ずこの「自分について知ること」は必要になる能力なので、今からやってみましょう!

きっと自分にとってプラスになる取り組みなので、時間のある今だからこそ取り組んでみてください!!


4,まとめ

・今置かれている状況を整理しましょう。
・できること、できないことを整理しましょう。
・自分について理解する大事な時間なので何ができるか向き合ってみましょう。
※すぐにできるおすすめは、怪我をしないために「ストレッチ」を取り入れ継続していくことです。

今だからこそ、できることに向き合って取り組んでいきましょう!


少しでもいい内容だと思っていただけましたら、シェア宜しくお願いします!


では、本日も頑張っていきましょう!


Saito Kaede

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもありがとうございます!😄
12
アスレティックトレーナー/ 千葉ジェッツユースAT /子供たちと共に未来に進むための僕の考えをまとめています!/ヒントとして受け取っていただけたら嬉しいです!/ 西野亮廣エンタメ研究所 / https://athletictrainer.exblog.jp

こちらでもピックアップされています

育成年代へのヒント
育成年代へのヒント
  • 20本

子供たちと共に未来に進むための僕の考えをまとめています!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。