阿部 佳世

『P−draw』の屋号でイラスト描いたりデザインしたり。目下、絵本制作鋭意研究中。★https://www.p-draw.com/

阿部 佳世

『P−draw』の屋号でイラスト描いたりデザインしたり。目下、絵本制作鋭意研究中。★https://www.p-draw.com/

    マガジン

    • P-draw Illustrations ①

      P-draw 阿部佳世のイラストのまとめ。色々なタッチあり。 このマガジンの作品はブログやHPに掲載済みのものです。

    • 4コマ漫画「そんな日常」

      オチとか求めないで。

    • 絵本「All of Life is Special」について

      実在のALS患者(米国在住)を主人公とした絵本制作に関する投稿まとめ。古い投稿が上。

    • 時々は文章も

      文章書いたらここにしまいます。

    • P-draw 似顔絵・デッサン

    最近の記事

    とある公園の、噂の石段

      • 美味しそうな看板

        今回は、データ納品が常の私にしたら、ちょっと珍しいお仕事をしたよというお話。 仙台市太白区は東中田にあるとっても美味しいドーナツのお店、 handmade doughnut nijineco(ハンドメイド ドーナツ にじねこ)さんのメニュー看板の制作をさせていただきました。 オーダー内容は、木の板に直接手描きしたドーナツのイラストを並べたメニュー看板を、とのご依頼。 私のこれまでやらせていただいたお仕事の中でも、こういった内容のものは初めてで、内心結構緊張しながら、サイズ

        • クワの実を食べにくるリス。 去年の今頃の私は、一年後には窓からリスが見える生活を送っているとは全く想像してなかった。

          • ぷりぷり、ぴよぴよ、さらさら、ごうごう

            実は今年の1月、長年暮らしたまちから、山の方へ引っ越してしました。 私はぐるりと山に囲まれた盆地のまちの育ちなので、海よりも山の方が、そして都会よりも田舎の方が断然落ち着くので、山の方で良い場所はないかと、もう10年くらい探していました。 震災も含め、色々な事情でコレという出会いのないまま、すっかり諦めモードになっていた頃、知り合いの不動産業者の顧問の方から、ここ、どう?と軽く打診されたのが、今住んでいる場所です。 あんなに探して探して探しても出会えずえにいたのに、思いもよ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • P-draw Illustrations ①
            阿部 佳世
          • 4コマ漫画「そんな日常」
            阿部 佳世
          • 絵本「All of Life is Special」について
            阿部 佳世
          • 時々は文章も
            阿部 佳世
          • P-draw 似顔絵・デッサン
            阿部 佳世
          • 絵本「いきあたりばったりのおはなし」が東ティモールに行く。
            阿部 佳世

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            絵本が動画になりました。

            しばらくnote投稿しないでいたら色々忘れてて、動画埋め込みできることを思い出すのに1日かかりました;というわけで埋め込んで再投稿。 2015年につくった絵本「All of Life is Special」の動画ができました。 文も絵も、つくったのは自分だけけれど、プロの方によるナレーションやBGMがついたものを見ると、全く違う作品みたい。 あれよあれよでこのご時世、思うこといっぱいですが。。。 今日という日をどう過ごすかを決めるのは自分。 そんなパワフルな言葉を、過去の自

            2015年につくった絵本「All of Life is Special」の動画ができました。 文も絵も、つくったのは自分だけけれど、プロの方によるナレーションやBGMがついたものを見ると、全く違う作品みたい。 https://youtu.be/y5wCBp3EETg

            「ルーティンワーク」

            そんな昼下がり。

            思い出ぽろぽろ

            20ン年前、OLさんやってた頃。 行きつけのカフェで一人コーヒー片手に優雅に本を読んでいたら、隣の4人掛けの席から、ただならぬ緊張感と共に「慰謝料」だの「男の責任」だの「安定期」だの「誠意」だの「認知」だの、ただならぬ単語が次々と耳に飛び込んできた。 瞬間、優雅な気分は彼方へ消え、私の耳は自動的にダンボになった(←比喩が昭和w)。 本のページをめくる手は止まり、隣席の状況を確認しようと目の端でそうとわからぬようガン見。あの時視野の広さの検査をしたら記録更新してたはずだ。 テー

            未来予想 答え合わせ

            20代のころ勤めていた職場の上司は、株をやってる人だった。 「今までの通算だと高級外車一台分くらいの利益得てるかな」だとか、「株は買ったら忘れて放置しとくぐらいが結局のところ一番良いんだよ」とか、当時の私には(今もだけど)全く縁遠い世界だったけれど面白い話をよく聞かせてくれた。(ゴリゴリの広島人なのに標準語で喋る←非常に珍しい、今で言うところの「意識高い系」の人だった。) そういう話題のある職場だったから、同僚とも、もし自分が投資するならどんな企業か、つまり将来どんな業界が伸

            求めるものはすぐそばに。

            ポストカード販売を、やってみようかなと思った矢先、有難いことにお友達のカフェに私のコーナーを作っていただけることに。 トントン拍子の展開、楽しくなってきました。 無添加の完全手作りドーナツが美味しいnijinecoさんです。感謝! https://nijineco.com/

            お一人で大量にご注文頂いた分のポストカード、届いた。 これから発送準備。 まぁまぁ長いことやってるけど、いつもデータで納品だからこういうカタチで自分の絵が売れるのを見るの、何だか新鮮な気分😁。 これを機にやってみようかな、ポストカードの販売も。なんて😊

            黄昏のビギン

            sweet memories

            なんともロマンなお仕事でした、っていうお話書きました。 https://ameblo.jp/kayo-pdraw/entry-12456556007.html