仲町鹿乃子(なかまち かのこ)

「わたしと隣の和菓子さま」#小説 6/15KADOKAWA富士見L文庫さまより発売。物書き https://www.instagram.com/kanokonokomichi/インスタ https://twitter.com/nakamachikanoko ツイッター

仲町鹿乃子(なかまち かのこ)

「わたしと隣の和菓子さま」#小説 6/15KADOKAWA富士見L文庫さまより発売。物書き https://www.instagram.com/kanokonokomichi/インスタ https://twitter.com/nakamachikanoko ツイッター

最近の記事

固定された記事

◇自己紹介◇

仲町鹿乃子(なかまち かのこ) ①既刊 「わたしと隣の和菓子さま」KADOKAWA富士見L文庫さま      2022年6月刊 仲町鹿乃子著・表紙イラストpon-marshさま ②経歴 2001年よりweb上で小説を発表 ③賞など      ・アルファポリスさま主催 第3回青春小説大賞読者賞受賞     ・アルファポリスさま主催 第5回青春小説大賞最終候補     ・第9回ネット小説大賞 二次     ・北日本文学賞 一次     ・童話賞 優秀賞受賞     ・女性向

スキ
28
    • 果匠 正庵さんの黒豆しお大福

      このごろ、大福を食べている。 ということで、果匠 正庵さんの黒豆しお大福のご紹介。 特徴は、なんといってもまわりの餅に入れられた黒豆です。 とても存在感があって、おいしいです。 周りの餅もさっぱりしていて、夏でも食べやすいです。 こちらのお店では、どら焼きも有名です。 以前の映像ですが、載せます。 こんな感じで、わたしのスマホちゃんの写真は糖度が高いです(笑)。 すぐに載せればいいのに、ついつい伸びてシーズンを外れてしまうときも。 そんなこんなですが、よろしくお願いし

      スキ
      4
      • 麻布 昇月堂 さん「一枚流し 麻布あんみつ羊かん」

        衝・撃・的。 麻布 昇月堂 さんの「一枚流し 麻布 あんみつ羊かん」が、麻布に行かなくても購入できる…………すごい。 ちょっと、なにそれ~~~って感じですよ! (情報に疎い自分に涙) 玉川玉島屋さんに行った人からの嬉しいお土産です。 銘菓百選で毎週土曜日に販売とあります。 (情報は変わるかも?なので、そこらへんの確認はよろしくお願いします) そうですか。 高島屋さん……。 そうですか……。←自分でも、なにを言っているのかよくわからない。 さてさて。 「一枚流しあんみつ羊

        スキ
        10
        • パティスリーアングレーズフィーユさんのレモンケーキ

          パッケージの爽やかな緑色に惹かれました。 レモンの味も爽やかで、食べ応えもありました。 お店は 名古屋だそうですが、期間限定でデパートでも購入できます。 ごちそうさまでした。 わたしは一時期レモンケーキマニア(ってほどでもないけど)だったので、今でも見つけると…つい。 小さい頃は苦手だったのですが、今では大好きに。 大人になるのは、なかなかに楽しい。

          スキ
          5

        マガジン

        マガジンをすべて見る

        記事

        記事をすべて見る
          • 北野天満宮さん 災難厄除梅干

            京都、北野天満宮の梅干しです。 期間限定だそうで、運よく購入することができました。 大粒でおいしいです。 そして、なによりも「災難厄除」を願い食べています。

            スキ
            4
            • 笹屋伊織さん 代表銘菓どら焼

              毎月、わずか3日間しか販売されないお菓子があります。 笹屋伊織さんの「代表銘菓どら焼」です。 ありがたいことに、京都に住んでいなくてもデパートやオンラインで購入できます。 食べたい、食べたい……と思いつつ予定があわず。 そして、先日、ついにゲット! 笹屋伊織さんの「代表銘菓どら焼」は、わたしたちが想像するふんわり生地で餡を挟んだそれではありません。 わたし個人の感想ですが、ちまきに似ているように思いました。 熱した銅鑼の上で焼いたそうですが、その様子、見てみたいです

              スキ
              7
              • 叶 匠壽庵さんの「土用餅」

                 叶 匠壽庵さんの「土用餅」。 滑らかなこし餡が嬉しい。 包装紙に書かれた言葉に、しみじみとする。 「みなが安穏にすごせますように」 わたしも心からそう思います。 

                スキ
                1
                • 肥後一庵さんの大福

                  もう、脳が小豆を欲していて…。←このところ、食べていなかった。 ということで、肥後一庵さんの大福。 まわりは、ややかためでしっかりとした餅。 中は甘さ控えめの餡とつぶっとした豆。 おいしいおやつで、人心地つきました~

                  スキ
                  10
                  • OH! 仕様がかわってる!

                    noteさんの仕様が変更されたのですね。 気が付かずに、自分がなにかやらかしてしまったのかと焦りました。 そして、変更となると、今までの画像の付けかたに違和感があり。 消したり変更したり、ごぞごぞしていました。 使いやすいかどうか、今はまだよくわからないのだけれど…。 noteさんは広告もなく、さりげなくいろんな機能があり(音声機能のお世話になりました!)、のんびりしていて好きなので、どうにか使いこなしたいと思っています。 気長に…。 ではでは。

                    スキ
                    5
                    • 07063

                      「わたしと隣の和菓子さま」宣伝用その②編集部に確認済み。 仲町がソフトを使い作成しました。 ①は2分 ②は7分 音が出ます。周囲に気を付けてください。 本文と少し違うかもしれません(タイプミスです) また、声がイメージを合わないかもです。 ご注意ください。

                      スキ
                      4
                      • 00-07061

                        ①「わたしと隣の和菓子さま」宣伝用、音声です。無料 仲町が音声ソフトで作成。 編集部の許可済です。

                        スキ
                        7
                        • ポップいただきました!

                          左下にあるのが、「わたしと隣の和菓子さま」の販促ポップです。 ありがたくも、飾ってくださった書店さまもいらして、ただただありがたい。 とはいえ、ここで初めてご覧になるかたもいると思いますので、もう一度。 初めて見たとき「うっ、わ~~~~」と思いました。 「恋をする」のあとに「――。」が、素敵です。 言葉を視覚的に。 とても大事ですよね。 「わたしと隣の和菓子さま」は、アルファポリスさま主催、第3回青春小説大賞の読者賞受賞作品、「和菓子さま 剣士さま」を改題。 加筆修

                          スキ
                          5
                          • とらやさんの「水無月」

                            怒涛の六月が過ぎました。 みなさま、いかがお過ごしですか。 わたしは七月ですーーなんて。 今年の六月三十日は、町の和菓子屋さんで「水無月」を買って、少し足を延ばして茅の輪くぐりを……と考えていましたが、この暑さで没。 でも、水無月はゲットしました。 とらやさんの「水無月」は小ぶりです。 だから、夕食後に食べてもへっちゃら! 黒砂糖のうまみとコクがあり「あぁ、おいしかったな」と思わず声が出ます。 こちらは、さっぱりとした味わい。 二種類食べると、その味の違いがよくわか

                            スキ
                            7
                            • 京菓子司 芳治軒 さんの「水無月 」

                              明日は6月30日ですね。 京都から始まった「水無月」。 東京にも、じわじわと浸透してきているのではないでしょうか? さて、ご紹介するのは京菓子司 芳治軒さんの「水無月」。 おいしかったです…。 すっと体に入っていく感じ。 餡も上品で、さらりと食べられます。 「大石饅頭」 は、見た目が シナモンロール みたいで、かわいい! 焼いてあるので、その皮の香ばしさと、中のきゅっとしまった餡がとてもあっていて、おいしかっです。 近くにあったら、通ってしまう……。 人気の 蕨餅を買

                              スキ
                              6
                              • 御倉屋 さんの「石竹」と「旅奴」

                                「石竹」はうっすらとピンク色に染まった、淡雪 のかわいいお菓子です。 石竹とは、撫子のこと。 つるんとのど越しが良く、おいしかったです。 また「旅奴」は、黒糖がじんわりと染み絡まったコロンとしたお菓子です。 ほっする味でした。 ごちそうさま!

                                スキ
                                10
                                • 「わたしと隣の和菓子さま」 和菓子が好きな方 和菓子の本 や 和菓子の小説 が好きな方になんとか繋いでいただきたい。 読む、読まないはともかく、この本の存在を知っていただきたい。 宣伝ばかり申し訳ないですが、どうぞ応援よろしくお願いします!

                                  スキ
                                  8