見出し画像

文房具雑貨ブランド「じぶんジカン」とは

「自分と向き合う時間のある毎日を」

そんなコンセプトで運営している文房具・雑貨ブランド「じぶんジカン」の自己紹介noteです。

「もう知ってるよ」な方は改めて、「はじめまして」の方はぜひこちらのnoteを読んで、じぶんジカンのことを知っていただけたら嬉しいです。

画像9

(夫婦で運営しています)

「じぶんジカン」はどんなブランド?

「自分と向き合うきっかけとなるもの」を展開しているブランドです。

リングノートを中心に、文房具・雑貨を企画販売しています。

神奈川・辻堂の工房にて、ひとつずつ製作中。

蜀咏悄 2020-12-29 14 22 52


「じぶんジカン」の想い

じぶんジカンは、2019年1月にスタートしました。

自分の気持ちを無視し続けたことで「やりたいことがわからない」「自分のことが大嫌い」となってしまったわたしが、ノートに書いたり、ひとりの時間をつくったりしながら、すこしずつ自分と向き合うことで前を向けるように…。

そんな経験から、同じように悩む人に「自分と向き合うきっかけ」をお届けできたらな、という想いで運営しています。

ちなみに、最初の商品である「自己分析ノート」は、ブランド創設前の2018年9月に発売開始。

「自己分析ノート」を作ったきっかけは「自分自身が欲しいと思ったので、自分で作ってみた」という、なんとも見切り発車なものでした。

しかし、そんなノートを多くの人が手に取ってくださって、最初に用意した100冊は発売から3日で完売…!

今では、既にお届け数1000冊を突破する人気商品となりました。


じぶんジカンの3つの事業

現在は文房具や雑貨をつくるのがメインですが、一応3つの事業から成り立っています。

画像9

■自分と向き合うきっかけをつくる「もの」

ひとりの時間や、考える時間のきっかけとなるものづくり。

いつでもどこでも誰かとつながってしまうスマホやPCの画面ではなく、アナログで「今ここ」に集中できる物理的な「もの」がいいなと思って、商品を企画しています。

一番の人気商品は先ほどご紹介した「自己分析ノート」です

この「自己分析ノート」と、「自己探索ノート」「働き方を考えるノート」の3つが、じぶんジカンの定番3冊になっています。

また、革職人さん(@calmeleather)とコラボして「自分と向き合う時間」を彩るものづくりもしています。

2020年は、レザーカメラストラップをつくりました。


■自分と向き合うきっかけとなる「言葉」

2020年12月から、noteの定期購読マガジンで『月刊じぶんジカン』をスタートしました。

毎月ひとつテーマを決めて、購読者さん達と一緒に「自分と向き合う時間」をつくれたらと思っています。

***

また、「考えるきっかけになったらいいな」と思いながら、SNSでの発信をしています。

このnoteと、Instagramがじぶんジカンの発信です。

また、代表の松岡個人のTwitterもあります。

それと、じぶんジカンの考え方や活動を、様々なメディアでも展開していけたらなと思っています!

取り上げてくださるメディア様、インタビューの企画など、ご相談お待ちしております。


■自分と向き合う場所をつくる

実は2020年3月に、お客さんにも来てもらえる「店舗兼工房」となる場所に入居したのですが…

画像10

なかなかお客さんを安心して呼ぶハードルが高い世の中になってしまったので…

ぐるっと方向転換して、「店舗をつくるのはまたの機会に」と決め、2020年12月には「お客さんは呼ばない、純粋な "工房"」を、神奈川県・辻堂につくりました。

蜀咏悄 2020-12-29 14 22 52

蜀咏悄 2020-12-29 14 19 58

(海の近くで暮らしたかったから、というのもある)

写真 2020-12-29 6 36 13

辻堂海岸の日の出の風景

とはいえ、今後もお客さんと直接会えるイベントは開催したいなと思っています。オンライン/オフライン問わず。

ちなみに、イベントは既に何度か実施しています。

▼2019年カフェ&ノートづくりイベント

▼2020年ノートづくりイベント(オンライン)

今後もイベントを企画していく予定です!


じぶんジカンの歴史・売上推移

画像9

まだまだスタートしたばかりのじぶんジカン。ここは定期的に書き加えて行こうと思います。

2018年

9月:自己分析ノートの発売
→発売後3日で用意していた100冊完売

年売上:約15万2000円

2019年

1月:「じぶんジカン」ブランドスタート
2月:NERUMAE NOTE発売
3月:ロゴが完成
5月:レザーブックカバー発売
7月:製本機導入
10月:働き方を考えるノート発売
11月:初めての1日限定店舗&製本イベント開催

年売上:約67万円

2020年

3月:東小金井に工房を構える
4月:緊急事態宣言でノート販売休止
5月:じぶんジカン相談室オンライン発売
    ノート販売再開
7月:カメラストラップ発売
8月:夏ノートづくりワークショップ開催
10月:自己探索ノート発売
11月:年末ノート発売
12月:工房を東小金井から辻堂へ移転
   『月刊じぶんジカン』スタート

年売上:約124万3000円

***

いっぱい売ることや、拡大することを目指しているわけではないのですが、じぶんジカンはわたしにとって大切なブランドなので、長く続けたいなと思っていて。

2020年は、ようやく収支がトントンぐらいになった印象。

ちゃんと事業として続けられるように、がんばります!

これからのじぶんジカン

2021年も「自分と向き合う時間」をコンセプトに、ものづくりをしていきます。

これからつくる商品については、まだ考え中なのですが…

ひとつ、2020年の年末に出した「年末ノート」のように、気軽に振り返りができるノートは、またつくりたいなあと思っています。

▼年末ノート2020

来年も2~3つは、新しいもの/ことを企画していく予定です。

ぜひ、これからも見守っていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!





この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
じぶんジカン松岡

サポートもうれしいですが、記事をSNSでシェアしていただけると力になります!

Have a nice jibunjikan!
234
自分と向き合う時間をつくる文房具・小物ショップ「じぶんジカン」代表・松岡のnoteです。https://matsuokamiki.thebase.in