じぶんジカン松岡
文房具雑貨ブランド「じぶんジカン」とは
見出し画像

文房具雑貨ブランド「じぶんジカン」とは

じぶんジカン松岡

「自分と向き合う時間のある毎日を」

そんなコンセプトで運営している文房具・雑貨ブランド「じぶんジカン」の自己紹介noteです。

「もう知ってるよ」な方はあらためて、「はじめまして」の方はぜひこちらのnoteを読んで、じぶんジカンのことを知っていただけたら嬉しいです。


文房具雑貨ブランド「じぶんジカン」とは

「自分と向き合う時間をつくる」というコンセプトで、プロダクトやコンテンツをつくっているブランドです。

A5サイズのリングノートを中心に、文房具・雑貨を企画販売しています。


主力商品|リングノート

蜀咏悄 2020-12-29 14 22 52
じぶんジカンの工房にある製本機

じぶんジカンの主力商品は、ワーク形式の書き込み式リングノート。

ノートは、神奈川・辻堂の工房にて、一冊ずつ手製本してお届けしています。

製本の様子

定番ノートはこちらの4冊です。

▼一番人気「自己分析ノート」

▼最も感想をいただく「自己探索ノート」

▼2021年の新作「強みノート」

▼ギフト利用が一番多い「働き方を考えるノート」


関連アイテム|雑貨

コンセプトに沿った雑貨も企画販売しています。

同じようにていねいにものづくりをしている職人さんに制作をお願いしていて、個数限定で販売しています。

▼レザーカメラストラップ

まだまだ他にもアイテムを企画中です。おたのしみに!


「じぶんジカン」の想い

じぶんジカンは、2019年1月にスタートしました。

自分の気持ちを無視し続けたことで「やりたいことがわからない」「自分のことが大嫌い」となってしまったわたしが、ノートに書いたり、ひとりの時間をつくったりしながら、すこしずつ自分と向き合うことで前を向けるように…。

そんな経験から、同じように悩む人に「自分と向き合うきっかけ」をお届けできたらな、という想いで運営しています。

ちなみに、最初の商品である「自己分析ノート」は、ブランド創設前の2018年9月に発売開始。

「自己分析ノート」を作ったきっかけは「自分自身が欲しいと思ったので、自分で作ってみた」という、なんとも見切り発車なものでした。

しかし、そんなノートを多くの人が手に取ってくださって、最初に用意した100冊は発売から3日で完売…!

今では、既にお届け数2000冊を突破する人気商品となりました。


じぶんジカンの3つの事業

不定期開催の1日限定店舗の様子

現在は文房具や雑貨をつくるのがメインですが、一応3つの事業から成り立っています。

【3つの事業】
・もの|ノートや雑貨など
・場所|イベントなど
・言葉|メディアでの発信など

自分と向き合うきっかけをつくる「もの」

ひとりの時間や、考える時間のきっかけとなるものづくり。

いつでもどこでも誰かとつながってしまうスマホやPCの画面ではなく、アナログで「今ここ」に集中できる物理的な「もの」がいいなと思って、商品を企画しています。


自分と向き合う「場所」をつくる

イベントの様子

落ち着いて自分と向き合える場所って、意外と少ないなあと感じています。

わたし自身が「こういう場所があったら良いのに」と思っている場所をつくれたら…!

そんな気持ちで、現在はイベントとして「場づくり」をしています。

イベントの様子

まる1日をゆっくりお過ごしいただく「じぶんジカンリトリート」や、少人数でじっくり自分について考えるワークショップなど。開催のお知らせはSNSにて。

▽Twitter
https://twitter.com/jibunjikan_t
▽Instagram
https://www.instagram.com/jibun_jikan/

また、いつかはカフェのような形で、実店舗もつくりたいなと思っています。

実は、2020年には以下のような「小さなお店」を持っていました。

画像10
2020年のお店兼工房

ただ、みなさまご存知の通り、なかなかお客さんを安心して呼ぶハードルが高い世の中になってしまったので…

ぐるっと方向転換して、「店舗をつくるのはまたの機会に」と決め、2020年12月以降は「お客さんは呼ばない、純粋な "工房"」を、神奈川県・辻堂につくりました。

蜀咏悄 2020-12-29 14 22 52
辻堂の工房の一角
蜀咏悄 2020-12-29 14 19 58
辻堂の工房の一角

いつかまた、みなさまにお越しいただける場所をつくれるよう、がんばります。


自分と向き合うきっかけとなる「言葉」

2020年12月から、noteの定期購読マガジンで『月刊じぶんジカン』をスタートしました。

▼マガジンはこちら

毎月ひとつテーマを決めて、購読者さん達と一緒に「自分と向き合う時間」をつくれたらと思っています。

***

また、「考えるきっかけになったらいいな」と思いながら、Webでの発信をしています。

【SNS等一覧】
公式サイトはこちら
Instagramはこちら
Twitterはこちら
noteは今お読みいただいているアカウントです!

それと、じぶんジカンの考え方や活動を、様々なメディアでも展開していけたらなと思っています。

これまでのメディア掲載はこちら。

【メディア掲載事例】
▼Web
ソラミド
Roomie
▼紙媒体
雑誌「湘南スタイル」
など

取り上げてくださるメディア様、インタビューの企画など、お気軽にご相談お待ちしております。


じぶんジカンの歴史・売上推移

まだまだスタートしたばかりのじぶんジカン。ここは定期的に追記していこうと思います。

[2022.1.9]2021年についてを追記しました!

売上推移

縦軸の単位は売上(万)/横軸は西暦

2021年はたくさんの方に知っていただき、多くのノートをお届けすることができました。

手に取ってくださったみなさん、ありがとうございます。

これまでの歩みは、以下をご覧ください。

2018年

9月:自己分析ノートの発売
→発売後3日で用意していた100冊完売

2019年

1月:「じぶんジカン」ブランドスタート
2月:NERUMAE NOTE発売
3月:ロゴが完成
5月:レザーブックカバー発売
7月:製本機導入
10月:働き方を考えるノート発売
11月:初めての1日限定店舗&製本イベント開催

2020年

3月:東小金井に工房を構える
4月:緊急事態宣言でノート販売休止
5月:じぶんジカン相談室オンライン発売
    ノート販売再開
7月:カメラストラップ発売
8月:夏ノートづくりワークショップ開催
10月:自己探索ノート発売
11月:年末ノート発売
12月:工房を東小金井から辻堂へ移転
   『月刊じぶんジカン』スタート

2021年

3月:毎月テーマ帳の発売
6月:古性のちとのコラボ「最高の1日を考えるノート」発売
    オンラインワークショップ開催
9月:じぶんジカン相談室発売
   オンラインワークショップ開催
10月:強みノート発売
   オンラインワークショップ開催
11月:年末ノート発売
12月:オンラインワークショップ開催
   大阪・梅田蔦屋書店での販売開始

***

いっぱい売ることや、拡大することを目指しているわけではないのですが、じぶんジカンはわたしにとって大切なブランドなので、長く続けたいなと思っていて。

2021年は、ようやく「続けていけるかも…!」というきざしが見えた1年でした。

ちゃんと事業として続けられるように、これからもがんばります!


これからのじぶんジカン

2022年も「自分と向き合う時間」をコンセプトに、ものづくり&場づくりをしていきます。

実は今年から、わたし自身が「じぶんジカン専業」となりました。これまでやっていた複業のクライアントワークをすべて辞めて、「じぶんジカンに注力するぞ!」と決めた、節目の年です。

よりじっくりと、エネルギーを注いで、新しいもの/ことを企画していく予定です。

ぜひ、これからも見守っていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

▼オンラインショップはこちら

▼公式サイトはこちら



この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
じぶんジカン松岡

サポートもうれしいですが、記事をSNSでシェアしていただけると力になります!

読んでもらえてうれしいです!
じぶんジカン松岡
自分と向き合う時間をつくるノートブランド「じぶんジカン」を運営してます。ここは等身大の思考を書き留めて置く場所。https://store.jibunjikan.jp/