斎木 稔貴

ITエンジニアです。 運用、開発、セキュリティサービスと業務を経験。 個人でのんびりWebアプリケーション開発したい。

斎木 稔貴

ITエンジニアです。 運用、開発、セキュリティサービスと業務を経験。 個人でのんびりWebアプリケーション開発したい。

最近の記事

【将棋】後手4手目問題

何の話題? 居飛車党とか振飛車党とか、自分のことをそのように表現できる人をうらやましく思うことがあります。私は定跡形でやられすぎた結果として序盤をこじらせている消極的な非定跡党なので、序盤の悩みが尽きません。  とはいえただ定跡を避けているだけではなくて、それなりに序盤の一手一手の意味とか価値とかを考えています。今回はそんな、結論は無いけどみんなで語りたいよねという最序盤の話題です。  先日、後手番の坂田流向飛車を指して負けた後に私はこんなツイートをしました。  その局面

スキ
7
    • 観戦記:にっし~さんvs面妖流さん

       その日、私が駆け付けたときにはすでに多くの観戦者が集まり、指す順でお馴染みのアカウントが並んでいた。そして局面はすでに面妖だった。  9八に香を上がる形は面妖流の象徴とも言えるもので、すでに先手陣は個性が剥き出しになっている。  7七の角が不在なのも▲9八香と関連していると思われ、後手からすれば攻める目標物が無いといった感じだろうか。それでいて陣形のまとまりは良く、5~7筋を全力で押し返そうという気概が感じられる。  本局は指す将順位戦7thのA級2組4回戦。(棋譜再生

      スキ
      1
      • 観戦記:そうざいさんvsこまちさん

         この頃は暑い日が続きますが、指す将順位戦7thでは熱い対局が続いています。特に第4節のそうざいさんvsこまちさんの対局カードはなかなかに熱いもので、私にとって注目局でした。(棋譜再生) 開幕4連勝を賭けた1局 A2リーグは結構な猛者揃いですが、開幕前に私が昇級候補として名を挙げたのは、第1に前期A1のにっし~さん、第2にこまちさんでした。  しかし実のところ、第2に挙げたこまちさんの名前は、換えてそうざいさんにするか悩んでいたものです。お二人にはそれだけの実力があると考え

        スキ
        5
        • 何もしない日

           私は今日は「何もしない日」にすることにしました。  と言いながらnoteを書いていたりするわけですが、何もしないというのは本当に何もしないというわけではなく、予定やタスクを何も持たないという程度の意味です。  私は自己肯定感が強くて、日々の心情はとても安定しており、何かあっても声を荒げたり泣いたりすることはほとんどありません。しかし、なんとなく気分が晴れずあまりやる気が出ない時期というのがときどきあります。  「何もしない日」は、そういう自分のメンタル的なケアのために用意

          スキ
          4

          観戦記:面妖流さんvsこまちさん

           指す将順位戦7thのA2リーグ3回戦、面妖流さんvsこまちさんの対局の観戦記です。(2022/07/15 22:30開始)  フリー対局でした。棋譜はこちらから確認いただけます。 戦型は後手一手損角換わり 対局が開始されてすぐに、後手番となった面妖流さんから角交換をして、戦型は後手一手損角換わりに決まりました。  角換わりは両者ともに得意としているところ。非常に速いペースで指し手が進んでいき、よどみなく真っ向勝負といった雰囲気です。 先手が攻めを見せる 受けと入玉に

          スキ
          3

          なんかやれば、なんか形になる

           昔、とある柔道漫画で見かけた言葉が印象に残っています。  その漫画の内容では、柔道部で全く先輩の指導を受けられなかった部員が柱に向かって背負い投げの打ち込みを毎日毎日繰り返したところ、背中の筋肉が異様に発達してすごいことになりました、という話。  最終的には技術的なアドバイスや気持ちのこもった応援も受けて強敵に勝つわけですが、勝つことができた一番重要な理由は「筋肉がすごかった」であり、そこがスポーツ漫画としてちょっと異質だったかもしれません。 やってみてから考える  

          スキ
          3

          指す将順位戦7th 目標など

           指す将順位戦7thの対局表が発表されました。これを受けて、今期の私の目標やその他いろいろ思うところを書いておきたいと思います。 雑感敵が多い  当たり前なんですが、主観的に対局を考えたとき、味方は自分1人で、敵は11人もいるんですよね。これって、ちょっと敵が多すぎませんか?  私は前期6thで初参加して、今期が2期目となります。前期は「殴り込み」みたいな気概もあっての参加で、知らない人ばっかりだしあんまり考えなかったんですが、対戦相手の1人1人が見えている今期で言うと、

          スキ
          11

          豆を食べる

           皆さん、豆を食べていますか?  日々の生活において、食事は健康面でも文化的な面でも経済的な意味でも非常に重要なファクターです。その中で、"豆"は意識してみるとかなり重要な素材で、有効活用できるといろいろと良いことがあります。また、社会的にもこれからは豆食が重視される豆の時代になると考えています。  以下ではもう少し詳しく豆を食べることをお勧めして、そのあと豆料理をいくつか紹介を書きたいと思います。 重要なたんぱく源 健康的な食生活のためには、3大栄養素を適切に取るべきです

          スキ
          3

          漫画『ゴールデンカムイ』の鑑賞

           『ゴールデンカムイ』は、以前から読みたいと思っていた漫画作品の1つだった。周知のとおりこの4月に作品の完結に合わせて全話無料公開という大胆なPRが打たれたため、私は好機とばかりに作品を読み始めた。そして作品の魅力に引き込まれ、資格試験の直前であるにも関わらず最新話まで通読してしまった。  ここでは、4月28日に最終話が公開されたことを受けて、私が『ゴールデンカムイ』という作品をどのように受け取ったかを書いてみたい。所詮ニワカなので十分な受け止めができていないところもあるか

          スキ
          4

          【将棋】局面の評価軸としての不安定度

           ずっと書きたかった話です。  将棋の局面に対する既存の評価値の問題点を指摘し、不安定度という新しい評価軸を追加することで初めてプレイヤーにとって意味のある判断基準となるという話を書きます。 将棋ソフトの評価値に満足か 私は10年前から将棋ソフトの「評価値」に不満を持っています。  これは将棋ソフトが「強くなる」ことを第一の指標として進歩してきたということに端を発しているように思います。将棋ソフトの「評価値」はソフトがプログラム的に勝ちに近づくための道具でしかありません。

          スキ
          125

          指す将ドラフトチームバトル - 勝手に観戦記

           指す将ドラフトチームバトルが終了しました。  関係者同士で進められた企画だと思いますが、私はチームに関わらず観戦して楽しませていただきました。企画が滞りなく予定通りに進行して無事終了したところは、企画運営メンバー・参加メンバーの事務能力の高さ・仲の良さ・人知れぬ努力などをなんとなく感じます。  たくさんの熱戦が繰り広げられ、当事者からもいろいろ想いのこもった振り返りが出ていますが、せっかくなので傍観者の立場から勝手に観戦記を書いてみようかと思います。 目立った人 対局メ

          スキ
          9

          読まない将棋の局面理解 #2

           すみません。いきなりですが、この将棋講座的なシリーズはやめにします。  もともと1月時点では月1回くらいのペースで書いていこうと思っていたのですが、2月はちょっと忙しくて時間が取れず、3月になって冷静に見てみると「これ読み物としてあんまりおもしろくないな」と……。  というわけで、書き置きしてあった本記事を投稿して終わりにします。  このシリーズでは、毎回1つの局面図をテーマ図として取り上げ、ざっくりした状況分析と形勢判断を行います。  特定の戦法や定跡を解説するつもりは

          スキ
          3

          目の前の邪魔者を排する話

           昨日、皿洗いをしました。  このときは洗い物がちょっと溜まっていて、流しが埋まって洗うためのスペースがない状態でした。皿や器が積み重なり、一番上には大きなやかんがあって、コンロの方にも洗い物があるというような状態です。  しかし私はそれなりに皿洗いスキルを磨いてきたので、こんなもので怯むことはありません。まず一番上のやかんを洗ってタオルで拭いて片づければ、もう洗い場は作業スペースが確保されています。  普段は、洗い物をするときには小物から先に洗います。それは洗ったものを重

          スキ
          3

          侵略戦争を容認しないということ

           今月はちょっと忙しくて、あまり書きたいことを書く時間がありませんでした。そうこうしているうちに情勢が動いて、これに触れずに他のことを書くのもなあという気持ちになりました。 侵略戦争  戦争といっても、いろいろあります。  宗教を含む民族同士の確執によるものだったり、抑圧的な王政や他国に従属する傀儡政権に対して民主主義を求めるものだったり、軍部によるクーデターだったり……。  国内での紛争の形をとることも多いですが、国家間の紛争であれば、例えば境界地域の所属を巡って紛争が

          スキ
          2

          フリーランス1年目の確定申告

           私は2021年3月末で会社を退職し、フリーランスになりました。そこで、今期(令和3年分)の確定申告で行ったことをメモしておきます。 前提事項  フリーランスという言葉がよくつかわれますが、税金関係の立場でいうと「個人事業主」です。  会社を辞めたタイミングで、役所で健康保険・年金保険の手続きをするのと同時に、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」を提出しています。  また、夏ごろに引越しをして納税地が変わったため、「個人事業の開業・廃業

          スキ
          6

          読まない将棋の局面理解 #1

           突然ですが、前々からやりたかった将棋講座的な連載を始めてみます。  ちゃんと書けるかわかりませんが、月1くらいの頻度で続けられたらいいなぁと思っています。  この連載では、毎回1つの局面図をテーマ図として取り上げ、ざっくりした状況分析と形勢判断を行います。  特定の戦法や定跡を解説するつもりはありません。具体的な手順を符号で並べることもしません。現局面だけを見て「局面の急所はどこか」を考えていきます。目標は「読まなくても急所に手が行く」ことです。  記事を読んでやりたいこ

          スキ
          4