旅先5カ国のティザーチラシ 配布中
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

旅先5カ国のティザーチラシ 配布中

こんにちは。映画「場所はいつも旅先だった」のプロデューサーの石原です。現在、渋谷ホワイトシネクイントでは、限定版ティザーチラシを配布しております。現在はサンフランシスコ(アメリカ)とシギリア(スリランカ)の2種類が劇場に並んでいます。

画像1

画像2

旅のエッセンスを手に取って、感じてもらえるように。       

限定版チラシでは、世界5カ国を巡った映画にちなんで、旅先で撮影された写真5枚を選び、各都市ごとに、松浦監督が自ら1行コメントを加えました。

コロナ禍で旅に出ることが難しいだけに、見るものに旅への郷愁を募らせるような淡いカラーを生かしたビジュアルとなっています。

チラシはどのようにしてつくられていくのか?

今回のティザーチラシは、劇場であるホワイトシネクイントさんと一緒に作り上げていきました。劇場という場所は、映画を見る上で一番良い環境を常に提供しています。そうした劇場で日々、映画をお客さんに届けている方々の視点を活かしつつ、少しでもこの一枚のチラシから映画の魅力が伝わるように、旅の高揚感を感じてもらえるようにと作り込んでいきました。

限定版チラシは、7月2日以降、毎週1種類ずつ配布されていき、5週間後に全てのビジュアルが並ぶ予定です。ティザーチラシの詳しい情報が知りたい方は映画公式HPのフライヤー情報をご覧になってください。

http://yataro-itsumo-tabisaki.com/

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!