橋口いくよ(作家)
必ず結果を出す美容の源泉
見出し画像

必ず結果を出す美容の源泉

橋口いくよ(作家)

★ 切り花美容はいつか終わる

一瞬で、一発大逆転で、きれいになる。

なんてことは、なんか大手術みたいなことでもしないかぎり難しい。

いや、大手術でも無理なのではないか。

美容や自分ケアって、1日頑張ったからといって突然綺麗になるわけじゃないし、続けることで結果が出るもの。

ただ、その継続って難しくない?
なんでそんなに続くの?
どうすれば続くの?

という質問を、身の回りからも、読者の方からも頂くということは、みなさん本質的に「続けないと意味がない」ということをわかってらっしゃるんですよね。

でも「続かないから悩む」という。

美容を花に例えると、コスメだったり集中ケアだったり外からいろんなことをするって、花瓶の切り花みたいな感覚なんです。

水がなくなれば花もやる気と生命力をなくして枯れるし、水が腐れば花も腐る。

もちろん茎を時々切って、丁寧に水換えをしてあげれば、モチはよくなるけれど、期間限定で終わる。

どちらにせよ度合いの違いはあれ、切り花美容は「一時的に綺麗でいる方法を試行錯誤する」ということになります。

お部屋に飾るお花はそれでいいけれど、人間はそうもいかない。

やっぱり地植えの根っこをはった美容法がいい。

少々お水が来なくたって頑張れたり、栄養を蓄えることができたり、常に細胞を入れ替えて自分をつくり続けて、変化して、花を咲かせる時期もあれば、緑がしげる時期もあれば、葉っぱを落としてじいっとおとなしくしていることもある。

いい時期ばかりじゃないけど、それは個体として強く美しい。

そんなイメージで、きれいでいること、美容というものを大切にしています。

今回は、そうあるためにどういうマインドで美容にとりくんでいるかというお話をしていきます。

これまで美容は他者からの評価のためにしているのではなく、あくまで

「自分が気分良く生きるため」

とお伝えしてきました。

そこをさらに深掘りして、なんのために私が「キレイ」を追求して美容をケア続けているのか、続けていられるのか。

じっくりお話しますね。

ここなくしては、私の美容は語れないし、続いてこなかったと思います。

美容って、こんこんと湧き出るものがあってこそ全身に広がって行動につながるもの。

初めてお話する、その源泉のお話です。

きっと誰にでもその源泉はあります。

みつけたらこっちのもの、必ず地植えのキレイに向かう。

もしもその泉がまだ見つからない方がいらっしゃったら、そのヒントになれるよう心をこめて綴りますね。

マガジン読者の方もありがたいことに新しい方がたくさん読みに来て下さっていて、それに春だし、みなさまの美の底上げにこの記事が役立つといいな。

じわじわ効くよー! 源泉からたくさん美容エネルギー沸くよー!

この記事はマガジン『なんでそんなに若いの? 美容法教えます』掲載です。

30数年、自分人体実験してきた上で、どれも正直に書いた自信のある記事です。
マガジン購読はこちら →『なんでそんなに若いの? 美容法教えます』
(*この美容マガジンには『ダイエット食堂イクヨ』マガジンもおまけでお読み頂けますので、お得です。ご購読される方はダイエットマガジン単体で間違えてご購読されないでくださいね)

なまけものでも、へたれでも、いくつでも、いつからでも、昭和人間でもきれいになれることをモットーに、どなたでも楽しめるマガジンです。

この続きをみるには

この続き: 4,594文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
個別に記事をご購入されるよりマガジン購読のほうがお得です。【さらにお得情報! こちらのマガジンを購読の方には、note内にある別のダイエット食マガジン(400円)が無料で【おまけ】としてついてきますので、さらに記事がプラスされてお得です】

★★ひと月で文字数たっぷり美容法★★ 実年齢より、だいぶ若く見られる48歳です。 -17歳はもちろん、そんなの必要ない世代の方にも美力UP…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
運気上昇のハイタッチ!
橋口いくよ(作家)
2001年作家デビュー。オリジナル作品の他、映像作品やコミックの小説化、アニメや舞台の脚本。作詞、アーティスト・音楽関連プロデュース、ステージ演出、TVコメンテーター『とくダネ!』『ビートたけしのTVタックル』等々。https://www.hashiguchiikuyo.com/