橋口いくよ(作家)

2001年作家デビュー。オリジナル作品の他、映像作品やコミックの小説化、アニメや舞台の…

橋口いくよ(作家)

2001年作家デビュー。オリジナル作品の他、映像作品やコミックの小説化、アニメや舞台の脚本。作詞、アーティスト・音楽関連プロデュース、ステージ演出、TVコメンテーター『とくダネ!』『ビートたけしのTVタックル』等々。https://www.hashiguchiikuyo.com/

マガジン

  • 総合美容マガジン『なんでそんなに若いの? 美容法教えます』

    ★★ひと月で文字数たっぷり美容法★★ 来年50歳になります。 -17歳はもちろん、そんなの必要ない世代の方にもキレイになる方法をお伝えします。 「なにつけてるの?」「何食べてるの?」「何のんでるの?」 「なんで若いの?」 これは、私の人生で一番多くされる質問。 お答えすると喜んで頂けることが多いので、マガジン化します! 髪、肌、ダイエット、マインド、健康、メイクなど、美容法からアイテム、生活習慣など、ギュッとお伝え! (月3、4回程度・文字数で変わります)皆様にストレスがない回数でお届け。 素敵なランチ1度の価格で、お好きな時に、ひと月ごゆっくりたっぷり色んな情報をお楽しみ下さい。

  • ここだけでしか書かない内緒話<月3〜4回配信/文字数で変動>

    ★月3〜4回の配信予定/文字数で変動★ 作家のお仕事、それまでの日々、テレビ出演、アイドルプロデュース、仕事の裏話、過去のこと、今のこと、人生についてなどなど、思っていたけど言えなかったこと、この中でしか書かないこと、かなり正直に綴ります。 Twitterやブログやinstaglam等より、ちょっとやんちゃだったり思い切ったことを書くことも多いかもしれませんが、それがこういう有料マガジンの良さかなと思っています。

最近の記事

  • 固定された記事

自分を「美人だ」と思うか

少し前に、ドキドキしながら始めたnote。 最近、フォローして下さる方やマガジン購読の方が急に増えて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。 こりゃあ、改めてご挨拶せねばと思ったしだい! 無料記事なので、どなた様も最後まで楽しんで行って下さい。 ◆ なぜ人は自分で自分を美しいと言わないのか私は「美人ですね」とか「きれいですね」と、言われることがあります。 えっ、それを自分で言うとか…… 恥ずかしくないのかとか、あつかましいとか思われそうで、怖くなります。

    • メイクなのに!元から肌が綺麗な人に見えるコスメ4選

      ★ デパコスの原点にして掘り出し物! 昔、デパコスに憧れが止まらない時代がありました。 デパートに行って、コスメカウンターをまわる喜びって未来がひらけていくような、自分が変われるような、無敵になったような気持ちになったなあ。 あとは海外のDFSで「わ、日本より安い!」とか興奮しながらあれもこれも欲しくなったり。 今もその気持ちが消えたわけではないけれど、案外日本人には向かないものが海外ブランドデパコスの中にはあること、この世にはデパコス以外にもお値段優しくて良いもの

      • 突然現れた自称不死鳥からの伝言

        ものごとって “誰が” “何を” どの”タイミング”で 言うかなんだなあということが、しみじみ思うことが人生ではあります。 これはべつに直接でなくても、本でもテレビでも街の広告でもふいに出くわすことがバチーーーンと自分にはまることがある。 ここ最近そういうことがいくつかあったので、マガジン読者の皆様へ、その大切な言葉をお渡しするべく綴りますね。 これは、1日でも早く届けたほうがいいお話だと今の私なら思えるようなことです。 なのでさっそくスタート。 つづき ↓

        • 肌キレイ!と言われる愛用スキンケアコスメ3選

          ★ コスメは値段より量が大切 高いコスメをケチケチ使うより、安いコスメでもいいからたっぷり使いましょうっていうのはよく聞く話。 実際私もある意味ではそう思います。 ちなみに、値段が高いからそのぶんいいものだとも思っていないんです。 すごく大人価格のものから、薬局やスーパーで買える数百円のものから、海外のものや日本のものや、とにかくいろいろ試してきて「高いからいいわけではないよね」と感じています。 乱暴な言い方をすれば、コスメの宣伝文句に使われているようなたるみが一

        • 固定された記事

        自分を「美人だ」と思うか

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 総合美容マガジン『なんでそんなに若いの? 美容法教えます』
          橋口いくよ(作家)
          ¥1,500 / 月
        • ここだけでしか書かない内緒話<月3〜4回配信/文字数で変動>
          橋口いくよ(作家)
          ¥800 / 月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          辛いことは本当に人生の肥やしになるのか

          過去にあったあれこれを、だいぶ時が経ってから あれは辛かった こんな酷い目にあった 許せないと思う トラウマになっている 誰かに知ってもらいたい というようなことを語られている方々のことが雑誌やテレビやSNSや、なんらかのメディアで語られているのを目にする。 正直なことを言えば、以前はそういうことがピンとこなかった。 #Me Too なども、正直モヤモヤすることも多々だったり。 でも、今頃になって、自分の経験を通して理解できるようになってきた。 人生で、理不尽なめ

          辛いことは本当に人生の肥やしになるのか

          私の人生の締めくくり

          40代最後の日。   もしも100年人生だとして。   私の祖母が104歳まで生きたので、一応ずうずうしく見積もって生きたとして。 今、半分を迎える。   どうやって私は、人生の半分を締めくくるのだ……。   そう思いながら、独特の感覚でこの10日ばかり過ごしていました。   こんなに終わりを意識したことはなかったってくらい。   そして、思いがけない形で締めくくることになったのでありました。   マガジン読者の皆様へ向け、さっそくそのことについて語りたいと思います。  

          私の人生の締めくくり

          老け顔予防ルーティン4選

          ★ 加齢と老いを分けて考えると見える とうとうあと数日でもうすぐ50歳。 年相応なんて言葉はもうあってないような時代。 もはや実年齢とか見ため年齢とかそういうことも古いのかもしれない。 何を基準に見た目が若いかというのも実のところ明確ではないし、何より最重要事項でもないし。 人の顔というのは、当然だけれど年々変わっていって老化もしていくので完全に阻止しようとしても無理なものは無理。 でも、その変化の仕方や老化の仕方をどの方向にもっていくか、いかに遅くするか。

          老け顔予防ルーティン4選

          シミ・肝斑・くすみ対策!トーンアップも

          ★ そもそも "くすみ" って何よ  シミ、肝斑、くすみって、シワやたるみより、かなりなんとかなりやすいものだと捉えています。 その前に、まず、ひとつ。 “くすみ” って、いったいどういう状態を言うのかわからないというご質問をいただいて、ああそうだよなって私も思いました。 しみは、茶色くふちどられた何かが出ていて、肝斑はシミっぽくはあるものの、もわっと広範囲にたくさん広がっていて、その状態はかなりわかりやすいけれど。 くすみって、どれ? みたいな感覚になる

          シミ・肝斑・くすみ対策!トーンアップも

          作品の後ろで起きること

          とても悲しく、辛いニュースを聞いて、ずっと考えていた。   考えていたというより、自分の奥にしまっておいたもの、なかったことにしたものが滲み出てきて、それで自分が悲しいとか悔しいとかいうより、旅立たれた芦原妃名子さんを思うと、ほんとうにやるせなくなる。   先にはっきりお伝えしておきますが、私はここで、誰が悪いとか、どこに責任の所在があるんだとかいうことを語りたいのではないです。   私は、原作の立場でお仕事をすることもあるし、原作をお預かりして作品にするお仕事をすることもあ

          作品の後ろで起きること

          肌と顔がパッといい感じ! コスメ4選

          ★ シンプルケアで綺麗は可能 1日に使える時間、もっと言えば人生で使える時間が限られているのに。 綺麗になる為にケアもしたい。 スキンケアだってメイクだって、のんびり楽しんであれこれやれればいいけど、毎日そうするのはなかなかは難しい。 そんなふうに思うと、とたんに自分のケアや美容が負担になったりつまらなくなったりしだすので、そうならないようには意識しています。 その為に、事前にいくつかささやかな策をうったりも。 まず私は、出かける前に髪の毛をあれこれする時間がも

          肌と顔がパッといい感じ! コスメ4選

          「生活」は見た目に出るという事実

          どんなにとりつくろったり、付け焼き刃で頑張ったりしても生き方は見た目に出るっていうけれど。 ただ「生き方」っていう部分が実のところピンとこない。 "生き方" って、あまりにも長尺だし、範囲も広すぎる表現。 それを「生活の仕方」というふうに言い換えると、急にリアルさが増して体感を伴い出します。 生活の仕方は見た目に出る。 そう思うと、急にヒュッと背筋を伸ばしたくなるんですよね。 そして、自分のことでもまわりのことでも心当たりが多々。 先日も「生活の仕方は見た目に出

          「生活」は見た目に出るという事実

          「当たり前のこと」が一番キレイになる

          ★ 一番必要なこと 美容って "底力" 必須だと思っています。 いきなりこんなまじめなお話をして、つまらないかもしれませんが‥‥‥。 美容に本当の意味での裏技なんてないのが現実。(表現のひとつとして「裏技」みたいな言い方はあるかもしれませんが) キレイの底力って1日ではつかなくて、日々重ねることで出てくるもの。 日々重ねてきたそれが自分に馴染んだ頃、なんなら忘れた頃に力になっている。 そしてその頃やっと結果として出てくるものだと感じます。 肌だって髪だって体型

          「当たり前のこと」が一番キレイになる

          新しいけれど、残された大切な2024年を

          新しい年が始まりました。 地震、そして飛行機の事故で辛い思いをされている方のことの思うと、そして、読者の方の中に当事者の方々がいらっしゃるかもしれないと思うと、パソコンに向かう指が止まります。 ご家族や大切な動物たち友達や彼氏や彼女やお仕事やお家やこれまでの日常や。 大切な存在をなくしてしまった方々に、どんな言葉をおかけしても無力で、ましてやご自分の命をなくされた方には、もうこの言葉も、その方の目を通しては届かないわけで。 お見舞いの言葉を、きれいに並べれば並べるほど

          新しいけれど、残された大切な2024年を

          本当のことが話せる日

          またこの日が来ました。 この日、このぐらいの時間にここで記事を書くことが私にとっては恒例となっています。 年を越す数時間前にしか思えないこと、言語化できないこと、この勢いで言っちゃえることってあると思うんです。 今日しかとれないお魚、みたいな感覚で綴ります。 フォロワーの皆様、そして、たまたま通りかかって読んでくださった皆様、ありがとうございます。 このあとマガジンの皆様への記事になるので、ここで一旦お別れになる方々に、先にご挨拶させてください。 私に少しでも興味

          本当のことが話せる日

          肌のハリUP、シワくすみ軽減、体型維持!これが何より必須だった

          ★ 今年一番意識した必須の美容健康法 今年、意識していつも以上に強化してきた美容法健康法があります。 肌にも体型管理にも、もちろんアンチエイジングにも健康全体に繋がることで、しみじみ大切だと思っていることです。 それが "体水分" を増やすということ。 それを話すと、いやいやいや、自分はむくみやすいから水分いらないとか、太って見えるから水分いらない、自分には関係ないって言う知人友人もいるのですが、これが、いくつであろうとなんであろうと誰しも関係のあることで……

          肌のハリUP、シワくすみ軽減、体型維持!これが何より必須だった

          私まだ回復せずだけどでも

          けっこう、正直に、まあまあ踏み込んで書いていると自分では思っているこのマガジン。 この年の瀬に、今回はもう一歩自分から進んでみようかなと、ふいに私になりに思いました。 なんでもかんでも分別なく下品に正直である、デリカシーもなくリアルであるというのは、個人的にはあまり好きではなく、SNSやyoutubeでの生々しい、でも演出された人生の切り売りにも「うーん」と思うこと多々。 でも、うっかり「え!」とか思って、時々見ちゃうこともあるし、そういうところ、人間ってえげつないよな

          私まだ回復せずだけどでも