マガジンのカバー画像

ここだけでしか書かない内緒話<月3〜4回配信/文字数で変動>

★月3〜4回の配信予定/文字数で変動★ 作家のお仕事、物書きで生活できるようになるまで、テレビ出演、アイドルプロデュースなどなど、仕事の裏話、過去のこと、今のこと、思っていたけど… もっと読む
このマガジンを購読すると、購読開始月以降のマガジン内の記事、全て800円で読めます。 購読開始月… もっと詳しく
¥800 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

「続ける」コツが急に習得できた話

◆ この状態が続くのはヤバかった生きている間に叶えたいことがある。 ある意味、大それたことでもなくて、どれもささやかなものばかりだけれどこの年齢まで叶えられていないものもわりとある。 大きな仕事をするとか、恐れ多くて人に言えない夢とか、そんなことじゃなくて、あれを食べてみたいとか、あそこに行ってみたいとか、これを習得するとか。 単発のもので気軽なものは叶えることはできても、語学や勉強、運動、欲しい技術などなど、時間のかかるものは続かないからなかなか叶わないことが多い。

スキ
4

合格した時の話

私は、残念ながら元アイドルではない。 小説やアニメでアイドルものの作品をいくつか書いているので、勘違いされることがあります。 私は、アイドルになれなかった人間で、元アイドルなんてたいへんおこがましいこと。 語ると長くなりますが、一言で言えば、私にとってアイドルって本当に特別な存在。 ひとつの「概念」みたいなものです。 ある意味そこと一体になりたくて、10代の頃、私は本当にたくさんのオーディションを受けました。 それを苦労話みたいにインタビューなどで訊かれることもあ

スキ
10

「今の自分」から抜け出す道

なんかもう、つーかーれーたーよー! というふうに叫びたくなることないですか。 時にはそれを通り越して「無」みたいな状況すら私にはあります。 自分の使い方が昔よりはわかってきたので、昔より減りましたが今でも普通にありますよ。 「悩みなんてなさそう」 と言われることが多いですが、一応人並みにあります。 それ以前に、悩む悩まない関係なく「なんだかもう嫌になっちゃった」というふうに思うことって、バイオリズムであるじゃないですか。 そういうものって、その状況から抜けてしま

スキ
17

「怒り」より強いもの 〜丸出しお尻事件〜

先日、地下鉄の駅の入口の階段で激烈に怒っている人がいた。 得意な人はいないと思うが、私は怒っている人が苦手だ。 怖いというより「どうしよう」と思ってしまい、心がざわつく感覚が苦手。 昔、家電の修理受付センターで1日中電話をとる派遣社員をしていたことがあるのに、やっぱり慣れない。 ちなみに、修理受付と言っても、物が壊れた不都合の報告からなので基本クレームから始まる。 電話をとった瞬間からいきなり怒鳴られるわ、人格を否定されるようなことを言われるわ、理不尽発言の連打でボ

スキ
20

それ訊く? な質問や、真剣相談に答えた!

◆ 悩みは誰だってすぐ解決したい悩みが一瞬で解決したらどんなにいいことだろう。 パッ、とな。 そんなふうに思ったりするのは、誰しもそうパッと解決ともいかないことがこれまで多かったからで、それでもやっぱり早く解決したい気持ちは消えなくて、誰かに相談したくなる。 少しでも心を軽くしたいし、少しでも解決の糸口を探したくなるもの。 ほんの少しでもそのお役に立てるならと、今回は、皆様のご相談とご質問にお答えしていきます。 私が悩み相談番組に出ていることもあるのか、マガジン読者

スキ
11

あるつらい日の優しい衝撃

自分に自信がない。 何もやりたいことがない。 やる気もわかない。 なまけてしまう。 そのままは嫌。 どうしたら? こういうことって、年間通して、なんなら一生通してのテーマでもありますが、とくに春にいただく多くの質問。 なにより 「自己肯定感」が低い! どうしたら? という「自己肯定感」についてのものが多いです。 気持ち、わかります。 ちなみに、私は、自己肯定感が元々なかった人間グランプリかもしれません。 どれくらい低いかと言うと 「自己肯定感が “低い” と

スキ
16
有料
400

アニメに出る前、こんなすごいことがあった

声優と呼ぶには申し訳なさすぎるが、アニメに声の出演をしたことがある。 私は、アニメの原作・脚本やシリーズ構成なども担当したことがあるので、声優さんのすさまじく素晴らしいお仕事ぶりは近くでたくさん拝見した。 なので、自分が同じような世界で表現するなんてことは大それすぎていて、だからこそ逆に挑戦することにしました。 ただ、とにかくものすごく事前準備をしました。 寝ても覚めても、台本をそばにおいてその練習ばかりしました。 その時に、私を助けてくれた救世主たちのお話をしたい

スキ
11

老後どうするか決めた話

いまだ 「なんで結婚しないの?」 と、訊かれることがあります。 時々「相手は選べそうなのに、結婚しないのは性的に女性が好きとかなんですか?」みたいなDMがくることすらあります。 現段階で私の恋愛対象は男性であるとしても、わざわざそれを答える必要もなければ、そういうことを誰かに突然直接訊くのはデリカシーがない。 聞いたところでどうするんだろう。 腹は立たないものの、その一線こえてまで聞きたいのかと驚くことがあります。 そもそもどうでもいいんだけどな。 人の恋愛と

スキ
20

朝ドラのオーディション話

なんで、そんな面白いことが起こるの? 友人や仕事関連の方々から言われることがあります。 何が「そんな面白いこと」なのかは、自分でもある時期までよくわかっていませんでした。 おもしろいこと、驚く偶然、思わぬ奇跡。 こうして言葉にしてしまえばなんだかチンケに感じてきてしまうような類のこと。 「引きが強いですね」 と、言われることも、何を「引き」というのかある時期までピンとこなかった。 それでよかったんだと思います。 そういうことって意識してコントロールしようとしだ

スキ
13

人生の "隠しギフト" に気づいた日

今年、東京でも雪が何度か降りました。 昨年、突然 「雪が降ったら行こう。ここが真っ白になったら景色が絶対きれいだ」 と思っていた場所があり、その為の雪にも対応できそうな長靴を夏から購入して待ち構えていたんです。 そして今年、ベランダでお茶を飲みながらひと息ついていた時のこと。 マグカップから立ち上る湯気の向こうに見える、降りつもりだした雪を見ていたら 「今だ!」 と、心が鳴り、長靴をはいて出かけました。 そこは東京のど真ん中にありながら、足を踏み入れてみるとそ

スキ
16

48歳前で振袖着てもいい

◆ いろいろありましてわたくしごとですが。 遅ればせながら28年遅れで、成人式の振袖写真を撮影しました。 いつも「わたくしごと」という言葉をどこかで見るたびに、誰しも自分から出ることほとんどがわたくしを介しているのだからわたくしごとだろう、と思っていたので使ったことがなかったんですよね。 なので、人生で初めて使ってみました。 使うのが気恥ずかしい言葉を使うぐらい、私の中では節目です。 なぜ、今頃成人式の写真を撮るに至ったか。 20歳の成人式当日、いろいろあって、ち

スキ
19

今日死んでも後悔がないか、って重くない?

◆ 格言はツール「今日死んでも後悔がない1日を過ごしたか?」 ー いや、後悔するかもしれないけど、しかたないと思う。 私には問いが重い。 嫌だとかそういうんじゃないんです。 私には重たいだけ。 軽やかに生きたいなあ。 というのが、実は正直な感想。 他にも 「君が無駄に過ごした今日は、誰かが死ぬほど生きたかった今日なんだよ?」 みたいな言葉をよく見かけるけれど「気持ちはわかるけど私の今日は私の今日だし、今この瞬間に生きている人の今日だよ」としか言えない。 こ

スキ
10
有料
400

あの日の真夜中から始まった

1年は余白。 なんなら人生って基本、今この瞬間から先は余白だらけなんですよね。 どんなにたくさんの予定を入れて誰かと約束をしていようと、叶えたい夢がたくさんあろうと、それは確定ではない。 だからその「余白に何を流し込もう」と思うことぐらい、叶えようとすることぐらい良いではないかと思うものです。 そもそも、何を流し込もうだなんて思わなくたって、今この瞬間も何かが時間を埋めているわけで勝手に流れていきます。 私のこの言葉も、私とあなたの間で今流れていく。 そしてこうし

スキ
19

生きる希望はこれだよー

★人生のリカバー 「よしやるか」今年は、ほんとうによく頑張った年。 まだ終わってないのに言っちゃいます。 1日も休みなく、スケジュールが詰まりすぎて得意の記憶力すら怪しくなっていた頃より、堂々とそういえます。 とにかくそのキツキツパツパツの毎日だった頃は、植物に例えると切り花みたいなものでした。 根っこが切れているので自分の本体を強化したりメンテナンスしたり、のびのびと自分作りをすることができなかった。 たとえば、水が切れると死にかけるし、太陽に当たりすぎると枯れる

スキ
16