マガジンのカバー画像

総合美容マガジン『なんでそんなに若いの? 美容法教えます』

★★ひと月で文字数たっぷり美容法★★ 来年50歳になります。 -17歳はもちろん、そんなの必要ない世代の方にもキレイになる方法をお伝えします。 「なにつけてるの?」「何食べてる…
個別に記事をご購入されるよりマガジン購読のほうが、たくさんの記事が読めてお得です。
¥1,500 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

ちょこっと美容で結果大なアイテム4選

★ カンタンに自然に1日中キレイを叶えたい 人ってちょっとしたことで綺麗になったりする。 今ここで語りたいのは「恋をしたら」とか「頑張っている姿がキラキラ」とかいうお話じゃなくて。 いや、もちろんそういうことも存在はすると思うのだけれど。 それはその環境や状態になったら後天的にそういう印象になれるとか、そんなふうに見えるとか、自分自身で自分をキラキラきれいだと思えるとか、あらゆる不確かな要素があわさって視覚化されているかもしれないという状況。 今回お話したいのは、

ラク! 最近良かった美容アイテム3選(スキンケア系・飲み物系)

★ 面倒くさいケド綺麗でいたい時もある 美容が面倒くさい時があります。 疲れている時 暑い時や湿気がある時 時間がない時 忙しい時 などなど……。 「疲れたー。あついー。もうどうでもいいー」 とか言いながらそれでも綺麗でありたいなあ……という気持ちは心のどこかにはいつもあって、なんとか簡単に、そして何より快適に気持ちよく内から外から綺麗になる方法はないかというのを、わりと常に模索しています。 そういうものって、実際がっつり疲れてからとか、もう信じられないぐらい暑

美肌の救世主!(愛用コスメも紹介)

★ 意外なシンプルケアでかなり変わった! 肌がきれいでありたい。 そんなことは”強い願望”というよりもう、今日もちゃんと寝たいとか、深く息を吸いたいとか思うような感覚に近いです。 だからと言って、それが常に叶うわけではないのも人生の醍醐味だし、けっこう大変な時期もありました。 今でこそまあまあ肌の状態が良好ですが、元々は肌が弱くて、かぶれだの、皮剥けだの、湿疹だの、ニキビだの、しょっちゅうなんかまだらに赤いだのと肌荒れをしやすかったこともあり、10代の頃から 「ど

髪の悩みをすぐ解決な使用アイテムと方法

★ 楽して綺麗を叶えるために 駅で電車がパーっと入ってきたりした時、湿度がムワッと高い日、雨で傘をさしてもビッショビショになるような日。 髪の毛がぜんぜんぐるぐるバサバサにならない人を見かけると、家で綺麗が完了した瞬間パッとどこでもドアかなんかで、その場に登場したのかと思うぐらい不思議。 あとは、踊りまくっても、前髪がさっと元に戻ってくるkpopアイドルなどはもはや生まれ持っての前髪形状記憶才能があるのでは、それすらアイドルの必須条件なのではと思いたくなるほど。 も

厳選! 美容ポーチ内の愛用コスメ

★ ポーチの中身って夢と憧れが詰まってるけど ”どういう美容アイテムを持ち歩いているか” つまり "その人がどんな美容感覚でいるのか" という詳細がわかりやすく詰まっているのがポーチ。 なんともいえない可愛い響き、ポーチ。 夢と憧れが見え隠れするポーチ。 しかし、なんということでしょう……私の第1ポーチは単にポケットです。 旅の荷物は多いくせに、ちょっとお出かけする場合は、ポケットに入る範疇でしか美容アイテムを持ち歩きません。 もちろん持ち歩く時もあり、段

やってはいけない失敗美容

★ やんなきゃよかった美容はある 10代の頃から、美容健康好きでした。 10代の頃は、よくある思春期の人並み美容というか、いつもいつも髪型のコンディションとたまに登場するニキビに心が翻弄される……。 という時期は一瞬で 「あ、人って、こうやってどんどん肌や髪や体全体が変化していくんだ。ということは?」 と、考えるようになってからは加速度的に美容健康、とくに健康については興味が爆裂的に出てきました。 なので、同世代の為の10代向け雑誌から少しお姉さんの20代向け雑

赤ちゃん肌を今さら実現するトリック法と愛用コスメ

★ ほんとに "艶肌" っていいと思う? 艶。ツヤ。つや。 髪にも肌にも自然に艶があると嬉しいですよね。 そう。自然に! 私は、無理に艶肌を作ったりするのが好みじゃないのです。 この年齢で、赤ちゃんや子供を例に出すのもなんですが……。 赤ちゃんや子供って、冷静に見てみるとそんなに艶肌じゃない。 肌の水分量が多くて、なんだか体内の内容物が多い雰囲気でパンと張っていて自然に光を集めることはあっても、発光するような、ぬらっと濡れたようなラメのような艶っていうのはない

かなりリアルな食事記録全部見せます

★ 食事をあきらめないことが綺麗への近道 私が美容健康で一番大切にしていることは、食事です。 だからと言って、全部オーガニック、化学調味料はとらない、ジャンクなものなんてもってのほかなんてことは全くなくて。 けっこう好きに食べています。 美味しく楽しく、神経質になりすぎず、人生の彩りを大切にする食生活が好きなんですよね。 食って、自分のものなので何が正しいということではないのと同時に、生き方や生活スタイル、その時々の環境がかなり反映されるもの。 しっかりと計算さ

思いがけないことで最後のスイッチを押される

この健康管理が大得意な私が、久しぶりに体調を崩しました。 ラジオではこちらでちょこっとお話したのですが 騒音が原因という、思いがけない理由。 「健康おたくな私でも、こんなシンプルな外的要因には勝てなかったか……そりゃそうか」 などと思いつつ、これをまた乗り越えることを健康管理のモチベーションにかえています。 現在は、少しずつ回復に向かっています。 「騒音のこと、どうなったんですか!」 と、DM下さった方々ありがとうございます。 ものすごく個人的なことになります

体型は何歳でもキレイに変わる(楽ちん編)

★ ちょっとのことでキレイになれるのがコレ このマガジンで好評なトピックって「肌」に関するものが多いです。 肌がきれいになれば、あきらかに雰囲気は変わるし、何より肌の面積って全身を考えるとかなりの広範囲。 ここが全部きれいになると、自分の気分も相当いいし、日々のモチベーションもあがります。 いくつになってもやっぱり肌に関しては気になるもので、私ぐらいの年齢の方はもちろんのこと、私よりかなり年齢が上の方でも 「コスメ何使ってるの? 何食べてるの? サプリメント?」

すっぴん簡単キレイ支度(愛用コスメも紹介)

★ どこを省きどこを頑張るか すっぴんが好きです。 メイクをするのも楽しいのでいろんな研究もするけれど、すっぴんの楽さはメイクの楽しさを越えることがあります。 テレビなどの人前に出る仕事以外、日焼け止めとリップを塗るぐらいで普段はほとんどすっぴんで過ごしています。 それを誰かに見られたからとて、なんなのでしょう。 というふうに思ってるんですよね。 自分の気分の良さが大切。 気分よくすっぴんでいる時間の為に、日々の食事管理や体を動かす事、スキンケアなどを適度にで

数十秒で!毛穴もシワも自然に、ぼやかす技(愛用コスメも紹介)

鏡をふいに見た時、電車の窓ガラスに映る自分を見た時、間違えてインカメラになっていたスマホにうつる自分を見た時 「なんじゃこりゃ、やだなあ」 と思う部分を見つけたりする。 嬉しくない陰影とか毛穴とか思っていたより主張するシワとかね。 角度や光の問題もあるんだろうし、本当にあらららら……な部分もあるんだろうし。 そのあらららな部分の中でも、毛穴とシワは案外メイクで軽減できることがあるんです。 ただ、それなりの手順をふまなきゃいけないのよね……と思っていたのが、最近1、

本当のオールインワン美容

★ 裏技じゃなく、当たり前のことの凄さを実感 ずうずうしいことを言えば、見た目年齢を少なく見積もっていただくことが多く、その際にだいたい訊かれるのが「どうすればそんなに若くみえるの」というざっくりとした質問です。 年齢を重ねれば重ねるほど、本当に当たり前のことが大切になります。 私自身50歳になって、さらにその部分を強化中です。 ちなみにその強化している部分として、ご質問いただいた際に答えるのは 姿勢と歩き方に気を付ける 顔だけじゃなく、全体のフォルムを意識してケ

メイクなのに!元から肌が綺麗な人に見えるコスメ4選

★ デパコスの原点にして掘り出し物! 昔、デパコスに憧れが止まらない時代がありました。 デパートに行って、コスメカウンターをまわる喜びって未来がひらけていくような、自分が変われるような、無敵になったような気持ちになったなあ。 あとは海外のDFSで「わ、日本より安い!」とか興奮しながらあれもこれも欲しくなったり。 今もその気持ちが消えたわけではないけれど、案外日本人には向かないものが海外ブランドデパコスの中にはあること、この世にはデパコス以外にもお値段優しくて良いもの