AdobeStock_読書3

20代よ、年間100万円分の本を読め

むかし僕が20代のころ、Big Tomorrowで落合信彦はこう言った。

お前らは、去勢された豚野郎だ

最もリターンが大きい投資先は自分自身である

20代の頃は貯金なんかするな。全額自分に再投資しろ

素直な僕は、その日から貯金を全額切り崩し、本を読んだり、資格の勉強をしたり、見聞を広げるために人に会うようになった。

そして、明らかに世界が変わった。

アウトプットしないインプットは役に立たない

教科書は机上の空論

本ばかり読んでいたって、結局大切なのはたくさんの人に会うこと

確かに、そうかもしれない。

でも、別にどちらかを選ばなきゃならないわけじゃない。どちらもやれば良いのだ

46年間生きてきて、「絶対は無いこの世の中」で、ひとつだけ「絶対」と言い切れることがある。それは、本は、この世で最も投資リターンが大きいお金の使い方である、ということだ。

一般的な書籍には、だいたい10万文字が詰まっている。書いてみるとわかるけど、10万文字の文章を、理路整然と、順序だって、わかりやすくまとめるためには、膨大な知識、経験、時間を必要とする。

先人たちが、あっちへぶつかり、こっちへぶつかり身につけた「生きた知恵」を、たったの1,000円~2,000円程度で手に入れることができるのだ。

こんなに安い買い物はこの世に存在しないだろう。

よく、「評判が良いから買ってみたけど、正直期待はずれだった」という声を聞く。でも、本というものは、たったの一行でも琴線に触れることがあれば、それで十分元はとれているのだ。その「たったの一行」が、あなたの小さな意識を変え、行動を変え、いずれ人生に影響を与えているのである

僕は(敬愛する落合信彦氏に影響されて)、20代の頃、年間100万円分の本を読んでいた。もちろん自腹だ。

一冊1,800円とすると、年間で約500冊。月に40冊購入することになる。これくらいお金を使うとなると、ど真ん中で興味がある領域だけでなく、少し興味があること、若干気になることまで、相当幅広く網羅することができる。

広告・広報・マーケティング業界にいる人なら、マーケティングや広告だけでなく、経営理論、戦略理論、人事・組織理論、リーダーシップ理論、モチベーション理論、人的資源管理、財務、会計、店舗設計、インストア・マーチャンダイジング、社会学、心理学、社会心理学、行動経済学などなどだ。

しかもひとつの領域で10冊以上を同時に併読することになるから、その世界のだいたいのセオリーを掴むことができるようになる。

激務の仕事をしながら、しかも人一倍遊びながら、月に40冊の本を読むことは事実上不可能だ。だから、読むことを目的とせず、一冊の本をできる限り高速で吸収することを目的とする読み方になる。

まえがきを読み、著者の略歴を読み、あとがきを読み、目次を熟読する。こんなことが書いてあるんだなあ、と概観した上で、まずは一回、最後までざーっと目を通す。そこから、気になったところをある程度しっかり読んでいく。そんな感じだ。

この年間100万円読書を4~5年続けた結果、何が起こったか。それは、見える景色の変化である。

クライアント先で、同じ担当者から、同じ話を聞いても、聞こえてくる(正確にいうとキャッチできる)情報が格段に増加した。アンテナが大きく、鋭敏になったのだ。街を歩いていても、以前は見えなかったものが見えてくる。いろいろな背景や思惑が読み取れるようになった。

それによって、アウトプットの量、質、スピードは何十倍にも上がったと思う。いまの自分があるのは、あの頃に行った圧倒的なインプットのおかげだと思っている。

だから悪いことは言わない。若者よ、本を読め。手取り給料の1/3は無理でも、せめて1/10は本の購入代に充ててみろ。

ということなのだ。

複利のスゴさは、ここで計算してみればわかる。1の365乗は1のままだが、1.01の365乗は37.8だ。毎日1%賢くなるだけで、1年後には38倍の戦闘力になる。始めるのに遅すぎることなんてないけれど、若いうちに読んだ方が圧倒的に有利な理由はここにある。

圧倒的な量の本を読め。空っぽの頭の中に、整理棚ができ、そこに先人たちの叡智が詰め込まれていく快感を感じろ。仕事をしながら、それを少しずつ使っていくと、やがてそれはあなただけの経験と知恵になる。

Twitterのフォロワー増加に躍起になる前に、自分のやりたいことは何かを探す旅に出る前に、圧倒的な量の本を読んでみよ。

本は、人生を豊かにする最高の「てこ」だぜよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金で熱く胸たぎる自己啓発本か元気になるDVD買います ∠( ゚д゚)/

らぶ♡
605
トライバルメディアハウス代表取締役社長。サーフィン🏄とワーゲンバス🚌とキャンプ⛺️と登山とDIY🔨とロードバイク🚴‍♂️が大好きな46歳。鎌倉稲村ヶ崎在住🏡の0歳児パパ👶

コメント4件

今、各地の図書館では、読書通帳が流行っていて、自分が読んだ本の金額が積算されています。私は反対だったけれど、池田さんの本へ愛情に満ちた力説を読んで、金額に換算されてもいいかなと思えました。
読書通帳、超気になってました!読んだ本の記録だけじゃなく、生涯所得や知識の金額換算がされてもおもしろいですね!
私と同名の方は、たまに見かけるのですが、池田さんも自然を感じさせる「池田」と紀行文につながる「紀行」がマッチングしていて、恐らく「いいお名前ですね」と何回かは言われた経験をおもちではないでしょうか。
さて、「年間100万円の本」は書籍の購入数が激減している私にとって痛い指摘でした。図書館併用で(追いつけないとは思いますが)読書モチベーションを高めます。
同じ漢字での紀行さん初めて会いました!紀行連合で頑張りましょー!(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。