法務のいいださん

『言葉の力を信じて、前に進む』 LAPRAS株式会社 法務部門責任者 サメと法律が好き🦈

法務のいいださん

『言葉の力を信じて、前に進む』 LAPRAS株式会社 法務部門責任者 サメと法律が好き🦈

マガジン

最近の記事

固定された記事

法務の私が"レスが早い"と言われるために裏で頑張っている3つのこと

いつもの簡単な自己紹介 LAPRASで法務部門の責任者をしています、飯田裕子です。LAPRASでは法務全般にプラスして、労務、働く環境づくり、新入社員オンボーディング 等 興味のある仕事を欲張ってやらせてもらっています。 実は今度(1/20水)、LegalForceさんのイベントに(弊社はLegalForceさんのプロダクト導入していないに関わらず)呼んでいただきました! そこで、弁護士の先生に質問できるということで、色々と自分の仕事を振り返っていたのですが、その中で「こ

スキ
526
    • 社内のメンバーとのコミュニケーションで気をつけていることを職種別に書き出してみる(〇〇×法務)

      この度、ビジネス法務さんの8月号に"他部署と作り上げる「信頼される法務」への意識"というタイトルで寄稿させていただきました。新卒で法務になれず、かなり遠い周り道をした私にとって、業界誌からお声がけをいただき、原稿を載せていただけるのは、本当に貴重な経験でした。 一方で、まだまだ執筆活動がひよっこなため、書きたいことを全て原稿に入れることができず、特に他部門のメンバーとの関わり方については、もう少し職種別で気をつけている点があるのですが、書ききれませんでした…。そこで今回は、

      スキ
      17
      • 「一人職種」のプレッシャーといい感じに付き合う方法がわかってきたかもしれない話

        どうも、梅雨・季節の変わり目・気圧変動で体調しんどみな法務のいいだです。元々、体調管理・メンタル管理があまり得意でなく、20代でメニエール病も発症してしまった私ですが、実はここ半年くらいは緩やかに低下したものが緩やかに上昇して、長期間休むことなく、割と安定稼働ができてるなと気づきました。 当然、業務にはプレッシャーもあれば波もあるし、「一人法務」だからこそ「自分が倒れたら法務がいなくなる」という自覚や責任感もあるのですが、その辺と最近うまく付き合えるようにちょっと成長した気

        スキ
        17
        • 「法務の人と結婚して、驚いたことってある?」とエンジニアの旦那に聞いてみた

          ※トップ画像はあくまでイメージであり、実物とは異なります!笑 さて、毎月月末ギリギリになって投稿しているnoteですが、最近執筆の機会をnote以外にもいただくことが多く、大変だ!ネタがないぞ!!ということで旦那に「noteのネタをください…」と懇願した結果の5月noteです。そう、緩くて雑談な感じのnoteです。真面目なネタは来月頑張ります…。 そろそろアウトプット量に対して、インプット量が足りないから、もっと外に出たり本を読んだりして、インプットして、考えることも増や

          スキ
          8
          • 社内のメンバーとのコミュニケーションで気をつけていることを職種別に書き出してみる(〇〇×法務)

            スキ
            17
            • 「一人職種」のプレッシャーといい感じに付き合う方法がわかってきたかもしれない話

              スキ
              17
              • 「法務の人と結婚して、驚いたことってある?」とエンジニアの旦那に聞いてみた

                スキ
                8

              マガジン

              すべて見る

              記事

              すべて見る
                • 法務1年目に知りたかった、一人法務の情報収集のやり方をまとめてみる

                  わぁ〜〜新年度だあ〜と業務に忙殺されているうちに、気づけばもうGWが目前です。4月って師走だっけ…そんな一人法務・入社3年目の春です。 一人法務ももうすぐ3年生に突入ということで、そろそろ「法務ビギナー」を名乗るのは言い訳かな?と思いつつも、上を見れば限りなくすごい先輩方・弁護士や学者の先生がいらっしゃり、やっぱりまだまだ初心者だと名乗っていたいお年頃。 とはいえ、本当のビギナーの方に情報をちゃんと残しておくのも務めだと思うので、今思えば一年目で知りたかった「一人法務の情

                  スキ
                  38
                  • 一人法務が、個人情報保護法改正に追い詰められた話

                    ということで、いよいよ明日個人情報保護法が改正されますね...「4/1のエイプリルフールであってくれ!!」と思うくらいには、法務として初めてリアルタイムで改正対応を迫られたこともあり、私は今回の改正と悪戦苦闘&格闘しました。 ということで、次はもっと上手くできるように、今回の振り返りを書き残しておこうと思います。 いつもの自己紹介LAPRASで法務部門の責任者をしています、飯田裕子です。LAPRASでは法務全般にプラスして、働く環境づくり、新入社員オンボーディング 等 興

                    スキ
                    37
                    • 覚悟を決めるのは怖いけど、法務以外の兼任業務を手放してみようと思う。

                      ベンチャーのバックオフィスには色んなボールを拾う人が必要だし、兼任法務であることを誇りに思っていたけど、そろそろ法務に専念しようと思い、兼任業務を手放す宣言を最近会社でしています。正直、兼任を自分から解除していくのはかなり怖いのですが、法務をちゃんと極めるために覚悟を決めたいと思えた、そんな記録をせっかくなので残しておこうと思って書いていきます! ということで、LAPRASで法務部門の責任者をしています、飯田裕子です。LAPRASでは一人法務にプラスして、働く環境づくり(総

                      スキ
                      30
                      • 先輩訪問でよく聞かれる「法務の魅力って何ですか?」という質問の答えを改めて考えてみる話。

                        年始で仕事が忙しい傍ら、実は去年から引き続き、この時期は就活生の先輩訪問をできる限り受け入れています。新卒で法務になりたかったけど、全然糸口が掴めずに遠回りした身として、法務に興味を持ってくれた学生さんの力になりたい気持ちが半分。もう半分は自分の仕事を他人に語ることで、努力が言語化され、キラキラした瞳に晒されることで少し元気になるから。 実は1月は本当に忙しくて心の余裕もなく、SNSもあまり追えておらず「noteの連続投稿が途切れてしまっても仕方ないな」と思っていたのですが

                        スキ
                        27
                        • 「弁護士と競う時代」の無資格法務キャリアについて、無資格法務2年生の私が考えていること

                          このnoteは法務系 Advent Calendar 2021の14日目のエントリーです。aikoさん からバトンを受け取って、無資格法務2年目のいいだが、何かと議論になりがちな「無資格法務」という区分と、そのキャリアについて考えてみたいと思います。 簡単な自己紹介 LAPRAS株式会社で昨年から一人法務をやりつつ、総務等も兼務している、いいだと言います。私は、俗に言う「無資格法務(主に弁護士資格のない法務を指す)」です。キャリアとしては、IT営業→司法書士補助者→士業コ

                          スキ
                          59
                          • エンジニアと法務って、案外分かり合える職種だと思う

                            この記事はLAPRAS Advent Calendar 2021 5日目の記事です。denzowさんからパスを受け取って、LAPRASの”法務のサメ”こと、いいだがお送りします。 Legal仲間のアドベントカレンダーも来週に控えている中(単なるスケジュール調整ミス)テーマ選定めっちゃ悩んだのですが、LAPRASは今エンジニア採用をメインにしているので、法務とエンジニアについて書こうかなと。 ちなみに私はエンジニアの週次MTGに毎週出させていただいてて、あとは情シス担当も兼

                            スキ
                            26
                            • 私の仕事がマンネリ化した原因は、仕事に直接関係しない情報のインプット不足だった、という話。〜「凪」の時期の過ごし方〜

                              一人法務は大体忙しく、さらに総務やらPRやらを兼務しているので年中バタバタしている私ですが、実は10月中旬に一瞬暇になった時間ができました。「暇」というよりは、仕事がマンネリというか、定常業務を繰り返す日々に思えて、凪のような状態になり、急に仕事がつまらなくなるタイミングがありました。 今振り返ると、一人法務として入った時は会社に課題が山積みで、それらをモグラ叩きのように潰して回るのに精一杯でした。そしてそこから一年半。自分の今の能力で見えている範囲の問題を潰し終わった結果

                              スキ
                              16
                              • 「法務担当っていつ採用したら良いの?」という質問から、社内法務の存在価値について改めて考えた話

                                顧問弁護士になくて、社内法務にあるものってなんだろう。 実は先月にご縁があり、設立間もないベンチャーの方に「一人法務を入れるまでに法務上気をつけた方が良いこと」についてお話し(正確にいうと座談会)する機会をいただきました。 また同時期にLegalOpsLABさんの取材で、「一人法務としての価値提供の仕方」について考えることもあり、せっかくなのでそれらのタイミングで色々と考えを整理したものについて今回は書いていこうと思います。 いつもの簡単な自己紹介 LAPRASで法務部門

                                スキ
                                19
                                • エンジニア旦那と法務嫁の本気の結婚式準備

                                  ということで、絶賛結婚式準備に泣きそうになっている私です。 いつもは法務のお仕事ノウハウ的なnoteを書いているのですが、今回は閑話休題で、現在我が家を賑わせている結婚式準備のお話をしたいと思います。 というのも、毎回式場に打ち合わせに行くたびに「ユニークなご夫婦ですね」と失笑されるので、エンジニアの旦那と私の結婚式準備は、きっと珍道中なのだと思います。 結婚式準備に疲れ切った嫁がただただ吐き出すnoteなので、決して参考にはなりません。ただただ、この文章が皆さんの暇つ

                                  スキ
                                  46
                                  • 一年前、一人法務で成長できるか不安だった自分へ。大丈夫だよ。

                                    いつもの簡単な自己紹介LAPRASで法務部門の責任者をしています、飯田裕子です。LAPRASでは一人法務にプラスして、働く環境づくり、新入社員オンボーディング 等 興味のある仕事を欲張ってやらせてもらっています。 現在事業企画のポジション募集しているので、ご興味があれば是非。 実はもともと私は法務メインで採用されていないのですが、昨年のちょうど今頃、紆余曲折あって「法務部門の責任者」になりました。今思えば、当時の実力でよく自分から責任者の肩書をつけたな...と恐ろしくなる

                                    スキ
                                    22
                                    • 初心者法務の人にこそ「択一六法」をおすすめしたいと言う話

                                      唐突だけど、私は択一六法が好きです。(通称:択六) 全く読んだことない人に択六を一言で説明すると、条文が1文ずつ書いてあって、その細かい文言の解釈や関連する判例が載っている、受験用の逐条解説みたいな本です。多分、愛読書に挙げる人間はなかなかいないと思う。 でも、私は択六が好きです。 どれくらい好きかというと、前職で沖縄赴任になって友達もおらず暇な時に、孤独に耐えるために民法・憲法・刑法の3冊を購入して、夜な夜な読んで孤独を紛らわしていた位大好きです。 (そろそろバレて

                                      スキ
                                      25
                                      • 事業部の目線に追いつくため、夜な夜な論文問題を解いている話

                                        いつもの簡単な自己紹介LAPRASで法務部門の責任者をしています、飯田裕子です。LAPRASでは一人法務にプラスして、働く環境づくり、新入社員オンボーディング 等 興味のある仕事を欲張ってやらせてもらっています。 今CSM等ビジネス職種も募集しているので、ご興味ある方は是非是非。 始まりは、輪読会でプチ挫折したことなぜ夜な夜な論文問題を解いているかというと...ちょっと話が長くなるのですが。 まず最近、個人情報保護法の輪読会を大学時代の知り合いを誘って自分が幹事でやり始

                                        スキ
                                        30